浜加積駅

富山地方鉄道本線の駅、浜加積の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが、従来の駅名標に駅番号のステッカーを貼り付けたのみである。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。歴史と趣を感じさせる木造駅舎が現在も使用されている。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
駅舎内部。古い看板が未だに残っており非常にエモい空間となっている
駅舎内の待合スペース。木製のベンチが設置されている。

駅舎からホームへの通路はレトロな雰囲気が漂う。
通路脇にはソファが置かれている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。並行してあいの風鉄道が通っているが駅は地鉄電車のみに設けられている。

—————————————
所在地:富山県滑川市
所属路線
富山地方鉄道本線

中滑川駅

富山地方鉄道本線の駅、中滑川の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが、従来の駅名標にステッカーを貼り付けたのみである。
従来の駅名標。滑川名産のホタルイカをモチーフとしたキャラクターが描かれている。
吊り下げ式の駅名標は通常タイプ。こちらにも駅番号ステッカーが貼られている。
駅番号導入前の吊り下げ式駅名標
駅舎。近年新築された新しい駅舎となっている。当駅は地鉄における滑川市の中心駅であり、特急も停車する。
改札口。IC専用の自動改札機が設置されている。有人駅だが駅員配置は平日のみで、土休日は終日無人となる。
駅舎内部
駅舎内部には待合スペースが設けられている。
駅舎からホームへは構内踏切を渡り移動する。
ホームは島式1面2線で列車交換が可能。平日朝には当駅始発・終着となる列車も存在する。
旧駅舎が建っていたと思われる駅前のスペースは依然更地のままとなっている

—————————————
所在地:富山県滑川市
所属路線
富山地方鉄道本線

西滑川駅

富山地方鉄道本線の駅、西滑川の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが従来の駅名標にステッカーを貼り付けたのみである。
駅番号導入前の駅名標。滑川名産のホタルイカをモチーフとしたキャラクターが描かれたデザインとなっている。
駅舎。小ぢんまりとした地平駅舎である。
改札口。普段は無人駅であるが、平日の朝のみ係員が配置される。
駅舎内部。待合スペースが設けられている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

—————————————
所在地:富山県滑川市
所属路線
富山地方鉄道本線

西加積駅

富山地方鉄道本線の駅、西加積の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが、従来の駅名標にステッカーを貼り付けたのみで、駅名標の交換は行われていない。
駅番号導入前の駅名標
駅入口。無人駅でありホームへはダイレクトに行くことができる
ホーム上にはレトロな雰囲気が感じられる待合室が設置されている
待合室内部。歴史を感じさせる雰囲気が漂う
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可
ホームの様子

—————————————
所在地:富山県滑川市
所属路線
富山地方鉄道本線

中加積駅

富山地方鉄道本線の駅、中加積の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが、駅番号は以前の駅名標にステッカーで貼られたのみで、駅名標の交換は行われていない。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。以前と同じ駅舎であるが、近年外壁が再塗装され美装化がなされた。
以前の駅舎。かなり歴史を感じさせる外観であったことがわかる。また、駅舎の扉は以前木製であったが現在は新しいものに交換されたこともわかる。
駅舎内部。かつての窓口・改札口跡が残る。現在は無人駅となっておりホームへはダイレクトに行くことができる。
以前の駅舎内部。現在は窓口跡を塞ぐ板は新しいものに張り替えられ、窓枠や内壁も再塗装されていることがわかる。
駅舎内部。座布団が置かれておりきちんと管理されている印象を受ける。
以前は「荷物扱所」の表示が残っていた
ホームは相対式2面2線で行き違い可能
下り魚津・黒部・宇奈月温泉方面へは構内踏切を渡る必要がある

—————————————
所在地:富山県滑川市
所属路線
富山地方鉄道本線