恵良駅

久大本線の駅、恵良の改札画像です。

駅名標。大分地区でよく見かけるメイリオフォント使用のものに近年交換された。当駅が最寄りの「竜門の滝」のイラストが入っている。
手書きの駅名標も残っているが、かなり色褪せており表示が読み難くなっている。
ホーム上に設置されている手書きの名所案内看板。駅名標にイラストも入っている「竜門の滝」も書かれている。
駅舎。酒蔵をモチーフとした真新しい地平駅舎は、旧駅舎が火災により消失したことを理由に2015年に改築されたものである。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎は「九重町先哲史料館」と合築のものとなっている。
駅舎内部は待合室となっている。新しい駅舎であることもあり、明るく清潔感のある空間となっている。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎側ホームの柱には「指差呼称」の手書き看板がひっついていた。
また、駅舎のホーム側には国鉄風もどきの駅名標が設置されている。
ホームは相対式2面2線となっている。
ホーム上には木造の待合室が設けられている。
ホーム同士の行き来は構内踏切にて行う。
駅舎反対側のホームにはかつて線路があったと思われる痕跡があり、かつては2面3線構造を有していたと思われる。
さらにホームの由布院・大分方面には切り欠きホームの跡が残る。当駅からは1984年まで宮原線が分岐しており、その名残であるものと思われる。

—————————————
所在地:大分県玖珠郡九重町
乗入路線
久大本線

引治駅

久大本線の駅、引治の改札画像です。

駅名標。露天風呂のイラストが入っている。大分地区でよく見かけるメイリオフォント使用の近年交換された駅名標であるが、当駅のものはすでに表面に苔が生え始めている。
名所案内看板は手書きと思われる。大分県は「おんせん県」として知られることもあり、当駅周辺にも宝泉寺温泉・壁湯温泉の2つの温泉地があるようである。
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。当駅は九重町役場の最寄駅である。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。
当駅には自動券売機は置かれていない。壁の隅にはゴミ箱が置かれている。
駅舎内部は待合室となっている
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎側には緑地の駅名標が設置されていた。似たデザインの国鉄手書き駅名標が近年まで残っていたが、現在のものに更新されてしまった。
ホームへは駅舎を通らずともダイレクトに行くことができる。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており列車の行き違いは不可能である。
ホーム上にも待合室が設けられている

—————————————
所在地:大分県玖珠郡九重町
乗入路線
久大本線

由布院駅

日本有数の温泉地、由布院の改札画像です。

○駅名標
日本有数の温泉地として知られる由布院温泉の最寄駅である。
駅名標には、由布岳・温泉・馬車のイラストが入っている。
由布院駅名

○駅舎
礼拝堂をモチーフとした黒い木造の駅舎となっている。
駅舎中央部には高さ12mの吹き抜けがあり、開放的な空間となっている。
由布院駅舎

○改札口
当駅には改札ラッチが設けられていない。
駅員が広い出入り口の真ん中に立ち集改札を行う。
由布院駅舎内部

○ホーム
当駅のホームは2面3線となっている。
「ゆふいんの森」号など、当駅を始発・終着とする列車も多い。
由布院ホーム

○足湯
当駅のホーム久留米寄りには足湯が設けられている。
改札口で「あし湯券」(¥160)を購入することで誰でも利用できる。
由布院足湯

由布院ホーム足湯 

ホームの大分寄りには「ななつ星」乗客用のラウンジが設けられている。
由布院ななつ星

————————————— 
所在地:大分県由布市
乗入路線
久大本線

大分駅

日豊本線、久大本線、豊肥本線の駅、大分の改札画像です。

○駅名標
当駅には日豊本線、久大本線、豊肥本線の3路線が乗り入れる。
このうち、久大本線と豊肥本線は当駅を終着駅とする。
大分駅名

○駅舎
当駅は2012年春に全面高架化が完成した高架駅となっている。
市街地中心部に近い北口側の駅舎は駅ビル「JRおおいたシティ」となっている。
大分北駅舎

南口側の駅舎。北口側と比べると小ぢんまりとしている。
大分南駅舎

北口側駅入口には、ニワトリと金の卵の謎のモニュメントが設置されている。
大分鶏

○改札口
自動改札機が設置されている。SUGOCA等の交通系ICが利用可。
大分改札

○ホーム
ホームは島式4面8線の大規模な高架駅となっている。
このうち、日豊本線が発着する1番〜5番のりばは電化されている。
大分ホーム

大分 ホーム

————————————— 
所在地:大分県大分市
乗入路線
日豊本線
久大本線
■ 豊肥本線    

別府駅

日本有数の温泉地、別府の改札画像です。

○駅名標
当駅は日本有数の温泉地である別府温泉の最寄駅である。
そのため、温泉マークが描かれた駅名標が2種類設置されている。
別府駅名

別府温泉駅名

○駅舎
高架駅となっており、駅舎は高架下にある。
別府駅舎 

○中央改札口
自動改札機が設置されている。SUGOCA等の交通系ICカードが利用可。
別府中央口

○南改札口
駅ビルBIS南館の営業時間である10:00〜20:00のみ利用できる。
扉付きの自動改札機は設置されていない。IC専用簡易改札機が設置されている。
別府南改札

○ホーム
当駅のホームは島式2面4線の高架ホームとなっている。
上下線の間隔が空いているが、これはかつて留置線があった名残である。
別府ホーム

————————————— 
所在地:大分県別府市
乗入路線
日豊本線