谷田川駅

水郡線の駅、谷田川の改札画像です。

駅名標
駅舎。近年改築された簡易駅舎である。磐城守山駅のものとはデザインが異なる。無人駅であり、ホームにダイレクトに行くことができる。
駅舎内部。シースルー構造となっており夜は外から丸見えである
ホームは相対式2面2線で行き違い可能となっている
駅舎反対側の郡山方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある

————————————— 
所在地:福島県郡山市
乗入路線
水郡線

磐城守山駅

水郡線の駅、磐城守山の改札画像です。

駅名標。当駅は水戸支社管轄のため、駅名標は水戸支社仕様となっている。隣の安積永盛駅からは東北本線となり、仙台支社管轄となる。
駅舎。近年建てられた簡易型の駅舎となっている。無人駅でありホームへはダイレクトに行くことができる。
駅舎内部の様子。駅舎左側・右側にそれぞれ待合スペースが設けられている。
駅舎内部は夜は外から丸見えとなり、夏には虫が入り込むことが予想される構造である。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつてのホーム跡と思われる構造物が残っており、以前は相対式ホームで交換可能であったと思われる。

————————————— 
所在地:福島県郡山市
乗入路線
水郡線

舞木駅

磐越東線の駅、舞木の改札画像です。 

駅名標。「舞木」と書いて「もうぎ」と読み、難読駅名とされる。
駅舎。比較的新しい、小ぢんまりとした駅舎となっている
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。当駅にはICチャージ機が存在しないため、Suica等の交通系ICでの乗車時には残高不足に気をつけたい。
駅舎内部は待合室となっており、乗車駅証明書発行機が設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、行き違いが可能である。
2番線・郡山方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。駅舎から構内踏切までは非常に遠いため、乗り遅れに注意したい。

—————————————
所在地:福島県郡山市
乗入路線
 磐越東線 

三春駅

磐越東線の駅、三春の改札画像です。 

駅名標。日本三大桜の1つとされる「三春滝桜」の最寄駅であるためか、4ヶ国語対応の吊り下げ式駅名標が設置されている。
仙台支社標準タイプの自立式駅名標も設置されている。
駅舎。軽食および売店のある「ばんとうプラザ」併設の駅舎となっている。
改札口。磐越東線では数少ない有人駅の1つで、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場の様子。自動券売機があるほか、みどりの窓口も設置されており、磐越東線では数少ないみどりの窓口設置駅の1つである。
駅舎内部の待合スペースおよび売店部分。売店には軽食スペースも併設しており、列車の待ち時間に食事が可能である。
駅舎からホームへは地下通路を渡り連絡する。
ホームは島式1面2線で列車行き違いが可能となっている。
ホームには屋根がなされており、磐越東線沿線有数の観光地・三春の玄関口として、他駅と比べ投資がなされている様子が伺える。

—————————————
所在地:福島県田村郡三春町
乗入路線
 磐越東線 

要田駅

磐越東線の駅、要田の改札画像です。 

駅名標
駅舎。比較的新しい小ぢんまりとした駅舎となっている。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎内部は待合室となっており、乗車駅証明書発行機が設置されている。
待合室内部から待合室入口付近を望む。当駅にはICチャージ機が存在しないため、Suica等の交通系ICで乗車時は、残高不足に注意したい。
超広角カメラ(GoPro)で撮影した駅舎内部の様子
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある
ホームは島式1面2線で行き違い可能。ホームは狭くなっているため、列車待ちの際は進入してくる列車に注意したい。

—————————————
所在地:福島県田村市
乗入路線
 磐越東線