矢美津駅

北上線の駅、矢美津の改札画像です。

駅名標。表面に亀裂が多数入っており、状態は非常に悪い。当駅は2016年以降、12/1〜3/31の冬季期間は全列車通過となっていたが、利用者減少に伴い2022年春のダイヤ改正での廃止が決定した。
待合室にはラインカラー入りの駅名標が設置されており、こちらは状態が良好である。当駅が廃止となるダイヤ改正当日は冬季休業中のため、実質的な最終営業日は2021年11月30日となった。2駅隣の平石駅も当駅同様冬季通過駅であり、同じタイミングで廃止が決定している。
ホーム上の柱にはホーロー駅名標と思われる看板が設置されているが、錆が酷く解読は難しい。上部に「や」の文字が確認できるが、その下の文字は「な」のような形であり、文字も4文字分のスペースがある。当駅の駅名標でない可能性もあるが、真相は謎である。
このほか、ホーム出入り口付近にある電気メーターの後ろ側にもホーローと思われる看板が残っていた。
駅入口。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅であり、改札口は存在しない。ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホーム中ほどの位置に片流れ屋根の待合室が設けられている。
待合室内部の様子。ベンチが4脚設置されている。
当駅の時刻表。上り北上方面が1日5本、下り横手方面が1日4本の計9本が停車する。北上線ではこのほか当駅を通過する快速列車が運行されている。
当駅の運賃表の様子
当駅の待合室内にはトロッコ風のモニュメントが設置されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。
当駅に進入する北上行き普通列車。記事公開時点で、当駅の駅としての「籍」は残っているものの、すでに冬季休業期間に入っており、列車が当駅に停車することはもう二度とない。
駅周辺の様子。当駅周辺は僅かに人家があるのみとなっており、廃止も止むを得ない状況であることが伺える。

—————————————
所在地:秋田県横手市
乗入路線
北上線

平石駅

北上線の駅、平石の改札画像です。

駅名標。当駅は2016年以降、12/1〜3/31の冬季期間は全列車通過となっていたが、利用者減少に伴い2022年春のダイヤ改正での廃止が決定した。しかし、ダイヤ改正当日も冬季休業中のため、実質的な最終営業日は2021年11月30日となった。2駅隣の矢美津駅も当駅同様冬季通過駅であり、同じタイミングで廃止が決定している。
待合室にはラインカラー入りの駅名標も設置されている
駅全景。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅となっている。
駅前の道から階段を上がってホームへダイレクトに行くことができる。
ホーム中ほどの位置に片流れ屋根が特徴的な待合室が設けられている。
待合室内部の様子。ベンチが4脚設けられているのみである。山間部に立地するが、取材時は待合室内部に虫等は少なく比較的清潔に保たれていた。
当駅の時刻表。当駅には上り北上方面が1日5本、下り横手方面が1日4本の計9本の列車が停車していた。
当駅の運賃表
待合室内にはトロッコ風のモニュメントが設置されていた。
ホームは単式1面1線の棒線駅で列車の行き違いは不可能である。
駅周辺に民家はごく僅かであり、駅が廃止となるのもやむを得ない状況であることがわかる。
当駅に進入する北上行きの列車。記事公開時点で駅としての「籍」はあるものの、冬季休止中のため当駅に列車が停車することはもう二度とない。

