東京ディズニーランド・ステーション

ディズニーリゾートラインの駅、東京ディズニーランド・ステーションの改札画像です。

駅名標。駅名の通り、当駅は東京ディズニーランドの最寄駅であり、入園ゲート前に駅がある。ディズニーリゾートラインは反時計回りの一方通行であるため、駅名標には進行方向の隣駅であるベイサイド・ステーションのみ記載されている。
駅構内には、シンデレラ城とディズニーキャラクターおよびリゾートライナーのイラストが入った駅名標も設置されている。
駅舎。ディズニーランドの最寄駅ということもあり、お洒落なデザインの駅舎となっている。
改札へは階段やエスカレーターを上がる必要がある
改札口。PASMO対応の自動改札機が設置されている。なお、ディズニーリゾートラインの乗車券は1回乗車あたり200円で、1周を越えない限りどの駅で降りても200円である。
改札口。無人となっているゲートも存在する。
自動券売機は改札口に挟まれるように設置されている。
駅舎内部。メルヘンチックな空間となっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっている。単線であるが、全列車一方通行であるため、行き違いは行わない。
ホームの屋根はディズニーの世界観が感じられるデザインとなっている
当駅の待合室は改札内に設けられている

—————————————————
所在地:千葉県浦安市
乗入路線
■ ディズニーリゾートライン 

太海駅

内房線の駅、太海の改札画像です。

駅名標
当駅ホームに設置の名所案内看板
駅舎。青い瓦屋根が特徴的な歴史と趣を感じさせる木造駅舎である
駅舎にはホーロー駅名標が設置されている
改札口。有人駅でありIC専用簡易改札機設置。時間帯により無人となる
自動券売機は未設置。有人時間帯には窓口で切符の購入が可能
駅舎内の待合スペース
ホーム側から見た駅舎の様子
名所案内にも記載されている仁右衛門島へ渡船の就航状況に関する手書き看板が駅舎ホーム側に設置されている
ホームは相対式2面2線となっており列車の行き違いが可能である。
ホーム上には木に埋もれるように安全塔が立っている
跨線橋から見たホームの様子
天気が良ければ跨線橋から青々とした太平洋を望むことができる
当駅周辺にはヤシの木が植えられており、海に近い立地も合わさって南国情緒が感じられる。
当駅周辺には城西国際大学のキャンパスがあり最寄駅となっている。そのため、利用者80名程度の駅ながら当駅では若者の姿をしばしば見かける。

—————————————
所在地:千葉県鴨川市
乗入路線
内房線

江見駅

内房線の駅、江見の改札画像です。

駅名標
駅舎。2020年に改築された新駅舎は江見駅郵便局と合築の駅舎となっている。駅舎の屋根は青色となっており、先代の木造駅舎を彷彿とさせる色合いである。
郵便局併設ということもあり、駅前には国鉄の郵便車両をモチーフとした郵便ポストが設置されている。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。当駅では平日のみ日本郵便への駅委託業務を行っており、郵便局員が乗車券類の販売や旅客案内業務を行う。駅業務が日本郵便へ委託されるのは当駅の事例が国内初である。
改札内から見た改札口の様子
駅舎内部の待合スペース
駅舎内部の様子
駅舎内には江見駅郵便局が入居しているが、取材時は土曜日のため休業しておりシャッターが下りていた。当駅では駅業務を日本郵便へ委託しているため、郵便局が休業の土休日は無人駅となる。
旧駅舎。青い瓦屋根が特徴的な、開業当時からのものと思われる木造駅舎であった。
駅舎に取り付けられた駅名標はホーロー風の色合いをしたものとなっている。以前はここに本物のホーロー駅名標が取り付けられていたようである。
旧駅舎時代の改札口。旧駅舎時代は有人駅であり、時間帯によっては無人となっていた。
旧駅舎時代も自動券売機は未設置であり、有人時間帯に限り窓口で乗車券が購入できた。
旧駅舎時代の駅舎内部
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
跨線橋から俯瞰したホームの様子
跨線橋から俯瞰した旧駅舎時代のホームの様子
鴨川・茂原方面ホーム上には木造の待合室が設けられている
旧駅舎時代、駅舎の横にはソテツや花壇のあるスペースが設けられていた。このスペースに現駅舎が建設されたため、ソテツや花壇は撤去されてしまった。
花壇は現在、規模がかなり縮小されたものの現駅舎の前に移転し、当駅を訪れた人々を出迎えている。

—————————————
所在地:千葉県鴨川市
乗入路線
内房線

和田浦駅

内房線の駅、和田浦の改札画像です。

駅名標。内房線・外房線1周の中間地点は当駅ー南三原間にあるため、当駅ー鴨川間の内房線各駅から蘇我以遠へは外房線周りの方が近い。
当駅設置の名所案内看板
駅舎。当駅の立地する南房総市和田町は関東唯一の捕鯨基地として知られており、木材を多用した駅舎はクジラをモチーフとした特徴的なデザインとなっている。
改札口。当駅は無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
ホーム側から見た改札口の様子
当駅に自動券売機は設置されていない
駅舎内は広々とした待合スペースがある
ホームは相対式2面2線で行き違い可能
千倉・館山方面へは跨線橋を渡る必要がある
当駅はB.B.BASEの内房コースにおける終着駅であるため、ホーム上にサイクルラックが置かれている
跨線橋から見たホームの様子。当駅裏の国道側には道の駅があり、和田浦名産であるクジラ料理が食べることもできる。しかし、当駅から直接道の駅側に出ることはできず、まわり道をする必要がある
天気の良い日には当駅の跨線橋から青々とした海を望むことができる。当駅は内房線の駅だが外房側にあるため、見える海は東京湾ではなく太平洋である。
当駅跨線橋から太平洋を望む
ホームからもわずかに海を見ることができる
取材時、当駅1番線にはホーローの番線標が残っていた。

—————————————
所在地:千葉県南房総市
乗入路線
内房線

南三原駅

内房線の駅、南三原の改札画像です。

駅名標。当駅は「みなみみはら駅」ではなく「みなみはら駅」である。内房線・外房線1周の中間地点は当駅ー和田浦間にあるため、当駅から蘇我駅以遠に向かう場合は内房線館山周りの方が近くなる。
駅舎。昔からあるような雰囲気であるが近年建て替えられたものである
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機設置。
自動券売機があるほか、窓口で乗車券の購入も可能である
駅舎内の待合スペース
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能である
事業用車両用と思われる側線もある
跨線橋から見たホームの様子

—————————————
所在地:千葉県南房総市
乗入路線
内房線