東諫早駅

長崎本線の駅、東諫早の改札画像です。

駅名標。諫早市の花であるツクシシャクナゲの写真入りである。駅名標の下には「旅すればすてき…長崎路」とキャッチフレーズが書かれているが、これは当駅独自のもので、他駅では見られない。
駅入口。当駅には駅舎はなく、ホームのみの駅となっている。ホームは盛り土上の高い位置にあるため、階段を上る必要がある。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。自動券売機も未設置である。ホームへはダイレクトに行くことができる。
上り線側ホームである2番のりばのホーム入口付近には国鉄デザインの駅名標が設置されている。
上り線側の2番のりばへは構内踏切を渡って移動する。なお、当駅に停車する普通列車は、行違い等がない場合、原則として上下線ともに1番のりばから発着することが多いようである。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。

—————————————
所在地:長崎県諫早市
乗入路線
長崎本線

諫早駅

長崎本線・大村線・島原鉄道の駅、諫早の改札画像です。

JR長崎本線・大村線駅名標。当駅は長崎県第3の都市である諫早市の玄関口であり、長崎本線と大村線の接続駅である。
JR線の自立式駅名標。JR九州デザインであるが、吊り下げ式同様に名所・名物のイラストは入っていない。
駅舎。長崎新幹線建設に伴い近年新しい橋上駅舎に改築された。取材時は駅ビルの整備工事が行われていた。
改札口。SUGOCA等の交通系IC対応の自動改札機が設置されている。なお、交通系ICは長崎本線長崎方面、および大村線当駅ー竹松間でのみ使用できる。長崎本線の東諫早駅以遠および大村線松原駅以遠では使用できないため注意。
駅舎内部。自由通路となっており、ミスド・ファミマ等の店舗が複数入居している。
自由通路の端にはベンチが複数置かれている。
待合室は改札内に小ぢんまりとしたものが設置されている。
JR線ホームは2面4線となっている。
当駅に進入するアルミ缶817系使用の、長崎本線の当駅止まり普通列車。当駅は長崎地区における主要駅であるため、長崎本線新線(市布経由)・旧線(長与経由)・大村線いずれも、当駅始発・終着となる列車が存在する。
当駅のホームからは、建設中の長崎新幹線ホームの様子も見ることができる。当駅では、長崎新幹線は地上駅となるようである。
島原鉄道駅名標。島原鉄道は当駅を起点とし、島原半島東海岸の海岸線に沿うように走り、島原港駅に至る非電化の路線である。駅名標は、路線図や社章・マスコットキャラが入ったにぎやかなデザインとなっている。
島原鉄道の駅は、JR線と同じ橋上駅舎内に入居している。改札は分かれているものの、乗り換え自体は屋根の下で荒天時にも濡れずに乗り換えができる。
島原鉄道改札口。有人駅であり、券売機および窓口で切符の購入が可能である。
島原鉄道ホームは単式1面1線の棒線駅となっている。横にあるホームはJR線のホームである。
島原鉄道は日本初の蒸気機関車が走った路線として知られており、ホームにはそのことを示す看板がJR線ホームからも見えるように設置されている。

—————————————
所在地:長崎県諫早市
乗入路線
長崎本線
大村線
島原鉄道

西諫早駅

長崎本線の駅、西諫早の改札画像です。

JR九州デザインの駅名標。比較的最近取り替えられたものと思われ、綺麗な状態である。諫早の名所である諫早眼鏡橋の写真が入っている。なお、諫早眼鏡橋の最寄駅は当駅ではなく、隣の諫早駅および島原鉄道本諫早駅である。
JR九州デザインの駅名標。手書きの古いタイプの駅名標も設置されており、新しいもの同様、諫早眼鏡橋のイラスト入りである。設置から時間が経ったためか、表面が薄汚れている。
JR九州デザインの変則タイプも設置されており、こちらはイラストが入っていないほか、漢字表記、英語表記、駅所在地の場所が通常タイプとかなり異なっており、違和感を感じる。
国鉄デザイン駅名標。下り長崎方面ホームに設置されているもので、国鉄時代より残るものと思われる。英語表記がない。
駅舎。三角屋根が特徴的な地平駅舎となっている。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。駅舎が地上にあるのに対し、ホームは盛土上のやや高い位置にあるため、改札から地下通路を通り連絡する。
きっぷ売り場の様子。自動券売機があるほか、窓口で乗車券の購入が可能となる。窓口閉鎖中は無人となる。
窓口の「きっぷうりば」の表示は、国鉄みが感じられるフォントとなっている。
ホームは相対式2面2線となっている。前述の通り、ホームは盛土上に設けられている。また、上下線の感覚が若干広くなっている。
改札内にある、西諫早駅で切符を買うように啓蒙する看板は、手書きっぽい雰囲気が漂う。
また、改札から下り長崎方面ホームへ向かう通路の入り口付近には、「下り長崎方面」と書かれた手書きっぽい看板が設置されている。

—————————————
所在地:長崎県諫早市
乗入路線
長崎本線

喜々津駅

長崎本線の駅、喜々津の改札画像です。

JR九州デザインの自立式駅名標。名物のイラストは入っていない。当駅は長崎本線の新線(市布経由)と旧線(長与経由)の分岐駅である。市布経由の新線は特急かもめが通ることもあり電化されているが、長与経由の旧線はトンネル断面が小さいこともあり、非電化となっている。
国鉄時代から残ると思われる自立式駅名標。当駅ー浦上間は新線(市布経由)と旧線(長与経由)で経由地が異なるため、長崎地区各駅の発車案内では市布経由佐世保行き、といったように経由地も含めて案内される。
駅舎に取り付けられた、水戸岡デザインの駅名標。水戸岡デザインの駅名標は量産型となっており、駅名だけを変えたものが他の駅にも設置されている。
駅舎。当駅の駅舎は開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場の様子。自動券売機があるほか、みどりの窓口も設けられている。
駅舎内部は待合室となっており、木製のベンチが設置されている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いおよび折り返しが可能である。一部の列車は当駅始発・終着となる。また、当駅から諫早方面は複線区間であるが、長崎方面は新線(市布経由)・旧線(長与経由)とも単線となる。
1番のりばには国鉄時代より残ると思われる行灯タイプの番線標がある

—————————————
所在地:長崎県諫早市
乗入路線
長崎本線
長崎本線(長与支線)

市布駅

長崎本線の駅、市布の改札画像です。

駅名標。当駅は長崎本線のうち、喜々津ー市布ー浦上間の新線にある駅である。新線を経由する快速シーサイドライナーおよび普通列車は、当駅駅名をとって「市布経由」と案内される。なお、旧線経由の列車は、「長与経由」と案内されている。
駅舎。駅員詰所と地下道入り口があるのみの、小ぢんまりとした駅舎である。
駅舎内部。無人駅となっており、自動券売機、IC専用簡易改札機等が設置されている。
簡易改札機は地下道入り口部分に置かれており、ホームへはこの地下道を経由してアクセスする。
ホームは島式1面2線となっており、行違いが可能である。ホームの幅は比較的狭く、屋根はごく一部しか設けられていないため、雨天時の列車待ちにはあまり向いていない駅である。

—————————————
所在地:長崎県長崎市
乗入路線
長崎本線