淡路町駅/小川町駅/新御茶ノ水駅

丸ノ内線の淡路町駅、都営新宿線の小川町駅、千代田線の新御茶ノ水駅の3駅は、
駅名が異なるが相互に連絡通路で繋がっており、一体化している。

【淡路町駅】


○須田町方面改札
荻窪方面ホームに隣接する改札。改札前の階段を下りると都営新宿線の改札がある。
淡路小川M線須田町方面改札

○淡路町方面改札
池袋方面ホームに隣接する改札。向かい側に都営新宿線の改札がある。
淡路小川M線小川町方面改札

【小川町駅】

○須田町方面改札
本八幡寄りにある改札。丸ノ内線荻窪方面へは当改札が便利。
淡路小川S線須田町改札
○淡路町方面改札
丸ノ内線池袋方面へは当改札が便利。
淡路小川S線M線向側改札

○小川町方面改札
最も新宿寄りにある改札。千代田線新御茶ノ水駅へは当改札が便利。
淡路小川S線小川町方面改札有人側

淡路小川S線小川町方面改札

【新御茶ノ水駅】
自動改札機未更新につき、未取材。取材次第掲載予定。
—————————————
所在地:東京都千代田区
乗入路線
東京メトロ丸ノ内線
都営新宿線
東京メトロ千代田線

のりかえ

荻窪駅

中央線と地下鉄丸ノ内線の駅、荻窪の改札画像です。

※2017年1月再取材

○駅名標
荻窪jc駅名

荻窪jb駅名

荻窪丸の内駅名

○駅舎
北口
荻窪北駅舎

南口
荻窪南駅舎

西口

荻窪西駅舎

○JR線東改札口
○JR線西改札口
西改札周辺の屋根・柱には古いレールが使用されている。
荻窪jr西改札古レール

○丸ノ内線JR荻窪駅方面改札
荻窪丸の内jr方面改札

荻窪丸の内jr方面出場

○丸ノ内線エレベーター改札
荻窪丸の内EV改札

○丸ノ内線西改札
荻窪丸の内西改札
—————————————————
所在地:東京都杉並区
乗入路線
中央線(快速)
中央・総武線(各駅停車)
東京メトロ丸ノ内線

