安平駅

室蘭本線の駅、安平の改札画像です。

駅名標
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。近隣にある三川駅、古山駅、栗丘駅と似たデザインとなっている。
駅舎に掲げられた駅名表示はそこはかとなく国鉄の雰囲気が漂う。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。かつての窓口跡は封鎖されている。
駅舎内部は待合室となっている。
ホームは相対式2面2線となっている。ホームの配置は上下線が千鳥配置の構造となっている。

—————————————
所在地:北海道勇払郡安平町
乗入路線
室蘭本線

柴又駅

京成金町線の駅、柴又の改札画像です。

駅名標。当駅は柴又帝釈天の最寄り駅であり、駅周辺は山田洋次監督・渥美清主演の「男はつらいよ」の舞台でもある。
ホームには旧デザインの自立式駅名標も残されている。
駅舎。駅舎の外観は「男はつらいよ」の世界観を考慮した和風のデザインとなっており、関東の駅百選に選定されている。
改札口。自動改札機が4通路設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、行き違い可能である。高砂駅・金町駅がどちらも1面1線の構造であるため、当駅で必ず列車交換が行われる。
金町方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホームから構内踏切を望む。金町方面ホームの金町方には…
かつての改札口跡があり、ラッチも残っている。無論、現在この改札口は使用されていない。
駅前に立つ、「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎像。休日を中心に、当駅周辺には柴又帝釈天を訪れる観光客や「男はつらいよ」のファンの姿を多数みることが出来る。

—————————————————
所在地:東京都葛飾区
乗入路線
京成金町線

大樹駅

国鉄広尾線の駅、大樹の廃駅画像です。

駅名標。当駅は国鉄広尾線の廃線に伴い1987年に廃止された。
駅舎。営業当時の鉄筋コンクリート製駅舎が残っており、現在は企業の事務所として使用されている。
駅舎のホーム側にはかつて使用されていたポイント転換器と思われる遺構が残る。
ホーム跡は現在も残っており、相対式2面2線で千鳥配置となっていたことが伺える。線路のあったスペースは現在芝生敷となっている。

————————————— 
所在地:北海道広尾郡大樹町
乗入路線
 広尾線

鶴田駅

日光線の駅、鶴田の改札画像です。

駅名標。レトロ調の日光線オリジナルデザインとなっている。
駅舎。2014年に建てられた比較的新しい駅舎である。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
券売機は指定席券売機と自動券売機が設置されている。
駅舎内部の待合スペース。運行状況・時刻表表示モニタが設置されている
駅舎からホームへは跨線橋を渡る必要がある。
当駅の跨線橋は1911年に建てられたもので、100年以上もの間使用されている。2008年度に近代化産業遺産に指定されている。
跨線橋内部の様子
ホームから跨線橋を望む。跨線橋の支柱等が歴史が感じられる造りとなっている。
ホームは島式1面2線で行き違いが可能である。

 —————————————
所在地:栃木県宇都宮市
乗入路線
日光線

恵比島駅

留萌本線の駅、恵比島の改札画像です。

駅名標
駅舎。一見すると、左側の立派な木造駅舎が当駅の駅舎のように思えるが…
左側の建物は、NHK連続テレビ小説「すずらん」の撮影で当駅が使用された際に、「明日萌駅」の駅舎として撮影用に建てられたセットである。内部は立入禁止となっている。
当駅の駅舎は右側の、廃車体を転用した建物である。駅舎外側は板張りとなっており、一見すると廃車体を転用したようには見えない造りとなっている。
駅舎内部。待合室として使用されている。当駅は無人駅となっており、ホームへダイレクトに行くことができる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
明日萌駅駅舎(撮影セット)のホーム側、改札口付近の様子。ラッチやベンチ等、レトロ駅舎の雰囲気が感じられる造りとなっている。
また、「明日萌駅」の駅名標も設置されている。この看板の製作者は、レトロな雰囲気が感じられるようにデザインしたつもりであるのだろうが、看板マニアが見ると一発で偽物であるとわかる、レトロ感など一切感じられないような造りとなっている。
そのほか、当駅前には「すずらん」のロケに使用されたセットがいくつか残されている。いずれも内部には立ち入ることができず、外から眺めるのみとなる。
同じくすずらんの撮影で使用されたセット。
当駅前には鐘が設置されている。「すずらん」の放送から20年が過ぎた今、この鐘が年に何度鳴るのかは不明である。将来、留萌線が廃止になるようなことがあれば、今よりも鳴る回数は減ってしまうかもしれない。なお、取材班はすずらんは1話たりとも見ていないが、意味もなく3回程度鳴らしておいた。

—————————————
所在地:北海道雨竜郡沼田町
乗入路線
留萌本線