多良駅

長崎本線の駅、多良の改札画像です。

駅名標。JR九州デザインとなっており、比較的最近交換された新しいものと思われる。太良町の名産であるミカンのイラストが入っている。
国鉄時代からの手書き駅名標も残る。なお、駅名は「多良」駅であるが、駅所在地の自治体名は「太良」町であり、表記が異なる。
また、国鉄時代から手書き名所案内も残る。多良岳は佐賀県最高峰を誇る山である。当駅からは徒歩3時間であり、なかなかのスケール感である。
駅舎。クリーム色の外壁と茶色の屋根が特徴的な地平駅舎であり、三角屋根の庇が趣を感じさせる。
駅舎に掲げられた1種駅名標は手書きと思われる。
また、駅前には鳥居型の1種駅名標もあり、こちらも手書きと思われる。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつては窓口が営業していたが、2020年春をもって終日無人駅となった。
駅舎内部は待合室となっており、小さな本棚も置かれている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いおよび折り返しが可能となっている。一部、当駅で肥前山口方向へ折り返す列車が存在する。
当駅の1番のりばホーム上には、「幸せの鐘」と称する鐘が設置されている。
当駅ホーム上には、太良町名産のカニ・ミカン・温泉をPRする看板がある。しかし、カニ、ミカン、温泉いずれも、他に日本一がありそうということは言わないお約束である。
当駅のホームにはかもめの乗車位置案内の跡が見られる。これは、かつて当駅に停車する定期かもめ号があった名残である。近年まで、カニのシーズンである冬期には当駅に臨時停車する列車もあったようであるが、現在はなくなってしまったようである。

—————————————
所在地:佐賀県藤津郡太良町
乗入路線
長崎本線

新平野駅

小浜線の駅、新平野の改札画像です。

駅名標
駅舎。鉄筋コンクリート造りの簡易的な駅舎となっている
駅舎に掲げられた1種駅名標は趣ある雰囲気が漂う
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホームへ向かう通路には集札箱が置かれている
駅舎内部。比較的広々とした待合スペースである。自動券売機はないが、自動販売機が置かれている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可能となっている。
当駅は現在棒線駅であるが、かつては列車の行き違いが可能であったようである。線路は当駅手前で不自然に曲がっているが、これは分岐のポイントを撤去した名残と思われる。
また、ホームをよく見ると島式ホームのような形をしており、かつては島式ホームであったことが伺える。
ホームから駅舎へも、かつては構内踏切で連絡していたと思われ、ホームから駅舎へ向かう導線からその名残が感じられる。現在の駅舎は棒線化後に建てられたため、残念ながら構内踏切があったと断言できる決定的な痕跡はみられない。

—————————————
所在地:福井県小浜市
所属路線
小浜線

野州山辺駅

東武伊勢崎線の駅、野州山辺の改札画像です。

駅名標。隣の韮川駅は群馬県であるのに対し、当駅は栃木県となる。太田市(群馬)と足利市(栃木)では、県こそ違うものの市街地は一体化しており、相互流動も非常に盛んである。なお、伊勢崎線は当駅ー県間の5駅のみが栃木県に属しており、多々良駅からは再び群馬県へ入る。
自立式駅名標。駅名につく「野州」は栃木県の旧国名である「下野」に由来するものであり、東武線の駅に特徴的な旧国名の付け方である。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。
駅舎の様子
改札口。当駅は無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
改札内から見た改札口の様子。改札ラッチの跡が残る。
改札口付近にはのりば案内の古い看板がある。
改札口を入ってしばらく進むと、ホームへの階段が現れる。
同じ箇所から改札口方向を望む
ホームへの階段付近にも、古いのりば案内看板が残る。
ホームは島式1面2線で列車の行き違いが可能となっている。当駅の横にはスーパー(ヤオコー)やパチ屋(ダイナム)、コンビニ(ローソン)等、店舗が比較的多い。

————————————————–
所在地:栃木県足利市
乗入路線
東武伊勢崎線

京急新子安駅

京急本線の駅、京急新子安の改札画像です。

駅名標。駅名に京急がつくが、これは当駅付近にJR新子安駅があるためである。当駅には普通列車のみが停車する。
旧デザイン駅名標。かつては白地のデザインであった。
駅舎。橋上駅舎となっている。JR新子安駅とは駅前広場を挟んで向かい合っており、徒歩2分程度で連絡できる。
駅舎。橋上駅舎となっている。JR新子安駅とは駅前広場を挟んで向かい合っており、徒歩2分程度で連絡できる。
改札口。自動改札機が3通路設置されている。
ホームは相対式2面2線となっている

—————————————
所在地:横浜市神奈川区
乗入路線
京急本線

山陽塩屋駅

山陽電鉄本線の駅、山陽塩屋の改札画像です。

駅名標。近隣にJR塩屋駅があり、区別するため社名がついている。JR塩屋駅へは徒歩連絡が可能である。
イラスト入りの名所案内。当駅付近にある旧グッゲンハイム邸と山陽電車が描かれている。
駅舎。当駅は高架駅となっている。
駅前は非常に手狭であり、駅前広場どころか車の通行すら怪しいレベルの狭い道幅となっている。
改札口。自動改札機が設置されているが、無人駅となっている。係員に用事のある際はインターホンを使用しよう。
ホームは相対式2面2線となっている
当駅付近には山陽本線(JR神戸線)が並行して走っている。

—————————————
所在地:神戸市垂水区
乗入路線
 山陽電鉄本線