天竜川駅

東海道線の駅、天竜川の改札画像です。

駅名標。駅番号は”CA-33″。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。2017年9月に新しい橋上駅舎が供用開始された。
橋上化前の駅舎
改札口。橋上駅舎上にあり北口・南口両方からの利用が可能となった
また、橋上化に伴い改札機は新型のEG-5000型に取り替えられた
旧駅舎時代の改札口
ホームは2面3線となっている

————————————————–
所在地:浜松市東区
乗入路線
 東海道線

伊豆長岡駅

伊豆長岡温泉・韮山反射炉最寄駅、伊豆長岡の改札画像です。

駅名標。当駅は特急踊り子号も停車する「いずっぱこ」の主要駅である。
駅舎。左側の背の高い建物が駅舎として利用され、右側は売店となっている。
当駅の駅舎は「ラブライブ!サンシャイン!」のラッピングがなされている。
これは、当駅が作品の舞台である沼津市内浦地区への最寄駅の1つであるためである。
そのため、当駅周辺では大きなカメラを持った「巡礼者」の姿を度々見かける。
ラブライブ!サンシャイン!には伊豆・三津シーパラダイスも登場する。
伊豆・三津シーパラダイスへは当駅からバス連絡となり、ラッピングバスも運行される。
改札口。自動改札機設置駅であり、新型のEG-5000型改札機が導入されている。
ホームは2面3線となっている。

————————————————–
所在地:静岡県伊豆の国市
乗入路線
伊豆箱根鉄道駿豆線

網代駅

伊東線の駅、網代の改札画像です。

駅名標。駅番号導入後、駅番号・四ヶ国語対応の駅名標に更新された。
駅番号導入前の駅名標
伊東線オリジナル駅名標。網代特産のアジにちなみ、魚のイラストが入っている。
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な趣ある木造駅舎である。
駅舎に設置されている駅名標。ホーム駅名標では元気に泳いでいたアジが、ここでは干物となっている。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場の様子。自動券売機が1台設置されているほか、運行情報や時刻表を表示する端末が設置されている。
駅舎内部は待合室となっている。
改札口付近には、お手洗が改札外にあることを示す手書き看板が設置されていた。
お手洗に設置されている案内看板も手書きっぽい雰囲気が感じられるものとなっていた。
ホームは島式1面2線となっており、行き違いが可能である。
ホームはかなり急にカーブしており、通過列車も速度を落として通過する。
駅前の様子。当駅は網代温泉の玄関口であり、駅前には商店が軒を連ねる。

————————————————–
所在地:静岡県熱海市
乗入路線
伊東線

伊豆多賀駅

伊東線の駅、伊豆多賀の改札画像です。

駅名標。駅番号導入に伴い光らないタイプに更新された。
駅番号導入前の駅名標
伊東線オリジナルデザイン駅名標。当駅周辺で盛んなヨットのイラストが入る。
駅舎。駅前広場から少し高い高台に建っている。駅前には桜が植えられており、開花の時期は美しい。
駅舎は趣ある木造駅舎となっている。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
券売機周辺。運行情報・時刻表を表示する端末が設置されている。
駅舎内部は待合スペースとなっている。
ホームは相対式2面2線となっており、行き違いが可能である。
当駅は高台に位置しており、海を望むことができる。
当駅ホームより撮影した駅裏側の様子。ミカン畑等の農地・山林が広がる。

————————————————–
所在地:静岡県熱海市
乗入路線
伊東線

来宮駅

伊東線の駅、来宮の改札画像です。

駅名標。駅番号導入に伴い駅名標が交換され、駅名標は光らなくなった。
駅番号導入前の駅名標
伊東線オリジナルデザイン駅名標。駅付近の熱海梅園にちなみ、梅の花のイラストが入っている。
駅舎。近年リニューアルされてはいるものの、古くからの木造駅舎が残っている。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
内側から見た改札口の様子。出場機は2台設置されていることがわかる。また、精算機も設置されている。
改札口付近には当駅が最寄りである「来宮神社」を案内する手書き看板が設置されていた。
きっぷ売り場の様子。自動券売機が1台のみ設置されている。
駅舎内部は待合室となっている
駅舎からホームへは地下通路で連絡する。
地下通路内には手書きの乗り場案内看板が設置されていた。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。当駅付近では東海道線が並行して通っており、熱海駅折り返し列車用の留置線も当駅構内に設けられている。

————————————————–
所在地:静岡県熱海市
乗入路線
伊東線