東大和市駅

西武拝島線の駅、東大和市の改札画像です。

駅名標。駅名の通り当駅は東京都東大和市に位置するが、市の南端に位置しており南口側は小平市となる。
駅舎。高架駅となっている
改札口
ホームは相対式2面2線

————————————————–
所在地:東京都東大和市
乗入路線
 西武拝島線

西武園駅

西武西武園線の終着駅、西武園の改札画像です。

西武園駅名
駅名標。西武園線は当駅と東村山駅の1駅間だけを結ぶ路線である。駅番号は国分寺線からの続番となっている。
西武園北口駅舎
北口駅舎。西武園ゆうえんち・西武園競輪方面へ通じる。

西武園南口駅舎
南口駅舎。当駅周辺の住宅街のある側へ通じる

西武園改札
改札口
西武園ホーム
当駅が終着のため、行き止まりとなっている。終着駅の趣が漂う。
西武園競輪
西武園競輪は駅北口から徒歩3分。ギャンブル親父に夢を与える。
西武園遊園地
西武園ゆうえんちは駅から少し歩く。子供たちに夢を与える。夏場はプールも営業。

————————————————–
所在地:東京都東村山市
乗入路線
西武園線

東村山駅

西武新宿線・国分寺線・西武園線の駅、東村山の改札画像です。

新宿線駅名標。当駅は新宿線における主要駅の1つであり、特急小江戸号も停車する。
西武園線駅名標
駅舎。橋上駅者となっている。当駅周辺の踏切では慢性的な渋滞が問題となっていることから、当駅周辺の立体交差化工事が行われている。将来当駅は高架駅となる予定。

改札口

————————————————–
所在地:東京都東村山市
乗入路線
西武新宿線
西武国分寺線
西武西武園線

表参道駅

銀座線・千代田線・半蔵門線の駅、表参道の改札画像です。

銀座線駅名標。銀座線と半蔵門線は当駅を含む渋谷ー青山一丁目間で並走しており、当駅では銀座線と半蔵門線はそれぞれ対面での乗り換えが可能である。
千代田線駅名標。当駅は銀座線・半蔵門線との乗り換え駅であるため多数の乗降が見られ、メトロ線直通のロマンスカーも停車する。
半蔵門線駅名標。銀座線のバイパスとして建設された経緯のある半蔵門線は、当駅を含む渋谷ー青山一丁目間で並走している。
駅入口。当駅の駅入口はガラスを使用したファッショナブルなデザインとなっている。当駅周辺は東京有数のファッションストリートとして知られており、休日には若い女性を中心とした買い物客が多数訪れる。
表参道交差点方面改札。銀座線・半蔵門線からApple Store表参道店や表参道ヒルズ方面へ向かう場合、当改札が最も近い。
青山通り方面改札。南青山・根津美術館・西麻布方面へは当改札が便利。
青山学院方面改札。青山学院大学方面へ向かう際は当改札が便利。
エレベーター専用改札。千代田線ホームへはダイレクトに行くことができ、銀座線・半蔵門線ホームへは連絡通路経由で行くことができる。
千代田線神宮前・原宿方面改札。千代田線ホームの代々木上原寄りにある改札で、千代田線ホームへダイレクトに繋がっている。千代田線から、AppleStore表参道、表参道ヒルズ方面へ向かう際は当改札が最も便利。
銀座線・半蔵門線ホームは2面4線となっており、内側2線を銀座線が、外側2線を半蔵門線が使用する。銀座線浅草方面行きと半蔵門線押上・東武線方面、および銀座線渋谷行きと半蔵門線渋谷・田園都市線方面は同じホームで乗り換えが可能である。
千代田線ホームは島式1面2線となっている。

—————————————
所在地:東京都港区
乗入路線
 東京メトロ銀座線
 東京メトロ千代田線
 東京メトロ半蔵門線

小川駅

西武国分寺線と拝島線の駅、小川の改札画像です。

国分寺線駅名標。国分寺線は1894年に旧川越鉄道が敷設した西武線で最も歴史ある路線である。当駅は国分寺線の開業当初より存在する西武線で最も歴史ある駅の1つである。
拝島線駅名標。拝島線は一部列車が小平から新宿線に直通し、西武新宿まで乗り入れる。
東口駅舎。橋上駅舎となっている。東口側には駅前広場がある。
西口駅舎。西口側には駅前広場がない。
改札口。有人通路は無くインターホンでの対応となる。
改札口向かい側に券売機と窓口があり、駅員詰所はこちらにある。
駅員詰所横の通路にはエレベーター専用改札口もある。こちらも無人改札でありインターホンが設置されている。
ホームは2面4線。内側2線を国分寺線が、外側2線を拝島線が使用する。拝島線の小平・新宿方面行きと国分寺線の東村山方面行き、および拝島線の拝島方面行きと国分寺線の国分寺行きはそれぞれ同一ホームでの乗り換えが可能。

————————————————–
所在地:東京都小平市
乗入路線
西武国分寺線
 西武拝島線