鶴居駅

播但線の駅、鶴居の改札画像です。

電照式駅名標、ラインカラー対応となっている。
自立式駅名標。当駅は市川町の中心駅の一つである。
駅舎、趣のある木造駅舎となっている。
駅舎に掲げられた第一種駅名標、比較的大きいタイプになっている。
改札口、IC専用自動改札機と自動券売機が1台ずつ設けられている。
当駅は無人駅となっている為、駅舎に内部にはかつての窓口跡が残る。
駅舎内部には待合用のベンチが設置されている。
車いす用の連絡通路があり、駅の外からダイレクトにホームに向かうことが出来る。
ホームは相対式2面2線のホームで行き違い可能。
駅舎と反対のホームには待合室がある。
当駅に入線する103系普通電車、関西地区ではあまり見かけなくなった103系は播但線では2両編成で見ることが出来る。
ホームには消えかけた改札口へ廻るように呼び掛ける手書き看板がある。
駅舎にも駐車禁止を訴える手書き看板が設置されている。

—————————————
所在地:兵庫県神崎郡市川町
乗入路線
■ 播但線

甘地駅

播但線の駅、甘地の改札画像です。

電照式駅名標、ラインカラー対応となっている。
自立式駅名標
駅舎、木造駅舎となっている。
改札口、IC専用簡易改札機が設置されている。
改札口周辺、有人窓口と自動券売機が1台設置されている。
駅舎内部、ベンチがあり待合室となっている。
駅舎隣にはスロープ用の出入り口があり、改札口を経由せずにホームに向かうことが出来る。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能。
ホーム上にも木製の待合室があり、赤いトタン屋根が良い雰囲気をだしている。
当駅に設置されている番線標は国鉄時代より残るものと思われる。

—————————————
所在地:兵庫県神崎郡市川町
乗入路線
■ 播但線

福崎駅

播但線の駅、福崎の改札画像です。

電照式駅名標、ラインカラー対応となっている。
自立式駅名標、当駅は福崎町の中心駅であり特急「はまかぜ」を含む全ての営業列車が停車する播但線の主要駅となっている。
写真入りの名所案内、寺の観光案内と思われるが文字が消えている為、取材班にはどこか不明。
妙徳山・神積寺の写真入り観光看板。
妙徳山・神積寺の名所案内、成人の日に行われる追儺式Ver.
應聖寺の写真入りの名所案内。
七種の滝の写真入りの名所案内。
七種種の滝と柳田國男生家の写真入りの名所案内。
駅舎、近年リニューアルされた真新しい駅舎に見えるが・・・
実は手前の駅舎は駅舎でく、奥に木造の駅舎がある。
改札口、IC専用簡易改札機が2台設置されている。
券売機はみどりの券売機を含め3台設置されている。
駅舎内部には待合室が設置されている。
待合室内のベンチは特急停車駅ということもあって比較的多い。
ホームは単式・島式2面3線の構造で行き違い・姫路方面への折り返しが可能になっている。
ホームには「危険ですので改札口へお廻りください」と書かれた手書き看板がある。改札口を廻らずに出入りする人がいるかは謎である。
駅構内には物産展などの施設も入居している。

 

—————————————
所在地:兵庫県神崎郡福崎町
乗入路線
■ 播但線

溝口駅

播但線の駅、溝口の改札画像です。

吊下式駅名標。ラインカラー対応の、横が短いタイプとなっている。
自立式駅名標。横が長いタイプとなっている。
西口駅舎。開業当時からのものではないものの、築90年ほどの歴史ある木造駅舎が使用されている。外装は近年リニューアルがなされ、美しくなっている。
西口改札。有人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。当駅は播但線の駅としては、姫路駅・野里駅に次いで利用者が多いようである。
駅舎内部には待合室が設けられている。
駅舎内部の待合スペースの様子。広々としている。
駅舎は長らく駅西側にのみ設けられていたが、近年東側にも簡易的な出入口が新設された。
東口改札は、西口側とは異なり無人改札となっており、IC専用簡易改札機と自動券売機が設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
当駅の姫路方面ホームに設けられた待合室は歴史を感じさせる雰囲気が漂う。
待合室に設置された「姫路行」の看板は手書きの趣ある雰囲気が感じられるものである。
当駅の駅舎前には白ポストが設置されている。

—————————————
所在地:兵庫県姫路市
乗入路線
■ 播但線

香呂駅

播但線の駅、香呂の改札画像です。

電照式駅名標。ラインカラー対応となっている。
一方、ラインカラー対応で横に短いタイプの駅名標も設置されている。
自立式駅名標
東口駅舎。1894年(明治27年)の開業当時からの駅舎であり、鶴居駅と並んで兵庫県内では最古の木造駅舎となっている。
東口改札。有人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機が設置されている。
駅舎内部は手狭となっているため、待合スペースはなく、待合室への通路が設けられている。
待合室の様子。待合室は駅舎の外側にあたり、屋根を増築して駅舎内の待合室同様に使用しているものである。
当駅には長らく、駅舎のある東口側にのみ駅出入口があったが、ICOCAの導入に伴い近年西口側にも出入口が整備された。西口駅舎は簡素なものとなっている。
西口改札の様子。東口側とは異なり無人改札となっており、IC専用簡易改札機と自動券売機が設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。

—————————————
所在地:兵庫県姫路市
乗入路線
■ 播但線