川棚駅

大村線の駅、川棚の改札画像です。

駅名標。水戸岡デザインの量産型駅名標となっている。当駅は東彼杵郡川棚町の中心駅であり、快速シーサイドライナーも停車する。
2021年春設置の新デザイン駅名標。虚空蔵山とクジャク園のクジャクがデザインされている。シンボルマークは虚空蔵山の中腹に位置し、日本の棚田百選にも選ばれた「日向の棚田」となっている。
当駅には川棚町の観光名所の写真入りの看板がある。
駅舎。鉄筋コンクリート造りの、横に長い駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、改札ラッチが残る。
改札内から見た改札口の様子
きっぷ売り場。自動券売機があるほか、窓口で乗車券の購入も可能である。
駅舎内部は広々としており、待合スペースも設けられている。
ホームは2面2線となっており、列車の交換が可能である。
上り早岐・佐世保方面ホームの屋根は歴史を感じさせる造りとなっている。
ホーム屋根の様子。古レールを再利用したものとなっている。
当駅のホームはかつて2面3線であったと思われるが、中線は撤去されており、跡地はスロープとして活用されている。
2番のりば(早岐・佐世保方面)へは構内踏切を渡る必要がある。
構内踏切はホームの一部を削って設置されており、その結果、かつてホームであったが今は入ることができないホーム跡がある。ホーム跡にも駅名標が建っており、水戸岡デザインのものへ交換もなされている。
当駅のワンマンミラーの下には乗務員向けの「出発はよいか?」と書かれた看板がある。

—————————————
所在地:長崎県東彼杵郡川棚町
乗入路線
大村線

彼杵駅

大村線の駅、彼杵の改札画像です。

駅名標。「彼杵」と書いて「そのぎ」と読む難読駅名である。なお、彼杵という地名自体は、東彼杵郡、西彼杵郡の郡名として、大村湾を取り囲むように広範囲に分布している。
2021年春設置の新デザイン駅名標。東彼杵町のクジラと特産品であるそのぎ茶のロゴマークがデザインされている。
駅舎には、国鉄スタイルの駅名標も取り付けられている。当駅は東彼杵町の中心駅であり、快速シーサイドライナーも停車する。
当駅からは嬉野方面へJR九州バスが発着しており、ホーム上には手書きと思われる乗り換え案内看板が設置されている。
当駅の名所案内も、嬉野温泉が紹介されている。なお、嬉野温泉は県境を越えた佐賀県嬉野市に位置する。西九州新幹線開業後は、新幹線に嬉野温泉駅が設けられるため、嬉野温泉への玄関口としての役目を同駅に譲ることとなる。
ホーム上には東彼杵町のPR看板が設置されている。東彼杵町は長崎県有数のお茶の産地として知られ、看板には茶畑の写真が入っている。
駅舎。近年改築された、比較的新しい駅舎となっている。
改札口。有人駅となっている。
きっぷ売り場。自動券売機があるほか、窓口で乗車券の購入が可能となっている。
駅舎内部は小ぢんまりとしており、待合スペースはわずかである。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
当駅ではしばしば列車の交換が行われる。
諫早・長崎方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホーム下には「反対側降車禁止」と書かれている。

—————————————
所在地:長崎県東彼杵郡東彼杵町
乗入路線
大村線

千綿駅

大村線の駅、千綿の改札画像です。

2021年春設置の新デザイン駅名標。千綿駅から見える大村湾と美しい夕日がデザインされている。シンボルマークは「千綿渓谷」となっている。
以前設置されていた駅名標は国鉄スタイルの手書き駅名標であった。
以前設置されていた駅名標は隣駅表示が消された状態で、ホームとは逆側を向けて設置されている。
手書きではない国鉄スタイルの駅名標もある。
駅舎には青地・白文字の駅名標も設置されている。
ホーム上には東彼杵町が設置した名所の写真入りの名所案内がある。
駅舎。開業当時から残っていそうな見た目だが、1993年に先代の木造駅舎をモチーフに改築されたものであり、築30年程度である。
駅舎に掲げられた1種駅名標は木製・手書きのものである。
夜の千綿駅も風情があって良いものである。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
取材時、駅舎内にはカフェ「千綿食堂」が開設されていたが、契約期間満了に伴い2022年春をもって閉店となった。現在はフラワーショップが入居しているようである。千綿食堂はランチタイム等には順番待ちになるほどの人気であった。なお、乗車券類の販売も千綿食堂で行っていた。
「千綿食堂」営業時間外の様子
駅舎内部は待合室となっており、千綿食堂営業時間中は飲食スペースとして使用されていた。
駅舎内には本棚が置かれている。
また、「ちわた」と書かれた掲示板が設置されており、レトロ感を演出している。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎ホーム側にもベンチが設けられている。
駅舎からホームへは階段を上がる必要がある
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可能となっている。ホームはゆるくカーブしている。
当駅は「海の見える駅」として知られており、海が見えるロケーションから、青春18きっぷのポスターなどにも採用され、近年はInstagramなどの影響で、フォトジェニックな駅として知られるようになった。
当駅は海岸線に沿って走る区間の多い大村線の中でも最も海に近い場所にある駅であり、線路のすぐそばまで海が迫る。内海である穏やかな大村湾越しには、対岸である西彼杵半島を望むことができる。
カフェのあるフォトジェニックな駅ということもあり、当駅ではスマホを持った若い女性や親子連れが、列車の写真を撮ったり列車に手を振ったりする姿を見ることができる。

