網田駅

三角線の駅、網田の改札画像です。

駅名標。イラストは入っていない。
熊本支社管内に比較的多く設置されている手書き駅名標はホームから撤去されているものの、取材時は駅舎内に置かれていた。
取材時、筆文字タイプのホーロー縦型駅名標が残っていた。綺麗に撮影するためには草枯れする冬季の訪問が推奨される。
当駅設置の名所案内看板。「御輿来」は「おこしき」と読み、日本の「渚百選」「日本の夕陽百選」にも選定された景勝地であるようである。
駅舎。当駅の木造駅舎は熊本県内最古の駅舎であり、国の登録有形文化財にも登録されている。
駅舎外壁には陶器製と思われる駅名標が取り付けられていた。
改札口。当駅には窓口が設けられているものの、集改札は行われない。
ホーム側から見た改札口の様子。木製の改札ラッチが残っている。
駅舎内部には網田レトロ館が入居しており、当駅の窓口は網田レトロ館委託の簡易委託窓口となっている。
駅舎内部は待合室となっており、レトロ感ある木製ベンチも設置されている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。三角線内では住吉駅同様ただ2つの交換可能駅である。
ホーム同士の行き来は構内踏切にて行う。
当駅駅前に設置の散策マップ。御輿来海岸および当駅の木造駅舎が表示されている。
散策マップ横には当駅の駅舎に関する説明看板が設置されている。

————————————— 
所在地:熊本県宇土市
乗入路線
三角線(あまくさみすみ線)

箱石駅

山田線の駅、箱石の改札画像です。

駅名標
駅入口。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅となっっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。駅前広場とホームとの間には高低差があるため、待合室も高床式となっている。
待合室に取り付けられた1種駅名標は手書きとなっている。
待合室内部の様子。当駅の待合室は比較的新しい、小ぢんまりとしたものとなっている。
当駅の発車時刻表。山田線はJR東日本有数の閑散路線であるため本数が上下線合わせて1日9本と非常に少ない。うち2往復は川内ー宮古間の区間列車であるため、県都盛岡とを結ぶ便は1日5本のみである。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。

—————————————
所在地:岩手県宮古市
乗入路線
山田線

新治駅

水戸線の駅、新治の改札画像です。

駅名標
ホーム設置の名所案内
旧駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎が残っていたが、老朽化に伴い2020年に改築された。
旧駅舎は大きく張り出した庇が特徴的であった。
旧駅舎時代の改札口。旧駅舎時代は有人駅であり係員による集改札が行われていたが、仮駅舎移行に伴い無人化された。
旧駅舎時代のきっぷうりばの様子
旧駅舎内部の様子
ホーム側から見た旧駅舎の様子
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いが可能である
ホーム同士の行き来は跨線橋にて行う
跨線橋にはアジサイのイラストが入っていた
ホーム上の待合室には錆びついた方面看板が設置されていた
方面看板は国鉄風のデザインとなっていた
当駅の駅前には意図が不明な謎の標語看板が設置されていた。なお、看板左下に貼ってある「筑西市」のステッカーが剥がれてきており、「協」の文字が見えている。当駅は合併して筑西市となる前は協和町に位置しており、この看板は協和町時代から設置されているものと思われる。

—————————————
所在地:茨城県筑西市
乗入路線
水戸線

京王永山駅

京王相模原線の駅、京王永山の改札画像です。

駅名標。当駅に隣接して小田急多摩線の小田急永山駅が存在し、乗り換えが可能である。京王相模原線と小田急多摩線は当駅と隣の京王多摩センター駅の間、並行して線路が敷かれている。
駅舎。高架駅となっている。当駅と小田急永山駅は別の駅舎となっているが、隣接して駅舎が建っているため、実質一体化している。
改札口。多摩センター駅同様、当駅ー都心間の輸送は京王が優勢となっている。これは、京王では新宿・都営新宿線直通列車が多いことが理由である。

—————————————
所在地:東京都多摩市
乗入路線
京王相模原線

南幌延駅

宗谷本線の駅、南幌延の改札画像です。

駅名標。当駅のかつての両端駅であった安牛駅、上幌延駅は利用者僅少により2021年春のダイヤ改正で廃止となってしまった。理由の1つとして、両駅と当駅の駅間距離が比較的短いため、当駅が利用可能であることが挙げられている。
駅舎。赤い三角屋根が特徴的で、近年改修が実施され外装が美しくなった。駅舎外壁には、当駅駅舎をモチーフとした幌延町キャラクター「ミナミほろりんさん」のステッカーが貼られている。
駅舎内部。当駅の外装改修時に内装もリニューアルされ、美しくなった。
他駅同様、駅舎内部には除雪器具が置かれている。
駅舎内部には「ミナミほろりんさん」のステッカーや当駅の写真等が飾られており、利用者は少ないながらも秘境駅である当駅が地域のシンボルとして地元住民・町から愛着を持って親しまれていることが伺える。
駅舎内部には木製のベンチが置かれており、グリーン座席指定と書かれている。恐らく日本で最も粗末なグリーン指定座席である。
駅舎はホームから若干離れた場所に建っている。
ホームから見た駅舎の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可能である。北海道で比較的よく見られる板張りの短いホームである。

—————————————
所在地:北海道天塩郡幌延町
乗入路線
宗谷本線