東京駅

首都東京の玄関口、東京駅の改札画像です。

※2018年4月再取材

東京海幹駅名
東海道・山陽新幹線駅名標。
当駅は東海道新幹線の起点駅である。JR東海が管轄している。
東京東幹駅名
東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線駅名標。
当駅に乗り入れる新幹線は、正式な路線名称上は東北新幹線のみとなっているが、
東北新幹線のほか、山形、秋田、北海道、上越、北陸の各新幹線が乗り入れる。
当駅ー大宮間は6つの新幹線が共用しており、ダイヤが非常に過密となっている。
東京東海道駅名
東海道線・上野東京ライン(宇都宮線・高崎線・常磐線)駅名標
東海道線・東北本線ともに当駅が起点駅となっている。
上野東京ラインの開業に伴い、東海道線の列車は大部分が当駅以北と直通運転を行う。
東京総武駅名
横須賀・総武快速線駅名標
横須賀線と総武快速線は当駅を境に相互直通運転を行う。
横須賀・総武快速線は丸の内側の地下5階に位置しており、
新幹線や京葉・武蔵野線との乗り換えには少々時間を要する。
東京中央駅名
中央線駅名標。当駅は中央本線の起点駅である。ホームは丸の内側にある。
中央線ホームは地上3階にあり、他のホームより高い位置にある。
東京山手駅名
山手線駅名標
首都東京の都心部を環状運転する山手線は、当駅、品川、渋谷、新宿、池袋、上野といった
都内の主要駅を通っており、東京の鉄道交通の大動脈として機能している。
東京京浜東北駅名
京浜東北線駅名標
京浜東北線は、大宮ー大船間を、南浦和、赤羽、当駅、横浜を経由し結んでいる。
当駅を含む田端ー品川間では山手線と並走し、山手線の混雑緩和に寄与する。
東京京葉駅名
京葉線・武蔵野線駅名標
東京ディズニーリゾートや幕張メッセへのアクセス路線として知られる京葉線は、
当駅と有楽町駅のほぼ中間地点の地下4階にホームを有する。
他線との距離が非常に離れていることで知られ、連絡通路には動く歩道が設置されている。
東京丸の内駅舎
丸の内側駅舎。丸の内駅舎は、「東京駅」を象徴する煉瓦造りの重厚な駅舎となっている。
戦争時の空襲で焼け落ちた屋根等を除いて、1914年の開業当時から使用されている。
東京駅舎内部
丸の内駅舎の屋根は近年開業当時の形態に復原する工事が行われた。
現在は内装を含め、建造当時の形態で営業が行われている。
東京八重洲駅舎
八重洲側駅舎。八重洲口駅舎は、東海道新幹線を管轄するJR東海が管理している。
こちらは、丸の内側駅舎と対照的に、複数回改築が行われている。
東京丸の内北口
丸の内北口。皇居・丸ビル等がある丸の内口側でもっとも上野寄りに位置する改札。
東京丸の内中央口
丸の内中央口。営業時間7:30〜21:00。
東京丸の内南口
丸の内南口。皇居・丸ビル等がある丸の内口側でもっとも品川寄りに位置する改札。
KITTEへは当改札がもっとも近い。
東京 丸の内地下北
丸の内地下北口
東京丸の内地下中
丸の内地下中央口。丸ノ内線へは当改札が一番近い。
東京丸の内地下南
丸の内地下南口
東京八重洲北口
八重洲北口。新幹線側の八重洲口の在来線改札でもっとも上野寄りに位置する。
大丸東京店、丸の内トラストタワー、日本橋方面は当改札が便利。
東京八重洲中央口
八重洲中央口(改札内より撮影)
東京八重洲南口
八重洲南口。新幹線側の八重洲口の在来線改札でもっとも品川寄りに位置する。
グラントウキョウサウスタワー、京橋方面は当改札が便利。
東京八重洲地下中央口
八重洲地下中央口。営業時間7:00〜22:00。東京駅一番街・八重洲地下街に直結。
東京京葉地下八重洲口
京葉地下八重洲口
東京京葉地下丸の内口
京葉地下丸の内口。京葉線から皇居のある丸の内方面へ向かう際に便利。
また、有楽町駅から東京国際フォーラムの地下を通ることで当改札を利用できる。
東京海幹日本橋口
東海道・山陽新幹線日本橋口。東海道新幹線の改札としては最も北側(上野寄り)にある。
東京東幹日本橋口
東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線日本橋口
在来線改札を通らず東北・上越等、JR東日本の新幹線に直接乗れる唯一の改札。
営業時間は8:30〜19:30となっており、営業時間は短い。
東京海幹八重洲北口
東海道・山陽新幹線八重洲北口
在来線八重洲北口改札脇にある、直接新幹線構内に入ることができる改札。
東京海幹八重洲中央北口
東海道・山陽新幹線八重洲中央北口
在来線八重洲中央口改札脇にある、直接新幹線構内に入ることができる改札。
東京海幹八重洲中央南口
東海道・山陽新幹線八重洲中央南口
在来線八重洲中央口改札脇にある、直接新幹線構内に入ることができる改札。
東京海幹八重洲南口
東海道・山陽新幹線八重洲南口
在来線八重洲南口改札脇にある、直接新幹線構内に入ることができる改札。
東京海幹中央乗り換え
東海道・山陽新幹線中央乗り換え口
在来線から東海道・山陽新幹線に乗り換えるための改札。入口と出口で場所が異なる。
東京海幹中央乗り換え出口
出口改札は、八重洲中央口付近の在来線改札内にある。
東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線北乗り換え口
在来線から東北・上越等、JR東日本の新幹線に乗り換えるための改札。
東京海幹南乗り換え入場
東海道・山陽新幹線南乗り換え口
在来線から東海道・山陽新幹線に乗り換えるための改札。
入口専用改札の横に出口専用改札がある。
東京海幹南乗り換え出場
東海道・山陽新幹線南乗り換え口の出口側
東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線南乗り換え口
在来線から東北・上越等、JR東日本の新幹線に乗り換えるための改札。
東京新幹線同士南乗り換え
東海道・山陽新幹線⇔東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線北乗換口
当駅は、直通運転を行わない複数の新幹線路線が乗り入れる唯一の駅である。
東海道系統(東海)と東北系統(東日本)では線路も繋がっておらず、改札も別である。
この改札は両新幹線を直接乗り換えるための改札であり、東海が管轄している。
なお、EX-ICやモバイルSuicaといったIC乗車サービスでは当改札は利用できない。
東京新幹線同士北乗り換え
東海道・山陽新幹線⇔東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線南乗換口
東海道系統と東北系統の両新幹線を直接乗り換えるための改札。
EX-ICやモバイルSuicaといったIC乗車サービスでは当改札は利用できない。
当改札は東日本が管轄しており、近年まで自動改札がなく有人改札であった。
しかし現在は自動改札が導入されている。なお改札機は東海仕様となっている。
東京丸の内線改札1
地下鉄丸ノ内線改札
東京の地下鉄路線としては唯一当駅に乗り入れる丸ノ内線の改札。改札はここ1箇所のみ。
東京丸の内線改札2
丸ノ内線改札
東京丸の内線改札3
丸ノ内線
東京丸の内線改札4
丸ノ内線改札

