新札幌駅

千歳線の駅、新札幌の改札画像です。

駅名標。当駅は千歳線の主要駅であり、札幌市営地下鉄東西線新さっぽろ駅との接続駅でもある。当駅には特急おおぞら・とかち・北斗・すずらん号、特別快速・快速エアポート号を含む全ての列車が停車する。
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている。札幌市内の駅であることを示す[札]マークが入っている。
当駅には国鉄っぽい雰囲気ののりかえ案内看板が設置されている。
駅舎。当駅は高架駅となっており、駅に隣接して駅ビルが設けられている。
改札口。有人駅であり、Kitaca対応の自動改札機が設置されている。当駅の利用者数はJR北海道管内では札幌駅、手稲駅に次いで第3位である。
ホームは相対式2面2線となっている

—————————————
所在地:札幌市厚別区
乗入路線
千歳線

高茶屋駅

紀勢本線の駅、高茶屋の改札画像です。

自立式駅名標
壁掛式駅名標
駅舎。屋根から張り出した庇と柱が特徴的な、趣ある木造駅舎となっている。
駅入口付近に設置された1種駅名標は木製のものとなっている。
当駅は通常時、無人駅となっている。しかし、当駅はイオンモール津南の最寄駅のため、土休日を中心に中高生の利用が多くみられる。そのため、臨時で係員による集改札が行われることがある。
かつての窓口跡は封鎖されている。自動券売機等は設置されていない。
駅舎内部の待合スペース
当駅のホーム上屋は木造の趣ある造りとなっている
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いが可能となっている。
上下線ホームの行き来は跨線橋にて行う。

—————————————————
所在地:三重県津市
乗入路線
紀勢本線

穴吹駅

徳島線の駅、穴吹の改札画像です。

駅名標。穴吹工務店とは一切関係ない。当駅は徳島線における主要駅であり、特急剣山号を含む全列車が停車する。徳島方面からの列車は半数近くが当駅始発・終着となり、阿波池田方面への本数は減少する。
当駅に設置されている名所案内。徳島線の特急名の由来にもなった四国の名峰・剣山(つるぎさん)が書かれているが、当駅からは51kmも離れている。
駅舎。三角屋根が特徴的な木造駅舎となっている。
改札口。当駅は有人駅となっており、係員による集改札が行われる。
きっぷうりばの様子。みどりの窓口が設けられているほか、自動券売機も設置されている。
みどりの窓口に掲げられた「きっぷうりば」の文字からは、国鉄っぽい雰囲気が感じられる。
同様に、自動券売機付近にある「自動きっぷうりば」の文字からも、国鉄っぽい雰囲気が感じられる。
駅舎内部は比較的広々とした待合スペースとなっている。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。なお、駅構内にはこのほかに側線が2線ある。
当駅ですれ違う特急剣山号と普通列車。剣山号は全ての列車が当駅に停車する。
ホーム上に設けられている上屋は木造となっている。
ホーム上屋からは趣ある雰囲気が感じられる。
駅構内には謎の小屋が建っているが…
小屋の土台には手書きで「安全」と書かれている。
このほかにも、当駅構内にはもじ鉄案件が豊富であり、ホーム入り口付近の柱には手書きの番線標が設置されている。数字を○で囲み①②のように表記するのは四国地区でよく見られる。
ホーム上屋の壁にも手書き番線標が設置されている。画像は1番のりばの番線標。
ホーム上屋の壁に設置された2番のりばの手書き番線標。
駅前には、駅舎前に駐輪しないよう啓発する手書き看板が設置されている。

—————————————————
所在地:徳島県美馬市
乗入路線
徳島線(よしの川ブルーライン)

日原駅

山口線の駅、日原の改札画像です。

駅名標。当駅には全ての特急スーパーおき号が停車する。
駅舎。簡易郵便局と合築の駅舎となっている。
ホーム出入口。当駅には窓口が設けられているが、係員は集改札業務を行わない。
ホーム側から見たホーム出入口の様子
駅舎内部。広々としており、駅舎内には簡易郵便局が入居している。簡易郵便局に隣接して窓口があり、ここで乗車券類の購入が可能である。しかし前述の通り、係員は発券業務のみを行い、集改札業務は行わない。
駅舎内部は天井が高く開放感ある造りとなっている。
ホームは2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
駅舎反対側ホームの2番のりばには木造の待合室が設けられている
ホーム同士の行き来は構内踏切にて行う

ホーム上には「星のふる里 にちはら」と書かれた看板が設置されている。
—————————————
所在地:島根県鹿足郡津和野町
乗入路線
山口線

小海駅

小海線の駅、小海の改札画像です。

駅名標。八ヶ岳と星空をモチーフとした小海線オリジナルデザインである。当駅は小海線の主要駅の1つであり、一部列車は当駅で小諸方面に折り返す。
写真入り駅名標。小海町内にある松原湖と八ヶ岳連峰の写真が入っている。海なし県・信州にあるにも関わらず地名に「海」が入るのは、約1200年前に八ヶ岳の水蒸気爆発によって2つの湖ができ、小さな湖の方を「小海」と呼んだことに由来するようである。
駅舎。時計台のある洋風デザインの駅舎は、JA長野八ヶ岳の支所・診療所・ショッピングセンターとの合築となっている。
実質的に駅舎として使用されているのは、時計台の直下にあるこの部分のみとなっている。
駅前広場には、石を積んで作られた屋根付きの駅名表示がなされている。
改札口。当駅は有人駅となっており、係員による集改札が行われる。
切符売り場の様子。かつてはみどりの窓口が営業していたが、現在は閉鎖され、代わりに指定席券売機が設置された。
駅舎内部には待合室が設けられている。
前述の通り駅舎は他施設と合築となっている。駅舎に向かって左側にはショッピングセンターが入居しているが、取材時は営業時間外であった。
駅舎に向かって右側にはJAの支所と診療所がある。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
駅舎反対側の2・3番線ホームへは構内踏切を渡る必要がある。画像には跨線橋らしきものも写っているが、これは自由通路であり、改札外での利用となる。
構内踏切付近のホーム下には「このホーム、2番線、3番線です」と手書きで書かれている。
2・3番線ホームには小ぢんまりとした上屋と待合スペースがある
この上屋に設置されている番線標は手書きと思われる
また、2番線には別の手書きと思われる番線標も設置されている。
2番線・3番線ホーム上に設置されている海抜の碑。最高地点である野辺山駅が1,345mであるため、500m近くも標高が低いことがわかる。
ホームから小諸方を望む。係員詰所と思われる建物に向けて細い通路が伸びている。
付近には錆びついた転動防止の看板が設置されている。

—————————————
所在地:長野県南佐久郡小海町
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)