浅海井駅

日豊本線の駅、浅海井の改札画像です。

駅名標。近年大分支社管内で設置例が見られるメイリオフォント使用の駅名標であり、豊後二見ヶ浦のイラストが入る。
駅舎。開業当時から使用されている木造駅舎であり、茶色の瓦屋根と緑色の外壁が特徴的である。駅舎内には新聞販売店が入居しているようである。
当駅は九州最東端の駅であり、すなわちJR九州最東端の駅、大分県最東端の駅でもある。駅舎にはその旨を示したプレートが取り付けられている。当駅とほぼ同経度にある駅として、山陽本線の光駅、山陰本線の岡見駅が挙げられる。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。かつての窓口跡は封鎖されている。
かつての窓口跡には「きつぷうりば」の表記が残る。
また、国鉄時代に貼り付けられたステッカーが剥がされずにそのまま残されている。他駅でも残る例は極端に少ないものと思われ、非常に貴重である。
窓口が封鎖された代わりに簡易型の自動券売機できっぷの購入が可能である。奥には便所が設けられている。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎からホームは跨線橋にて結ばれる
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。ホームはカーブしており乗降時に列車との隙間が空くため注意したい。
ホーム上にも待合室が設けられている
駅前の様子。当駅は海岸線まで比較的近い位置にあり、海まで歩いていくことができる。
当駅付近の海岸線の様子。駅舎から徒歩2〜3分で海岸線にたどり着く。当駅付近を含む佐賀関ー美々津(臼杵・津久見・佐伯・延岡・日向)の海岸線(日豊海岸)はリアス式海岸であり、海と陸が入り組んだ地形となっている。
当駅駅名標にも描かれている豊後二見ヶ浦。伊勢の二見ヶ浦と同様に、夫婦岩がしめ縄で結ばれている。

—————————————
所在地:大分県佐伯市
乗入路線
日豊本線

狩生駅

日豊本線の駅、狩生の改札画像です。

駅名標。当駅付近にそびえる「彦岳」のイラストが入っている。
駅舎。1959年の開設当時から使用されている小ぢんまりとした駅舎である。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部の様子
駅舎内部の様子。駅舎内には椅子が大量に置かれていることがわかる。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎から佐伯・延岡方面ホームへは階段・通路でダイレクトに結ばれている。
ホーム上から駅舎を望む
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。ホームはゆるくカーブしている。
ホーム上にも待合室が設けられており、佐伯・延岡方面の待合室ベンチは青色に塗られている。
一方、2番のりばの臼杵・大分方面ホーム上にある待合室は緑色に塗られており、方面により色分けがされていることがわかる。
跨線橋から見下ろしたホームの様子
跨線橋から東側を望む。奥に海がチラリと見えており、当駅が海に近い立地であることが伺える。
当駅からは歩いて数分で海岸線・漁港へ出ることができる。当駅付近では沖合に彦島・大入島があるため波は穏やかである。なお大入島へは佐伯から渡船で連絡する。
当駅の駅前広場に隣接してふれあい市場があり、地元の特産品を販売する市場が日曜の午前中に限り開設され、市場開設時は大勢の地元民で賑わう。駅舎訪問する際は市場開設も考慮して計画を立てよう。

—————————————
所在地:大分県佐伯市
乗入路線
日豊本線

海崎駅

日豊本線の駅、海﨑の改札画像です。

駅名標。近年大分支社管内で設置例が増えているメイリオフォント使用タイプの駅名標であり、ジョーヤラ船のイラストが入る。ジョーヤラ船は色鮮やかな大漁旗を飾りつけた船であり、毎年秋に海上安全・豊漁を祈願する祭りが開催される。
駅全景。当駅は駅舎のない無人駅であり、ホームと待合室が設けられているのみである。
ホームへはダイレクトに行くことができる構造である。
待合室内部の様子。自動券売機とベンチが設けられている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
臼杵・大分方面ホーム上にも小ぢんまりとした待合室が設けられている。

—————————————
所在地:大分県佐伯市
乗入路線
日豊本線

佐伯駅

日豊本線の駅、佐伯の改札画像です。

駅名標。当駅は日豊本線における主要駅かつ運行拠点駅の1つであり、当駅始発・終着となる列車が多い。特に、大分宮崎県境を通過する当駅ー延岡間の区間は特急列車を除くと普通列車が1日上下6本の運行にとどまる閑散区間である。
駅舎。鉄筋コンクリート造りの横に長い駅舎となっている。
当駅の1種駅名標は国鉄時代に設置されたと思われる黒地に白文字の行灯タイプの看板となっている。
改札口。有人駅であり、係員による集改札が行われる。SUGOCA等の交通系ICは使用できない。
当駅にはみどりの窓口および自動券売機が設置されている
駅舎内部の様子
駅舎内部には広々とした待合室が設けられている
当駅の改札外には国鉄時代に設置された駅長事務室の看板が残っていた。かつて当駅にはこれ以外にも国鉄看板が多数設置されていたが、近年一斉に撤去され、現在ではこの看板しか残っていないものと思われる。
ホームは2面3線となっており列車の行き違い・折り返しが可能である
駅構内は比較的広く側線が設けられている
駅構内には国木田独歩の「城山」の歌碑が設置されている

—————————————
所在地:大分県佐伯市
乗入路線
日豊本線

上岡駅

日豊本線の駅、上岡の改札画像です。

駅名標。駅付近にある「上岡十三重塔」のイラストが入っている。
支柱の形が異なるタイプの駅名標も設置されている。
駅舎ホーム側には国鉄時代より残ると思われる木製・手書きの駅名標が残っていた。
駅舎。開業当時から使用されていると思われる木造駅舎が残っていた。
当駅の1種駅名標は手書きと思われる。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつて使用されていたと思われる改札ラッチの跡が残る。
駅舎内に自動券売機等の設置はなく、船の模型とゴミ箱が置かれている。
駅舎内部は待合室となっている。
当駅に停車する列車の本数は1日上下合わせて6本と極端に少ない。このうち3本は重岡駅始発・終着であり、県境を越えて延岡駅を発着する列車は僅か1日3本にとどまる。当駅を6:23(取材当時)に発車する延岡行きは当駅から延岡へ向かう始発列車であり最終列車でもある。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎のホーム側には手書き看板が残っていた。記載内容から、かつて気象板を表示する用途で使用されていたものと推測される。
駅舎とホームは跨線橋で結ばれる。
駅舎とホームは跨線橋で結ばれる。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。当駅に停車する列車は極端に少ないが、当駅を含む佐伯ー延岡間には普通列車のほか特急列車が1日9往復運行されている。無論、特急列車は当駅を含む佐伯ー延岡間の途中駅には停車しない。
跨線橋から見たホームの様子
ホーム上にも待合室が設けられている。
当駅に進入する佐伯行き普通列車。1日3本の普通列車のためだけに普通列車用車両を準備するのも非効率であるという理由から、延岡ー佐伯間を運行する普通列車は特急型車両が使用される。なお重岡駅発着の普通列車は普通列車用車両が使用されるようである。
佐伯ー延岡間の普通列車で使用される特急型車両は4両繋いでいるが、乗車可能なのは最も佐伯寄りの4号車のみであり、実質1両編成での運行に等しい。他の3両はドアが開かず車内への立ち入りもできないため注意したい。

—————————————
所在地:大分県佐伯市
乗入路線
日豊本線