沢中山駅

富山地方鉄道立山線の駅、沢中山の改札画像です。

駅名標
ナンバリング導入前の駅名標
駅全景。ホームと待合室があるのみの無人駅となっており、ホームにはダイレクトに入る構造になっている。
ホーム上には待合室が設置されている。
待合室内部。ベンチには座布団も敷いてある。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違いは不可。駅周辺は田園地帯であり当駅の雰囲気と非常にマッチする。

—————————————
所在地:富山県中新川郡立山町
所属路線
立山線

愛本駅

富山地方鉄道本線の駅、愛本の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号のステッカーが貼られている。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。歴史と趣が感じられる木造駅舎となっている。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
改札口付近には「定期券拝見」と書かれた木製の看板が残る。無論、現在は無人駅であるため定期券は改札口ではなく車内で見せることとなる。
駅舎内部。駅舎内は比較的広く、待合室として使用されている。
駅舎内部。歴史が感じられる木製ベンチが設置されている。
待合室内部
待合室内には昔の広告看板が残っておりレトロ感を演出している。
待合室内に残る伝言板は漢字が「傳言板」となっており非常にエモい
また、ホーロー製の縦型駅名標が比較的良好な状態で残っている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。対面にはホーム跡と思われる構造物も残っており、かつては相対式ホームであったことが伺える

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

釜ヶ淵駅

富山地方鉄道立山線の駅、釜ヶ淵の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号のステッカーが貼られている。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。趣ある瓦屋根の木造駅舎となっている。
駅舎の駅名表記は「駅」の字が「驛」と旧字体になっており歴史が感じられる
当駅の駅舎の構造は土台の上に柱が立っているがこれは地鉄電車の木造駅舎に見られる特徴の1つである。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
駅舎内部。かつて窓口があったと思われる場所は板で塞がれている。また、本棚があり多数の本が置かれている。
駅舎内には待合スペースがあり、木製のベンチが置かれている
駅舎からホームへは屋根のある通路で連絡する。ホーム上には屋根とベンチがあり雨や雪の日でも濡れずに座って電車を待つことができる
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。対面にはホーム跡と思われる構造物が残っており、相対式ホームであったであろうことが伺える。

—————————————
所在地:富山県中新川郡立山町
所属路線
立山線

下立駅

富山地方鉄道本線の駅、下立の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号のステッカーが貼られている。
駅番号導入前の駅名標
駅全景。無人駅となっており、ホームと待合室があるのみである。当駅周辺は黒部市宇奈月町の中心部となっている。
待合室。エメラルドグリーンの外観が特徴的である。
待合室内部
待合室にはホーロー製の縦型駅名標が残っている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
また、ホームの宇奈月温泉方面にも階段があるが…
これは当駅に隣接する広場にある公衆トイレへアクセスしやすくするために設けられたものであると思われる。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

欅平駅

黒部峡谷鉄道の駅、欅平の改札画像です。

電照式駅名標、当駅は宇奈月駅から続く黒部峡谷鉄道の終着駅となっている。なお線路は関西電力の専用線として当駅より先につながっている。
貼り付け駅名標、隣の駅である小屋平駅は関西電力社員専用駅となっている。
駅舎、コンクリート製の駅舎となっている。なお3階建ての駅舎の屋上は展望台となっている。
改札口、有人ラッチが2通路設けられている。
当駅には駅窓口が2窓口設置されている。
駅構内は待合スペースが設けられており、売店や飲食スペースも設けられている。
ホームから改札口へは坂になっており、「欅坂」と呼ばれている。なお同名のアイドルグループとは関係はない。
「欅坂」と書かれた文字は手書き文字となっている。
ホームは大きくカーブしたホームとなっている。
ホームの奥の方には留置線があり、機関車は留置線を渡り折り返し運転の準備をする。
ホーム終端部から宇奈月方面を撮影、大きくカーブしていることが分かる。なお改札は宇奈月方面のホーム先端にある為、乗る号車によっては改札まで時間を要する。
ホームには待合用のベンチが設置されている。
駅前は黒部峡谷の大自然が広がり、多くの観光客が訪れる場所になっている。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
 黒部峡谷鉄道