みどり口駅

スカイレールの起点駅、みどり口の改札画像です。

駅舎。JR山陽本線・瀬野駅の北口と直結しており、スカイレールの本社も入居する。
改札口。スカイレール独自の改札機が導入されており、普通乗車券は、QRコード式となっている。
スカイレールの車両はつり革をつけたロープウェイのような車両となっている。

—————————————
所在地:広島市安芸区
乗入路線
■ スカイレール

備後本庄駅

福塩線の駅、備後本庄の改札画像です。

駅名標、ラインカラー対応となっている。
 ラインカラー対応前の駅名標
当駅にはJR西日本管内では珍しく、国鉄様式の駅名標も残る。
駅舎、簡易的な駅舎となっている。
駅舎内部。簡易型自動改札機、自動券売機、ベンチと必要最小限の設備である。
ホームは単式1面1線だが、ホーム跡が残りかつて交換可能だったことがうかがえる。
ホーム跡には桜の木が植えられている。

—————————————
所在地:広島県福山市
乗入路線
福塩線

新尾道駅

山陽新幹線の単独駅、新尾道の改札画像です。

駅名標。当駅は在来線の接続がない所謂「新幹線単独駅」の1つである。
1988年に地元負担で設置された請願駅であり、同日には2駅隣に東広島駅も開業している。
駅舎。「坂の街」「映画の街」「文学の街」として知られる尾道市の玄関口の1つである。
改札口。利用者が少ないため、自動改札機は2通路のみの設置である。
尾道市という観光都市の玄関口の1つでありながら、利用者数は多くない。
これは、在来線の尾道駅の方が市街地に近く、停車本数が少ない当駅を利用するよりも、
のぞみ号やさくら号も停車する隣の福山駅で在来線に乗り換える乗客が多いためである。
ホームは相対式2面2線であり、加えて通過線が上下各1線ずつある。
かつてのぞみ号で活躍していた500系。今はこだま号での活躍が中心である。
かつて猛スピードで通り過ぎていた当駅にも停車するようになったが、
スピード感溢れる外観の格好良さはのぞみ号で活躍していた当時と変わらない。
駅舎内部。待合スペースと観光案内所が設けられている。
観光都市・尾道の玄関口の1つであるため、お土産コーナーがある。
改札内コンコース

—————————————
所在地:広島県尾道市
乗入路線
山陽新幹線

東広島駅

山陽新幹線の単独駅、東広島の改札画像です。

駅名標。当駅は在来線との接続がない所謂「新幹線単独駅」の1つである。
1988年に全額地元負担で設置された請願駅であり、2駅隣の新尾道駅も同日に開業している。
駅舎。新幹線停車駅の駅舎としてはかなり小ぢんまりとしている。
改札口。利用者が少ないため、自動改札機は2通路のみの設置である。
コンコース。待合室・売店がある。酒蔵が多い西条に近いため、酒が多く売られている。
駅前には、当駅開業を記念して建てられた像がある。

—————————————
所在地:広島県東広島市
乗入路線
山陽新幹線

塩町駅

芸備線と福塩線の駅、塩町の改札画像です。

駅名標。当駅は芸備線と福塩線の分岐点である。福塩線は当駅が終点だが、列車は全列車芸備線の三次駅まで乗り入れる。
駅舎。歴史を感じさせる趣ある木造駅舎となっている。
駅舎には木製手書きの駅名標が取り付けられていた。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつての窓口跡が残るが現在は営業しておらず、自動券売機も存在しない。
かつての窓口内部には卓球台が置かれており、地域住民の集会所になっているものと思われる。
駅舎内は待合室となっている。
ホームは島式1面2線で行き違いが可能となっている。
駅舎からホームへは地下通路を通りアクセスする。
かつては駅舎からホームへの構内踏切があったと思われるが、現在は封鎖され使用されていない。
ホーム上には国鉄時代から残ると思われる手書きの番線標が残っていた。
1番のりばの番線標
2番のりばの番線標
当駅のホーム上には手書きの方面看板が残っていた。
方面看板は表と裏で状態が異なっていた。
当駅のトイレは駅舎横に併設されている。
トイレには「便所」の手書き看板が残っていた。
当駅東側の踏切より撮影した当駅構内の様子。芸備線と福塩線は当駅の東側で分岐し、左側が芸備線、右側が福塩線である。

————————————— 
所在地:広島県三次市
乗入路線
芸備線
 福塩線