長町駅

仙台市の副都心、長町の改札画像です。

上りホーム駅名標。東北本線のほか、常磐線と仙台空港アクセス線の列車も乗り入れる。そのため、3路線のラインカラーが表示されている。
下りホーム駅名標。こちらは東北本線のラインカラーのみ表示。
東北新幹線に並行した高架線となっており、当駅も高架駅である。 当駅周辺は副都心「あすと長町」として再開発されており、 IKEA等の大型商業施設やタワーマンション、震災の仮設住宅が建ち並ぶ。
JR線改札。当駅の利用者数は宮城県内のJR駅では仙台、あおば通、名取、南仙台に次ぐ第5位。
地下鉄駅名標。当駅の副駅名は「IKEA(イケア)前」。JR線の東側にIKEA仙台店があり、当駅が最寄り。
仙台市地下鉄南北線の駅名標の色は方向により異なる。泉中央行きが青なのに対し、富沢行きは赤である。
地下鉄改札

—————————————
所在地:仙台市若林区
乗入路線
東北本線
常磐線)
仙台空港アクセス線)
仙台市地下鉄南北線

磐城石川駅

水郡線の駅、磐城石川の改札画像です。

駅名標
駅舎。当駅周辺は水郡線沿線でも大きな町の1つであることもあり、当駅には国鉄時代からの立派な駅舎が残る。
駅舎に取り付けられた駅名標は国鉄時代から残るものと推測される。
また、駅舎の壁にダイレクトに取り付けられたタイプの駅名表示も存在する。
改札口。水郡線では数少ない有人駅の1つであり、沿線全体で見ても利用者の多い駅の1つである。
きっぷ売り場は自動券売機が2台設置されており、1台は指定席券売機である。近年までみどりの窓口が存在したが、現在は廃止されている。
駅舎内部は待合室となっている。
ホームは2面3線となっており、列車の交換および行き違いが可能である。
郡山方面ホームである2番線・3番線へは構内踏切を渡って移動する。
郡山方面ホームの構内踏切付近の柱には「郡山方面」と書かれたホーロー製の方面表示が残る。
郡山方面のホーロー看板は複数存在する。なお、水戸方面にはホーロー看板は残っていないものと推測される。
構内踏切付近には手書きと思われるお願い看板も設置されている。

————————————— 
所在地:福島県石川郡石川町
乗入路線
水郡線

上夜久野駅

山陰本線の駅、上夜久野の改札画像です。

駅名標、当駅は京都府の山陰本線の駅では最西端に位置する。
駅舎、跨線橋に小屋をつけたような駅舎になっている。
駅入口には待合スペースが設けられているが、自転車小屋にベンチを入れたような作りである。
跨線橋の入口には券売機や案内標などが設置されている。
券売機周辺、TV型の案内モニターになっている。
跨線橋内部には土石流や地すべりの特徴が書かれた板が張り付けてある。
ホームは島式1面2線のホームで行き違いが可能となっている。
ホーム上には趣のある待合室が存在する。

—————————————
所在地:京都府福知山市
乗入路線
 山陰本線

南大東駅

木次線の駅、南大東の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。沖縄県の南大東島とは関係はない。
駅入口。当駅には駅舎はなく、ホーム上に小さな待合室があるのみである。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム上の待合室。木製のベンチが設置されている。

—————————————————
所在地:島根県雲南市
乗入路線
木次線

和寒駅

宗谷本線の駅、和寒の改札画像です。

駅名標。当駅には特急サロベツ・宗谷号、快速なよろ号も停車する。
別タイプの自立駅名標。近年設置されたと思われ、文字のフォントが異なる。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。黄色と緑を基調とした、カラフルで明るい印象を与えるデザインの駅舎である。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部は待合室となっている。
取材時、「宗谷線120年の歴史」と題したパネル展示がなされていた。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能。ホームは千鳥式の配置となっている。

—————————————
所在地:北海道上川郡和寒町
乗入路線
宗谷本線