鷹の台駅

西武国分寺線の駅、鷹の台の改札画像です。

駅名標
駅舎。駅前広場がなく、駅前すぐに商店街が広がる。
改札口周辺。国分寺線の駅としては利用者が多く、改札機の台数も多くなっている。
改札口。当駅周辺には津田塾大、武蔵野美大、白梅学園、東京創価学園、朝鮮大学校と多数の学校があるため、学生の利用が多い。
ホームは相対式2面2線であり、行き違いが可能であるが…
日中は国分寺行き・東村山方面行き共に駅舎・改札口側の1番ホームから発着するため、2番ホームへの階段は封鎖され、実質1面1線で運用される。
そのため、改札口から見える位置に、1番ホームから次に発車する列車が向かう方面を表示する表示板がある。

————————————————–
所在地:東京都小平市
乗入路線
西武国分寺線

恋ヶ窪駅

西武国分寺線の駅、恋ヶ窪の改札画像です。

駅名標。当駅は全国に4つある「恋」のつく駅の1つである。他の3駅は母恋駅(北海道)、恋し浜駅(岩手県)、恋山形駅(鳥取県)である。
駅舎。白い外壁と紫色の三角屋根が可愛らしい印象を与える駅舎である。
駅舎外に掲げられた駅名表記は西武の旧式スタイルとなっている。
改札口
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能である。

————————————————–
所在地:東京都国分寺市
乗入路線
西武国分寺線

一橋学園駅

西武多摩湖線の駅、一橋学園の改札画像です。

一橋学園駅名
駅名標。当駅は、「一橋大学駅」と「小平学園駅」を統合し1966年に開業した駅である。 当駅の駅名「一橋学園」は、両駅から名前をとった造語である。 両駅間の距離は300m程で、一橋大学駅は当駅南口付近、小平学園駅は北口付近にあった。
一橋学園北駅舎
北口駅舎、かつての小平学園駅付近にある。小ぢんまりとした駅舎となっている。
一橋学園北改札
北改札口。無人改札となっている。係員に用事がある際は備え付けのインターホンを使用しよう。
一橋学園北構内踏切
北改札からホームへは構内踏切を通ってアクセスする。
一橋学園南駅舎
南口駅舎、かつての一橋大学駅付近にある。
一橋学園南口改札
南改札口
一橋学園構内踏切
南改札からホームへは、丸い屋根で覆われた構内踏切を通りアクセスする。

————————————————–
所在地:東京都小平市
乗入路線
西武多摩湖線

江戸川駅

京成本線の駅、江戸川の改札画像です。

駅名標。駅名の通り、当駅は江戸川のすぐそばにある。江戸川は東京都と千葉県の都県境となっており、当駅は東京都であるが、江戸川の対岸にある隣の国府台駅は千葉県となる。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。
改札口。利用者がそれほど多くないため、改札機の台数は3通路となっている。
ホームは相対式2面2線で、ゆるくカーブしている。
成田方面へ向かう列車は、当駅を出るとすぐに江戸川橋梁を渡る。先述の通り、江戸川を渡った先は千葉県である。
当駅から国府台方面を望む。当駅と国府台駅は0.7kmしか離れておらず、国府台駅に停車する列車の様子を当駅から見ることもできる。

—————————————————
所在地:東京都江戸川区
乗入路線
京成本線 

青梅街道駅

西武多摩湖線の駅、青梅街道の改札画像です。

駅名標。駅名の通り、青梅街道と多摩湖線が交差する地点に駅が設けられている。小平市役所の最寄駅であるほか、JR武蔵野線の新小平駅が近くにある。
駅舎。小ぢんまりとした駅舎となっている。
改札口
当駅のホームは単式1面1線となっており、行き違いは不可能となっている。

————————————————–
所在地:東京都小平市
乗入路線
西武多摩湖線