名鉄名古屋駅

名鉄における名古屋のターミナル駅、名鉄名古屋の改札画像です。

名鉄駅名標
名鉄名古屋駅舎。当駅は地下駅となっている。
中央改札(入口専用)
中央改札(出口専用)
名鉄線西改札口。JRの広小路口から階段を下りた場所にあり、JR線や新幹線への乗り換えに便利。
名鉄線北改札口
名鉄線北改札口
名鉄線南改札口。無人改札となっている。

————————————————–
所在地:名古屋市中村区
乗入路線
名鉄名古屋本線

近鉄名古屋駅

名古屋から伊勢志摩方面への玄関口、近鉄名古屋の改札画像です。

近鉄線駅名標。駅番号が大きく表示されている。
駅番号導入前の駅名標
近鉄正面改札(地上)。近鉄百貨店の1Fにあり、他線への乗り換えには不向き。
近鉄線地下改札。近鉄線から地下鉄線等への乗り換えは当改札が便利。
JR在来線新幹線連絡改札口。近鉄電車⇔JR線・新幹線の乗り換えは当改札を利用する。
名鉄線連絡改札。近鉄電車⇔名鉄線の乗り換えは当改札を利用する。

————————————————–
所在地:名古屋市中村区
乗入路線
 近鉄名古屋線

武豊駅

武豊線の終着駅、武豊の改札画像です。

駅名標。当駅は武豊線の終着駅である。騎手の武豊(たけゆたか)とは一切無関係。
当駅は愛知で最も古い路線・武豊線の開業当時からある、愛知で最も歴史ある駅の1つ。
駅舎。三角屋根が特徴的である。
改札口。駅集中管理システム対応の無人駅。簡易型自動改札機設置。
駅舎内部。待合スペースがあるほか、簡易型自動改札機、自動券売機が置かれている。
ホームは単式1面1線の棒線駅。武豊線内では尾張森岡駅同様数少ない棒線駅である。
また、ホームに接さない留置線が2本あり、うちホーム寄りの1本にのみ架線が張られている。
武豊線の終点。大府から19.3kmの当駅で線路は行き止まりとなっている。

—————————————
所在地:愛知県知多郡武豊町
乗入路線
武豊線

東成岩駅

武豊線の駅、東成岩の改札画像です。

駅名標。「東成岩」と書いて「ひがしならわ」と読む初見殺し駅名。
駅名に「東」がつくが、これは約1.5km北に名鉄河和線成岩駅があるためである。
駅舎。歴史を感じさせる趣ある駅舎である。
改札口。駅集中管理システム対応の無人駅。簡易型自動改札機、自動券売機設置。
駅舎内の待合スペース
駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する
駅舎側から見た構内踏切
ホームは島式1面2線で行違い可能。当駅から衣浦臨海鉄道の貨物線が分岐する。
そのため、旅客列車が使用する2線のほか貨物列車用の側線がある。

—————————————
所在地:愛知県半田市
乗入路線
武豊線

半田駅

武豊線の駅、半田の改札画像です。

駅名標。ミツカン酢で知られるミツカンの本社所在地・半田市の玄関口である。
駅舎。当駅はJR武豊線における半田市の玄関口として機能している。
ここ半田には名鉄河和線も通っており、500mほど離れた場所に知多半田駅がある。
名駅・金山への所要時間面で名鉄が優勢であるため、半田では名鉄の利用者の方が多い。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機設置駅。みどりの窓口もある。
武豊線の尾張森岡・石浜を除く駅に導入された駅集中管理システムの拠点駅であり、
導入6駅で有事の際は当駅から係員が現地へと出動することとなっている。
券売機周辺。金山へはJRが、名駅へは名鉄が運賃面で有利である。
駅舎内の待合スペース。歴史を感じさせるデザインのベンチが置かれている。
ホームは島式1面2線で行違い可能。
当駅ではしばしば列車の交換が行われる。
ホームから駅舎へは跨線橋で連絡する。
また、かつては駅舎に隣接して線路とホームがあったと思われる跡が残る。
当駅の跨線橋は1910年完成で、移設されていないものではJRで現役最古の跨線橋である。
また、その脇に建つレンガ倉庫もまた、1909年に完成した歴史ある建造物である。
武豊線は1886年に開通した愛知県で最も古い路線であるため、当駅の跨線橋・倉庫や
亀崎駅の木造駅舎など、歴史ある貴重な鉄道遺産が残る魅力ある路線である。
跨線橋内部。壁や窓の造りが長い歴史を感じさせる。
跨線橋内部。屋根部分の骨組みも趣ある構造である。
跨線橋のみならず、ホーム屋根も長い歴史を感じさせる構造である。
当駅付近には半田市鉄道資料館と呼ばれるプレハブの建物がある。月2回開館。
鉄道資料館脇には武豊線で活躍したSL、腕木式信号機と色灯式信号機が展示されている。
このうち、腕木式信号機は半田駅の隣、東成岩駅で実際に使用されていたものである。
C11265。武豊線最後のSL牽引列車「SLさよなら列車」を牽引した武豊線ゆかりのSL。

—————————————
所在地:愛知県半田市
乗入路線
武豊線