加茂郷駅

紀勢本線の駅、加茂郷の改札画像です。

駅名標。きのくに線への路線記号・ラインカラー導入に伴いラインカラー対応の駅名標に交換された。
電照式の駅名標はラインカラー非対応のJR西日本標準タイプのものとなっている。
駅舎、開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。
駅舎には和歌山支社特有の青文字駅名標が設置されている。
駅前広場には植え込みが設けられており、木造駅舎の雰囲気にマッチしている。
当駅は無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
改札口付近には手書きと思われる橋看板が設置されている。
取材時は窓口が営業していたが、現在は窓口が閉鎖されたことに伴い無人駅となった。自動券売機が1台設置されている。
窓口営業時代は手書きと思われる窓口営業時間案内表示があった。
駅舎内部は小ぢんまりとした待合スペースとなっている
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは2面3線となっている
ホーム同士の行き来は跨線橋にて行う
ホーム端には歴史を感じる雰囲気の倉庫が残っていた
倉庫には何枚か手書き看板が設置されていた。
倉庫に設置されている手書き看板
倉庫に設置されている手書き看板
駅前広場には植え込みがあり、木や花が植えられている。
当駅駅前広場にある観光案内マップは歴史を感じさせるものとなっている。

—————————————
所在地:和歌山県海南市
乗入路線
紀勢本線(きのくに線)

冷水浦駅

紀勢本線の駅、冷水浦の改札画像です。

駅名標
1番のりば駅入口。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅となっており駅舎は存在せず、ホームへはダイレクトに行くことができる。
1番のりば改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。1番のりばからは海南・和歌山・天王寺方面への列車が発着する。
1番のりばのホーム上には小ぢんまりとした待合室が設けられている。
1番のりばのホーム上には小ぢんまりとした待合室が設けられている。
2番のりば駅入口。1番のりば同様に駅舎は存在せず、ホームへはダイレクトに行くことができる。
2番のりば改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。2番のりばからは御坊・紀伊田辺・新宮方面への列車が発着する。
ホーム側から見た改札口の様子
2番のりばホーム上にも小ぢんまりとした待合室が設けられている。
ホームは相対式2面2線となっている。
当駅ホームの和歌山寄りにトンネルがあるため、ホームの和歌山寄りは上下線の間隔が開いている。
当駅ホームから駅周辺を望む。「冷水浦」の駅名が示す通り当駅は海に近い高台に位置するが、駅周辺には民家や工場が建ち並んでおり海は僅かしか見えない。昼間は付近の工場からのドン、ドンという音が当駅付近まで響いて聞こえてくることが多い。

—————————————
所在地:和歌山県海南市
乗入路線
紀勢本線(きのくに線)

田井ノ瀬駅

和歌山線の駅、田井ノ瀬の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
駅舎。小ぢんまりとした鉄筋コンクリート製の簡易駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。ホームへはダイレクトに行くことができる。和歌山線ではICOCA等の交通系ICが利用可能であるが、列車内に設置された車載機での対応であるため、当駅には簡易改札機は設置されていない。
駅舎内部。自動券売機およびベンチが3席のみ設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
2番のりばの和歌山方面ホーム上にも待合スペースが設けられている。
待合室内には地元学生により絵が描かれている。絵の中に描かれた和歌山線車両は旧型のものであり、車載機IC対応の新型車両導入に伴い引退した。
当駅の便所は歴史を感じさせる雰囲気が漂い、外観は趣深いが、便所の使用には少し勇気が要りそうだ。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
和歌山線

千旦駅

和歌山線の駅、千旦の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。せんだみつおとは関係ない。
駅入口。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
当駅には自動券売機が設置されている。ICOCA等の交通系ICが利用可能であるが、列車内に設置された車載機での対応であるため、当駅には簡易改札機は設置されていない。
ホーム上の待合所内部の様子。地元学生によるイラストが展示されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
和歌山線

布施屋駅

和歌山線の駅、布施屋の改札画像です。

駅名標。「布施屋」と書いて「ほしや」と読む難読駅名である。
駅舎。旧駅舎の老朽化に伴い、2020年に量産型の簡易型駅舎に改築された。
駅舎内部。自動券売機があるほか、ベンチが4席設置されている。
旧駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎であったが、老朽化に伴い2020年に解体された。取材時は、旧駅舎の使用は停止されていたものの、解体前の状態であり、仮囲いがされた旧駅舎の最期の姿を見ることができた。
旧駅舎の1種駅名標。和歌山支社標準タイプのものであった。
旧駅舎内部の様子。取材時は解体に向け、資材置き場として使用されていた。
旧駅舎内部には地元学生が描いたと思われる四季折々の風景をモチーフとした可愛らしいイラストがあったが、新駅舎に移設などされることなく、旧駅舎と運命を共にしたものと思われる。
旧駅舎の改札口付近の様子。晩年は無人駅となっており、かつての窓口跡等も封鎖されていたものと思われる。
ホーム側から見た旧駅舎の様子。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能。かつては2面3線構造であったものと思われるが、中線は撤去されており、ホームには柵がなされている。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
和歌山線