南大東駅

木次線の駅、南大東の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。沖縄県の南大東島とは関係はない。
駅入口。当駅には駅舎はなく、ホーム上に小さな待合室があるのみである。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム上の待合室。木製のベンチが設置されている。

—————————————————
所在地:島根県雲南市
乗入路線
木次線

出雲大東駅

木次線の駅、出雲大東の改札画像です。

駅名標、ラインカラー対応となっている。当駅は雲南市(旧大東町)の中心駅で、木次線の中間駅では第1位の利用者数となっている。
木次線の駅名には古事記や日本書紀にちなむ愛称が付けられている。当駅は「神阿多津姫命」。
当駅周辺の名所案内も設置されている。
「ようこそ 大東町へ」とかかれた歓迎看板にはキハ120の様な車両のキャラクターが描かれている。
駅舎、2007年に改築された比較的新しい駅舎になっている。旧大東町の中心駅となっており、駅周辺には雲南市市民病院などがある。
駅入口、当駅はきっぷ売り場はあるもののホームへの入口へと向かう通路には改札口はない。
ホーム側から見た駅入口の様子。
駅舎内部にはキップ売り場があり、乗車券の購入が可能。
駅舎内部、物産コーナーやパソコン教室が入居している。
駅舎内部は待合スペースにもなっており、机やベンチが置かれている。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
駅横には旧駅舎時代から残る腕木式信号機が保存されている。

—————————————————
所在地:島根県雲南市
乗入路線
木次線

電鉄出雲市駅

出雲大社への玄関口、電鉄出雲市の改札画像です。

駅名標。当駅は一畑電車北松江線の起点駅であり、JR山陰本線出雲市駅との連絡駅である。出雲大社まで公共交通で向かう場合、当駅から一畑電車に乗車して出雲大社前駅へ向かうのが一般的であるが、直通列車は少なく、途中の川跡駅で乗り換える必要があることが多い。
駅舎。当駅は高架駅となっており、JR出雲市駅に隣接して駅舎が設けられている。画像右側の高架線がJR線である。
側面から見た当駅駅舎の様子
改札口。当駅は有人駅であり、係員による集改札が行われる。JR線と異なり、一畑電車ではICOCA等の交通系ICは使用不可となっている。
当駅では列車別改札が行われており、列車到着直前までホームに入ることはできない。改札開始前は画像の通り改札が封鎖される。
きっぷ売り場の様子。定期券・回数券・手回品切符を販売する窓口があるほか、自動券売機が設置されている。
駅舎内部には待合室が設けられている。また、出雲大社へのアクセス路線であることもあり、駅舎内にはコインロッカーが設置されている。
ホームは頭端式1面2線となっている。画像右側の1番のりばは2番のりばと比べホームの長さが短い。定期列車は2番のりばを発着する列車が多い。
ホームの様子
当駅は一畑電車の起点駅であり、線路は行き止まりとなっている。

ホームから松江しんじ湖温泉方面を望む。当駅はJR出雲市駅に隣接しており、発車後しばらくはJR山陰本線に並行する。

—————————————
所在地:島根県出雲市
乗入路線
 一畑電車北松江線

幡屋駅

木次線の駅、幡屋の改札画像です。

駅名標、ラインカラー対応となっている。
木次線の駅には古事記や日本書紀にちなむ愛称が付けられている。当駅の愛称は「大原郡家」となっている。
駅入口、当駅には駅舎はなく、ホーム上に小さな待合室があるのみである。
待合室に設置された1種駅名標は国鉄っぽい雰囲気が感じられる。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム上にはベンチがあり待合スペースとなっている。

—————————————————
所在地:島根県雲南市
乗入路線
木次線

加茂中駅

木次線の駅、加茂中の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。当駅はホームが著しく狭いため、駅名標の撮影はし難い。
木次線の駅名には古事記や日本書紀にちなむ愛称が付けられている。当駅の愛称は「事代主命」となっている。
愛称看板のデザインは表裏で異なっている。
駅舎。瓦屋根が特徴的な木造駅舎となっている。
当駅の1種駅名標からは国鉄っぽい雰囲気が感じられる。
改札口。当駅は簡易委託駅のため、駅員が配置されている。
当駅には窓口があり、営業時間内であればきっぷの購入が可能である。
窓口付近には奥出雲おろち号の模型が展示されていた。
駅舎内部は待合室になっている。駅舎内には多くの装飾品が飾られている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホーム側駅舎の軒下には「線路横断左右指差確認」と書かれた手書き看板がある。
また、安全第一の手書き看板も存在する。
ホームは島式1面2線で行き違い可能となっている。ホームの幅は狭い。
ホームは駅舎から若干離れた場所に位置している。
駅舎からホームへは通路を通り、構内踏切を渡ってアクセスする。
駅舎やホームから離れた場所には、かつて見張台か何かに使用されていたと思われる謎の小屋が残る。
取材時はアジサイが見ごろであり、美しい花を咲かせていた。

—————————————————
所在地:島根県雲南市
乗入路線
木次線