近津駅

水郡線の駅、近津の改札画像です。

駅名標
駅舎。簡易駅舎となっており、小塩江駅と構造が似ている。当駅は無人駅となっており、ホームへダイレクトに行くことができる。
駅舎内部の待合スペース
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつてのホーム跡と思われる構造物が残っており、以前は交換可能であったことが伺える。

————————————— 
所在地:福島県東白川郡棚倉町
乗入路線
水郡線

中豊駅

水郡線の駅、中豊の改札画像です。

駅名標
駅全景。当駅はホームと待合室のみの簡素な構造の駅である。駅舎は存在しない。
ホーム上の待合室はプレハブタイプとなっており、駅構造面も含め川辺沖駅と類似性が見られる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

————————————— 
所在地:福島県東白川郡棚倉町
乗入路線
水郡線

磐城棚倉駅

水郡線の駅、磐城棚倉の改札画像です。

駅名標
駅舎。当駅の立地する棚倉町は水郡線沿線では大きな町の1つであり、水郡線の他のほとんどの駅とは違い国鉄時代からの立派な駅舎が残っている。
改札口。当駅は水郡線において数少ない有人駅の1つである。
駅舎内部の待合スペース。広々とした印象を受ける。
窓口付近の様子。みどりの窓口は廃止となったものの、窓口は残っており乗車券の購入が可能である。また、列車の時刻表や運行情報を表示するモニターも設置されている。
駅舎からホームは跨線橋を渡って連絡する。
ホームは島式1面2線となっており列車の交換が可能である。
駅舎からホームまでは間隔が空いているが、これはかつて当駅から白棚線が発着していた名残りであると思われる。白棚線は戦時中の1944(昭和19)年に不要不急線として休止され、バス転換されている。
跨線橋の駅舎側たもとには白棚線運行当時から残ると思われる木造の倉庫が残る。倉庫の入口付近には「火気厳禁」と書かれたホーロー製と思われる看板も確認できる。
間近で見た木造倉庫の様子。歴史と趣が感じられる雰囲気が漂う。
駅前にあるジェーアールバス関東の車庫。先述の通り、白棚線は休止後そのままバス転換となったが、国鉄バスが運行し、民営化後の現在もジェーアールバス関東が運行している。
長い歴史のある当駅には、もじ鉄案件も複数存在する。駅舎の便所には国鉄時代から残る便所看板の上から「お手洗い」と書かれたステッカーが貼られていると思われる看板がある。
改札口付近にある「定期券はちゃんと見せてね」看板。福島県内では、磐越東線の小川郷駅でも同じ看板を見ることができる。
跨線橋入口付近には、国鉄時代に設置されたと思われるのりば案内看板がある。
また、改札口付近にはJR初期に設置されたと思われる国鉄スタイルの乗り換え看板が残る。白棚線はバス路線でありながら、JRバスであるため鉄道線と同格の乗り換え看板が設置されている。

————————————— 
所在地:福島県東白川郡棚倉町
乗入路線
水郡線

磐城浅川駅

水郡線の駅、磐城浅川の改札画像です。

駅名標
駅舎。近年改築された駅舎は木材の温かみが感じられるデザインとなっている
改札口。当駅は簡易委託駅となっているが、取材時は無人であったため集改札を行うかどうかは不明である。
当駅には窓口が設けられており、営業時は乗車券の購入が可能である。営業時間外は無人駅となる。
駅舎内部の待合スペース。机のある椅子も設けられており、当駅の主な利用者層であろう高校生が列車待ちの間に勉強できるようになっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつてのホーム跡と思われる構造物も残っており、以前は交換可能な構造であったことがうかがえる。

————————————— 
所在地:福島県石川郡浅川町
乗入路線
水郡線

里白石駅

水郡線の駅、里白石の改札画像です。

駅名標
駅舎。量産型の簡易駅舎となっており、デザインは小塩江駅や近津駅と似ている。無人駅となっており、ホームへダイレクトに行くことができる
駅舎内部の待合スペース。シースルー構造となっており夜は外から丸見えである
駅舎の右側・左側に待合スペースが1部屋ずつ設けられている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。線路のバラスト(砂利)が新しいが、これは2019年秋の台風により当駅付近の線路が被害を受け、復旧工事を行ったためである。

————————————— 
所在地:福島県石川郡浅川町
乗入路線
水郡線