小海駅

小海線の駅、小海の改札画像です。

駅名標。八ヶ岳と星空をモチーフとした小海線オリジナルデザインである。当駅は小海線の主要駅の1つであり、一部列車は当駅で小諸方面に折り返す。
写真入り駅名標。小海町内にある松原湖と八ヶ岳連峰の写真が入っている。海なし県・信州にあるにも関わらず地名に「海」が入るのは、約1200年前に八ヶ岳の水蒸気爆発によって2つの湖ができ、小さな湖の方を「小海」と呼んだことに由来するようである。
駅舎。時計台のある洋風デザインの駅舎は、JA長野八ヶ岳の支所・診療所・ショッピングセンターとの合築となっている。
実質的に駅舎として使用されているのは、時計台の直下にあるこの部分のみとなっている。
駅前広場には、石を積んで作られた屋根付きの駅名表示がなされている。
改札口。当駅は有人駅となっており、係員による集改札が行われる。
切符売り場の様子。かつてはみどりの窓口が営業していたが、現在は閉鎖され、代わりに指定席券売機が設置された。
駅舎内部には待合室が設けられている。
前述の通り駅舎は他施設と合築となっている。駅舎に向かって左側にはショッピングセンターが入居しているが、取材時は営業時間外であった。
駅舎に向かって右側にはJAの支所と診療所がある。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
駅舎反対側の2・3番線ホームへは構内踏切を渡る必要がある。画像には跨線橋らしきものも写っているが、これは自由通路であり、改札外での利用となる。
構内踏切付近のホーム下には「このホーム、2番線、3番線です」と手書きで書かれている。
2・3番線ホームには小ぢんまりとした上屋と待合スペースがある
この上屋に設置されている番線標は手書きと思われる
また、2番線には別の手書きと思われる番線標も設置されている。
2番線・3番線ホーム上に設置されている海抜の碑。最高地点である野辺山駅が1,345mであるため、500m近くも標高が低いことがわかる。
ホームから小諸方を望む。係員詰所と思われる建物に向けて細い通路が伸びている。
付近には錆びついた転動防止の看板が設置されている。

—————————————
所在地:長野県南佐久郡小海町
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

八千穂駅

小海線の駅、八千穂の改札画像です。

駅名標。八ヶ岳と星空をモチーフとした小海線オリジナルデザインとなっている。
当駅に設置されている名所案内
駅舎。開業当時から残るものと思われる木造駅舎であるが、近年外装のリニューアルがなされている。
リニューアルに伴い設置された1種駅名標。近隣の羽黒下駅や臼田駅および篠ノ井線内の駅も同様のデザインでリニューアルがなされている。
改札口。当駅は有人駅であるが、係員による集改札は行われない。
切符売り場の様子。自動券売機は設置されていないが、佐久穂町委託の窓口が設けられており、乗車券や北陸新幹線・中央線特急の特急券の購入が可能である。
窓口にある「きっぷうりば」の文字からはそこはかとなく国鉄の趣が感じられる。
駅舎内部は待合室となっており、本棚やストーブも置かれている。
ホームは相対式2面2線となっており行き違い可能であるように見えるが、小海線への無線式列車制御システムATACSの導入に伴い駅舎反対側のホームは使用停止されたため、現在は棒線駅となっている。このアングルでホームを撮影することは不可能となった。
かつて使用されていた構内踏切。現在は棒線化に伴い使用停止されている。
構内踏切同様に使用停止された待合室
駅舎反対側ホームには小さな可愛らしい水車も設けられていたが、現在は至近距離で見ることができなくなっている。
当駅にはイラスト入りの名所案内が3タイプ設置されている。画像は駅舎反対側ホームに設置されているもので、シラカンバの木と八ヶ岳のイラスト入りである。雰囲気的に国鉄時代に設置されたものと思われるが、前述のホーム使用停止により、至近距離で見ることは不可能となった。
駅舎わきに設置してあるものはホーム上のものと同じくシラカンバの木と山のイラスト入りだがデザインが異なる。
裏側にもイラストが入っており、デザインがまた異なっている。こちらはホームから見える面であるため、「ようこそ」と書かれている。
名所案内にも描かれているシラカンバの木を用いて作られた置物が駅舎周辺に複数置かれている。画像は駅舎軒下に置かれたシカをモチーフとしたと思われる置物。
駅前にはフクロウとシカをモチーフにしたと思われる置物が置かれている。

—————————————
所在地:長野県南佐久郡佐久穂町
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

羽黒下駅

小海線の駅、羽黒下の改札画像です。

駅名標。星空と八ヶ岳をモチーフとした小海線オリジナルデザインとなっている。
駅舎。開業当時からの木造駅舎が残るが、近年外装がリニューアルされた。
リニューアルに伴い設置された1種駅名標。近隣の八千穂駅および篠ノ井線内の駅も同様の意匠でリニューアルがなされている。
駅舎入り口付近には従来からの木製1種駅名標も残る。
改札口。当駅は有人駅であるが、係員不在時間帯は無人駅となる。
切符売り場の様子。当駅には自動券売機は設置されていないが、佐久穂町委託の窓口があり、乗車券類の購入が可能である。
窓口付近には国鉄の趣が感じられる「出札窓口」の表示がある
同様に、精算窓口の文字からも国鉄っぽい雰囲気が感じられる。精算の「米」部分の下半分は剥がれて無くなってしまっている。
駅舎内部は待合室となっている
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能となっている
駅舎反対側の小海・小淵沢方面ホームへは構内踏切を渡って移動する。
反対側ホームにも小ぢんまりとした待合室が設けられている。
駅舎反対側ホーム上には当駅の標高を示した石碑が設置されている。
また、同じく駅舎反対側ホーム上には佐久穂町設置と思われるモニュメントがある。

—————————————
所在地:長野県南佐久郡佐久穂町
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

青沼駅

小海線の駅、青沼の改札画像です。

駅名標
駅全景。ホームと待合室があるのみの無人駅となっている。
ホーム入口横には木の形をした公衆トイレが設けられている。
ホーム上には小ぢんまりとした待合室が設けられている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可能である。

—————————————
所在地:長野県佐久市
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

臼田駅

小海線の駅、臼田の改札画像です。

駅名標。星空と八ヶ岳をモチーフとした小海線オリジナルデザインとなっている。
写真入り駅名標。当駅が最寄りである龍岡城の写真が入っている。龍岡城の名前が入る隣の龍岡城駅より、当駅の方が龍岡城に近い。
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。
駅舎に掲げられた1種駅名標は木製となっている。
改札口。当駅は有人駅となっており、係員による集改札が行われる。
切符売り場の様子。当駅は小海線内では数少ないみどりの窓口設置駅である。
駅舎内部は広々とした待合スペースとなっている。
ホーム側から見た駅舎の様子
当駅にはホーロー風デザインの縦型駅名標が設置されている。
駅舎反対側ホームへは構内踏切を渡る必要があったが、ホーム使用停止に伴い構内踏切も使用停止となった。
駅舎反対側ホームにも待合スペースが設けられていたが、ホーム使用停止に伴い使われていない。
駅舎反対側ホーム上の待合スペースの様子

—————————————
所在地:長野県佐久市
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)