—————————————
所在地:東京都千代田区
乗入路線
■ 東北新幹線
秋田新幹線)
山形新幹線)
■ 上越新幹線)
■ 北陸新幹線)
東海道新幹線
東海道線
■ 総武線(快速)・横須賀線
 山手線
 京浜東北線
 中央線快速
■ 京葉線
武蔵野線)
東京メトロ丸の内線

御茶ノ水駅

学生のまち、御茶ノ水の改札画像です。

※2017年6月再取材

○駅名標

当駅には、中央線快速、中央・総武線各駅停車、丸ノ内線が乗り入れる。
また、近接して千代田線新御茶ノ水駅があり、乗り換え可能である。
なお、丸ノ内線御茶ノ水駅と千代田線新御茶ノ水駅は乗換駅に指定されていない。
御茶ノ水オレンジ駅名

御茶ノ水黄色駅名

○駅舎
御茶ノ水橋口、聖橋口ともに、駅舎は橋上駅舎となっている。
御茶ノ水御茶ノ水橋駅舎

御茶ノ水聖橋駅舎

○御茶ノ水橋口改札
丸ノ内線、東京医科歯科大学病院、順天堂大学病院へは当改札が便利。
御茶ノ水御茶ノ水橋口

○聖橋口改札
千代田線新御茶ノ水駅、湯島聖堂、神田明神、ニコライ堂は当改札が便利。
御茶ノ水聖橋改札

○ホーム
ホームは2面4線となっている。真ん中2線を各駅、外側2線を快速が使用する。
この構造により当駅では快速と各駅停車を同一ホームで乗り換えることができる。
中央線快速と中央線・総武線各駅停車の乗り換えは当駅が便利である。
御茶ノ水ホーム

御茶ノ水橋から見た線路の様子。線路は神田川の真横を通っていることがわかる。
御茶ノ水線路

○駅周辺
駅周辺は、明治大学や東京医科歯科大学などの大学が多数立地する学生街である。
また、駿台予備学校をはじめとした大学受験予備校や学習塾も立地する。
そのため街には若年層が多く、学生向けの飲食店や楽器店も多い。
なお、お茶の水女子大学は当駅ではなく、茗荷谷駅を最寄りとする。
御茶ノ水駅周辺

