丹治部駅

姫新線の駅、丹治部の改札画像です。

駅名標。普通列車のみが停車し、快速は当駅を通過する。
駅舎、三角屋根が特徴的な駅舎となっている。なお駅舎は公民館と合築となっている。
駅舎内部、内部には先述の通り公民館があり付近住民のコミュニティースペースとして活用されている。
駅舎内部にはベンチのみが置かれており、券売機等の設備はない。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

—————————————
所在地:岡山県新見市
乗入路線
姫新線

岩山駅

姫新線の駅、岩山の改札画像です。

駅名標、当駅は普通列車のみが停車し快速は通過する。
駅舎、木造の趣のある駅舎を有している。また駅舎は岩山地区の集会所としても使用されている。
駅舎には「岩山驛」と書かれた木製の駅名標が掲げられている。
駅舎内部、木造の建築を活かした趣のある作りとなっている。
駅舎内部、入口方面を撮影。
かつて使われていたであろうラッチの跡が残る。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつてのホーム跡と思われる構造物が残っており、以前は相対式ホームで交換可能であったと思われる。
トイレは駅舎外に設置されている。
トイレには「便所」と書かれたホーロー製の看板が設置されている。

—————————————
所在地:岡山県新見市
乗入路線
姫新線

坂根駅

芸備線の駅、坂根の改札画像です。

駅名標
自立式駅名標
駅舎、雨風をしのげる程度の簡易的な駅舎となっている。
駅舎内部にはベンチがある。券売機等の設備の設置はない。
駅舎内部の壁の3方向はシースルーとなっており、ベンチに座るとマジックミラー号さながらの開放感を味わえる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつてのホーム跡と思われる構造物が残っており、以前は相対式ホームで交換可能であったと思われる。

————————————— 
所在地:岡山県新見市
乗入路線
芸備線

市岡駅

芸備線の駅、市岡の改札画像です。

駅名標
駅舎、「市岡ふれあいセンター」と名付けられた比較的新しい駅舎になっている。
駅舎に内部は待合室になっている。
待合室内部、比較的広い待合室になっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
駅前には「国鉄旅行連絡所」とかかれた看板が残る。

————————————— 
所在地:岡山県新見市
乗入路線
芸備線

矢神駅

芸備線の駅、矢神の改札画像です。

駅名標、元SKE48のくーみんこと矢神久美とは関係ない。
駅舎は元々の駅舎の待合室部分のみを残したと思われる造りになっている。同じような構造の駅舎は中国・山陰地域の無人駅では比較的多い。
駅全景、木造の趣ある駅舎を有している。駅舎の隣にはトイレがある。
駅舎の第一種駅名標、手書きの重厚感寝る駅名標となっている。
駅舎内部、無人駅となっており駅舎内は待合室になっている。
駅舎内部には木製のベンチがあるのみで券売機等はない。
かつての改札口部分には改札ラッチ跡が残る。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能。2つのホームは千鳥配置になっている。
ホーム間の移動には構内踏切を渡り移動する。
新見方面ホームには待合室が設置されている。
ホーム側駅舎の軒下には「東城・広島方面」と書かれたホーロー看板が残っている。
新見方面ホームにも「新見・岡山方面」とかかれたホーロー看板がある。
新見・岡山方面のホーロー看板は2枚設置されている。
構内踏切には左右の指差確認をするように書かれた看板が設置されている。
新見方面ホームにも同様の看板が設置されている。
駅舎隣のトイレには「トイレはきれいに」と書かれた手書き看板が貼られている。
駅前には当駅が最寄り駅である「鯉が窪湿原」の案内看板が設置されている。当駅から約5キロ、徒歩約1時間、車で約10分とのこと。案内図には鉄道の絵が描かれたいるがJR西日本の車両ではない列車が描かれている。

————————————— 
所在地:岡山県新見市
乗入路線
芸備線