内名駅

芸備線の駅、内名の改札画像です。

駅名標、一日の利用者が約3人と大変少ない。また場所も並行する国道から外れた場所にある為秘境駅となっている。
駅入口。当駅はホーム上に待合室があるのみで駅舎は存在しない。また駅に行く道も大変狭い。
ホーム反対側より撮影。ホーム上には小さな待合室がある。
待合室内部、券売機や案内モニター等の設備はない。
駅舎には、内名駅に来たことを歓迎する手書きのプレートが展示されている。また記念シートと記念巻バッチを持って帰ることが出来る。
取材班は早速記念バッチを頂き、ホームとともに撮影した。
当駅には歴史を感じる便所が設置されている。
「便所」の看板は年季を感じる。

————————————— 
所在地:広島県庄原市
乗入路線
芸備線

比婆山駅

芸備線の駅、比婆山の改札画像です。

駅名標、駅名は同県庄原市にある山の名前からとられている。
字体の違う駅名標も存在する。
壁掛式の駅名標
駅舎、朱色の屋根が印象的な木造駅舎になっている。駅前には国道183号線が通る。
駅舎の第一種駅名標、比婆山駅と書かれた文字の裏にはかつて使われていた運賃表が用いられている。
ホーム側から見た駅舎。
ホーム側駅舎の軒下には「国定公園 比婆山」と書かれた木製の看板が設置されている。
駅舎内部、木造の重厚な造りになっていることが分かる。
駅舎内部には待合用のベンチが設置されている。
「安全第一」と7書かれた金属看板が駅舎には設置されている。
駅前には周囲の観光看板が設置されている。
駅の真横には小さな庭が設置されている。

————————————— 
所在地:広島県庄原市
乗入路線
芸備線

みどり口駅

スカイレールの起点駅、みどり口の改札画像です。

駅舎。JR山陽本線・瀬野駅の北口と直結しており、スカイレールの本社も入居する。
改札口。スカイレール独自の改札機が導入されており、普通乗車券は、QRコード式となっている。
スカイレールの車両はつり革をつけたロープウェイのような車両となっている。

—————————————
所在地:広島市安芸区
乗入路線
■ スカイレール

備後本庄駅

福塩線の駅、備後本庄の改札画像です。

駅名標、ラインカラー対応となっている。
 ラインカラー対応前の駅名標
当駅にはJR西日本管内では珍しく、国鉄様式の駅名標も残る。
駅舎、簡易的な駅舎となっている。
駅舎内部。簡易型自動改札機、自動券売機、ベンチと必要最小限の設備である。
ホームは単式1面1線だが、ホーム跡が残りかつて交換可能だったことがうかがえる。
ホーム跡には桜の木が植えられている。

—————————————
所在地:広島県福山市
乗入路線
福塩線

新尾道駅

山陽新幹線の単独駅、新尾道の改札画像です。

駅名標。当駅は在来線の接続がない所謂「新幹線単独駅」の1つである。
1988年に地元負担で設置された請願駅であり、同日には2駅隣に東広島駅も開業している。
駅舎。「坂の街」「映画の街」「文学の街」として知られる尾道市の玄関口の1つである。
改札口。利用者が少ないため、自動改札機は2通路のみの設置である。
尾道市という観光都市の玄関口の1つでありながら、利用者数は多くない。
これは、在来線の尾道駅の方が市街地に近く、停車本数が少ない当駅を利用するよりも、
のぞみ号やさくら号も停車する隣の福山駅で在来線に乗り換える乗客が多いためである。
ホームは相対式2面2線であり、加えて通過線が上下各1線ずつある。
かつてのぞみ号で活躍していた500系。今はこだま号での活躍が中心である。
かつて猛スピードで通り過ぎていた当駅にも停車するようになったが、
スピード感溢れる外観の格好良さはのぞみ号で活躍していた当時と変わらない。
駅舎内部。待合スペースと観光案内所が設けられている。
観光都市・尾道の玄関口の1つであるため、お土産コーナーがある。
改札内コンコース

—————————————
所在地:広島県尾道市
乗入路線
山陽新幹線