日向北方駅

日南線の駅、日向北方の改札画像です。 

駅名標。当駅が最寄りの串間神社のイラストが入る。
駅舎。小ぢんまりとした駅舎は駅前広場より高い位置にあり、階段を登る必要がある。
駅入口の様子。無人駅となっている。
駅舎内部の待合スペース
ホーム側から見た駅舎内部全景
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

————————————— 
所在地:宮崎県串間市
乗入路線
日南線

串間駅

日南線の駅、串間の改札画像です。 

駅名標。当駅は宮崎県最南端の街・串間市の中心部に位置する。
当駅には国鉄時代から残ると思われる駅名標がある。
ホームにある自立式の名所案内
駅舎。コンクリート造りの地平駅舎は串間市が管理しており…
駅舎内には農産物直販所が入居しており、駅舎の半分以上を直売所のスペースが占めている。
駅舎に掲げられた駅名表示は国鉄時代から残るものと思われる。
改札口。串間市観光協会委託の窓口があり、乗車券の購入が可能である。
ホーム側から見た改札口の様子。集札箱が置かれている。
駅舎内部の待合スペース
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。ホームに面していない線路が1線あるが、かつては相対式2面2線のホームを有しているようである。
当駅にも串間市による日南線利用促進看板が設置されており、都井岬の野生馬などのイラストも入っている。
当駅前にはなぜか広電の車両が置かれているが…
これは広島電鉄より譲渡されたもので、串間市の観光案内所や物販施設として利用されている。なぜ広島から400km以上離れた串間で広電の車両なのかは不明である。

————————————— 
所在地:宮崎県串間市
乗入路線
日南線

福島今町駅

日南線の駅、福島今町の改札画像です。 

駅名標
駅舎に取り付けられた駅名標は色褪せている。
駅舎。レトロ感の漂うコンクリート製の駅舎である。
改札口跡。現在は無人駅となっている。集札箱が置かれている。
ホーム側から見た改札口跡。かつてのラッチ跡が残る
かつて窓口があったと思われる箇所は封鎖されている。串間市にある駅に共通しているが、日南線の利用を促進する看板が設置されている。
駅舎内は待合室となっており、木製のベンチが2台設置されている。
ホームは相対式2面2線で行違い可能である。
油津・宮崎方面へは構内踏切を渡る必要がある。

————————————— 
所在地:宮崎県串間市
乗入路線
日南線

福島高松駅

日南線の駅、福島高松の改札画像です。 

駅名標。福島県や香川県高松市にありそうな駅名であるが、福島県でも高松市でもなく宮崎県に位置する。駅名は駅所在地の串間市の旧自治体名「福島町」と駅所在地の集落名「高松」に由来する。当駅は宮崎県であるが、隣の大隅夏井駅は鹿児島県である。
駅舎。小ぢんまりとした駅舎は旧駅舎を縮小して作られたものである。
改札口跡。無人駅となっており改札口は存在しない。集札箱が置かれている。
駅舎内部は待合室となっている。
改札口跡付近から駅舎入口付近を望む。
駅舎からホームへは通路が伸びている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可。畜産王国・宮崎らしく駅の裏には牛舎があり、取材当時は牛舎独特の匂いが駅周辺に立ち込めていた。

————————————— 
所在地:宮崎県串間市
乗入路線
日南線

えびの駅

吉都線の駅、えびのの改札画像です。 

駅名標。当駅はえびの市の代表駅である。かつて加久藤駅という駅名であったが1990年に改名された。
駅舎軒下にも駅名標が設置されているが、英語表記が消えている。
駅舎。旧加久藤駅開業当時からの歴史と趣ある駅舎が残存している。
当駅の駅舎は国の登録有形文化財に指定されている。
改札口跡。現在は無人駅となっている。かつて使用されていたラッチが残っている。
かつての窓口跡が残っている。
駅舎内の待合スペース。歴史ある雰囲気のベンチが設置されている。
駅舎軒下。柱の構造とラッチ跡が歴史を感じさせる。
ホームは島式1面2線。駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する。
構内踏切の様子
ホームは全部が舗装されておらず真ん中部分は草が生えている

————————————— 
所在地:宮崎県えびの市
乗入路線
吉都線(えびの高原線)