御茶ノ水駅前

————————————————–
所在地:東京都千代田区
乗入路線
中央線
中央線・総武線各駅停車
東京メトロ丸ノ内線

東京メトロの駅 一覧

東京メトロ銀座線
渋谷 – 表参道 – 外苑前 – 青山一丁目 – 赤坂見附 – 溜池山王 – 虎ノ門 – 新橋 – 銀座 – 京橋 – 日本橋 – 三越前 – 神田 – 末広町 – 上野広小路 – 上野 – 稲荷町 – 田原町 – 浅草

東京メトロ丸の内線
荻窪 – 南阿佐ケ谷 – 新高円寺 – 東高円寺 – 新中野 – 中野坂上 – 西新宿 – 新宿新宿三丁目 – 新宿御苑前 – 四谷三丁目 – 四ツ谷 – 赤坂見附 – 国会議事堂前 – 霞ケ関 – 銀座 – 東京 – 大手町 – 淡路町御茶ノ水 – 本郷三丁目 – 後楽園 – 茗荷谷 – 新大塚 – 池袋
(方南町支線)
方南町 – 中野富士見町 – 中野新橋 – 中野坂上

東京メトロ日比谷線
中目黒恵比寿 – 広尾 – 六本木 – 神谷町 – 虎ノ門ヒルズ – 霞ケ関 – 日比谷 – 銀座 – 東銀座 – 築地 – 八丁堀 – 茅場町 – 人形町 – 小伝馬町 – 秋葉原 – 仲御徒町 – 上野 – 入谷 – 三ノ輪南千住北千住

東京メトロ東西線
中野 – 落合 – 高田馬場 – 早稲田 – 神楽坂 – 飯田橋 – 九段下 – 竹橋 – 大手町 – 日本橋 – 茅場町 – 門前仲町 – 木場 – 東陽町 – 南砂町 – 西葛西葛西浦安南行徳行徳妙典原木中山 – 西船橋

東京メトロ千代田線
代々木上原 – 代々木公園 – 明治神宮前〈原宿〉 – 表参道 – 乃木坂 – 赤坂 – 国会議事堂前 – 霞ケ関 – 日比谷 – 二重橋前〈丸の内〉 – 大手町 – 新御茶ノ水 – 湯島 – 根津 – 千駄木 – 西日暮里町屋北千住綾瀬 – 北綾瀬

 東京メトロ有楽町線
和光市 – 地下鉄成増 – 地下鉄赤塚 – 平和台 – 氷川台 – 小竹向原 – 千川 – 要町 – 池袋 – 東池袋 – 護国寺 – 江戸川橋 – 飯田橋市ケ谷 – 麹町 – 永田町 – 桜田門 – 有楽町 – 銀座一丁目 – 新富町 – 月島 – 豊洲 – 辰巳 – 新木場

東京メトロ半蔵門線
渋谷 – 表参道 – 青山一丁目 – 永田町 – 半蔵門 – 九段下 – 神保町 – 大手町 – 三越前 – 水天宮前 – 清澄白河 – 住吉 – 錦糸町押上〈スカイツリー前〉

 東京メトロ南北線
目黒 – 白金台 – 白金高輪 – 麻布十番 – 六本木一丁目 – 溜池山王 – 永田町 – 四ツ谷市ケ谷飯田橋 – 後楽園 – 東大前 – 本駒込 – 駒込 – 西ケ原 – 王子 – 王子神谷 – 志茂 – 赤羽岩淵

東京メトロ副都心線
和光市 – 地下鉄成増 – 地下鉄赤塚 – 平和台 – 氷川台 – 小竹向原 – 千川 – 要町 – 池袋雑司が谷西早稲田東新宿新宿三丁目北参道明治神宮前〈原宿〉渋谷