—————————————
所在地:長崎県東彼杵郡東彼杵町
乗入路線
大村線

松原駅

大村線の駅、松原の改札画像です。

駅名標。国鉄デザインの駅名標となっている。
手書きの国鉄デザイン駅名標も設置されている。
2021年春設置の新デザイン駅名標。野岳湖公園がデザインされている。シンボルマークは大村銘菓である「へこはずしおこし」となっている。
また、駅舎のホーム側には、漢字表記のないタイプの駅名標も設置されている。
また、ホーム上には手書きの名所案内も残る。kmの表記が「粁」と漢字表記となっておりポイントが高い。
駅舎。鉄筋コンクリート造りと思われる、レトロな雰囲気が漂う駅舎である。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。竹松駅以南と異なり、SUGOCA等の交通系ICが利用不可なため、IC専用簡易改札機は設置されていない。
駅舎出入り口付近には集札箱が設置されている。
駅舎内部は比較的広々としており、自動券売機が設置されている。
駅舎内部。わずかながら待合スペースが設けられている。
駅舎からホームへは連絡通路を渡る必要がある。
連絡通路の途中で錆び付いた線路と交差するが…
これはかつて使用されていた引き込み線の跡である。
引き込み線は、九州電力大村火力発電所(廃止済み)に通じていたようである。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能となっている。
諫早・長崎方面ホームへは構内踏切を渡って移動する。
当駅では、しばしば列車の行き違いが行われる。取材時は、引退が迫った国鉄型のディーゼルカー同士がすれ違う様子を見ることができた。
当駅付近からは、山側に西九州新幹線の高架を見ることができる。

—————————————
所在地:長崎県大村市
乗入路線
大村線

竹松駅

大村線の駅、竹松の改札画像です。

駅名標。水戸岡デザインの量産型駅名標が設置されている。
国鉄デザインの手書き駅名標も設置されている。
2021年春設置の新デザイン駅名標。黒丸踊と大村純忠史跡公園がデザインされている。シンボルマークは郡川に残る河童伝説のやさしいかっぱとなっている。
駅舎。近年改築された、比較的新しい駅舎となっている。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。なお、大村線でSUGOCA等の交通系ICが使用できるのは当駅から諫早・長崎方面のみである。千綿・ハウステンボス・早岐・佐世保方面へは利用できないので注意。
内側から見た改札口の様子。ICチャージ機や集札箱も設置されている。
きっぷ売り場。自動券売機があるほか、窓口で乗車券の購入が可能である。
駅舎内部は小ぢんまりとしており、待合スペースはわずかに設けられているのみである。
ホームは相対式2面2線で行き違い・列車折り返しが可能である。ホームは千鳥配置となっている。大村線では、日中を中心に当駅で長崎方面へ折り返す列車が存在する。
諫早・長崎方面(当駅始発を除く)ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
以前は、当駅駅舎反対側(駅裏)から直接乗車できる通路があったようであるが、現在は新幹線工事に伴い封鎖されている。駅構内には駅裏通路用のIC簡易改札機も設置されているが、通路封鎖に伴い使用停止となっている。
当駅付近では大村線の線路に沿って長崎新幹線の高架が通っている。長崎新幹線は、当駅ー諏訪間の大村線隣接地に「新大村駅(仮称)」が設けられる予定になっており、大村線にも新駅が設けられる予定である。
駅構内のワンマン確認ミラーには「車載器はよいか?」と書かれた看板が取り付けられている。
別のミラーには、「再度確認!出発!」と書かれた看板が設置されている。
ホーム脇には、しれっと安全第一の石碑が設置されている。
当駅構内には、名物のカッパ像が設置されている。カッパの親子をかたどった像であるが、父親は陰部を握った状態であり、母親は乳房をモロ出しにした挙句、やはり陰部に手を当てている。なかなかのインパクトがあるためか、某テレビ番組でも紹介されたようで、当駅の隠れた名物となっている。

—————————————
所在地:長崎県大村市
乗入路線
大村線