—————————————
所在地:秋田県横手市
乗入路線
北上線

横手駅

奥羽本線と北上線の駅、横手の改札画像です。

奥羽本線駅名標。当駅は奥羽本線と北上線の接続駅であり、北上線は当駅が終点である。
北上線駅名標。北上線は運転本数が多くないものの線形が比較的良く、横手ー北上間を1時間20分程度で結ぶため、乗り継ぎによっては秋田新幹線経由と同程度の所要時間で仙台・東京方面へ向かえる場合がある。
北上線駅名標。北上線は運転本数が多くないものの線形が比較的良く、横手ー北上間を1時間20分程度で結ぶため、乗り継ぎによっては秋田新幹線経由と同程度の所要時間で仙台・東京方面へ向かえる場合がある。
このほか、隣駅表示がない駅名標が設置されているが…
この駅名標はホームに対し垂直(枕木と並行)に設置されているものである。通常、駅名標はホームに対し並行(線路と並行)に設置されていることが多いため、このような駅名標は珍しい。
駅舎。2011年に改築された比較的新しい橋上駅舎である。
改札口。自動改札機が2通路導入されている。Suica等の交通系ICは利用不可。
改札口横には待合室が設けられている
駅舎内部。東西自由通路が設けられている
乗車券売り場。当駅はみどりの窓口設置駅である。
駅舎1F部分には広々とした待合スペースが設けられている。
駅舎内部の待合スペース付近には白ポストが設置されている。
ホームは3面4線。このうち、1番線が北上線用、2・3番線が奥羽本線用、4番線が一部列車が使用するホームとなっている。
北上線ホームには北上線の終点駅であることを示すモニュメントがあり、横手名物である「かまくら」が描かれている。秋田でも内陸部に位置するここ横手は冬季の積雪が多く、かまくらは450年以上の歴史を持つ伝統行事として親しまれている。
当駅構内は広くなっており、車庫も設けられている。当駅を終点とする北上線のみならず、奥羽本線においても当駅始発・終着列車が複数存在する。
当駅構内には転車台が残っている。

—————————————
所在地:秋田県横手市
乗入路線
奥羽本線
北上線

田沢湖駅

秋田新幹線の駅、田沢湖の改札画像です。

秋田新幹線駅名標。当駅には上下1往復を除く秋田新幹線の全列車が停車する。
田沢湖線駅名標。田沢湖線は当駅以西が秋田県で、隣の赤渕駅以東は岩手県となる。
当駅ー赤渕間は県境を超えることもあり普通列車の本数は4往復に激減する。
駅間は18.1kmと非常に長く、この間に信号場が2箇所ある。
駅舎。当駅は駅名の通り、たつこ像で知られる田沢湖の最寄駅である。
ガラス張りのモダンなデザインの駅舎は秋田新幹線開業時に建設された地平駅舎。
改札口。モバイルSuica特急券専用の簡易型自動改札機が設置されている。
通常の新幹線用自動改札機に似たビジュアルだが切符には一切対応していない。
以前の改札口。モバイルSuica用のIC専用簡易改札機は在来線用と似たデザインであった。
駅舎内部。木材とガラスを多用したモダンなデザインとなっている。
ホームは2面3線。田沢湖線の普通列車は大部分が当駅で大曲方面へ折り返す。
秋田新幹線は秋田方面が1番線、盛岡方面が2番線から発着する。
ホーム上には田沢湖の伝説に登場する龍の頭が展示されている

—————————————
所在地:秋田県仙北市
乗入路線
秋田新幹線
田沢湖線

角館駅

田沢湖線の駅、角館の改札画像です。

駅名標。秋田新幹線と田沢湖線両方のラインカラーが入っている。
駅名標。こちらは田沢湖線のラインカラーのみ入っている。
秋田内陸線駅名標。当駅は秋田内陸線の終着駅である。 
JR線駅舎。武家屋敷をモチーフとしたデザインである。東北の駅百選に選ばれている。
駅舎入口の駅名表示
改札口。モバイルSuica特急券専用の簡易型自動改札機が設置されている。
通常の新幹線用自動改札機に似たビジュアルだが切符には一切対応していない。
以前の改札口。モバイルSuicaはIC専用の簡易改札機で対応を行なっていた。
新幹線停車駅であるため、みどりの窓口および指定席券売機が設置されている。
駅舎内の待合スペース
ホームは2面3線
ここ角館はみちのくの小京都として知られ、武家屋敷や風情溢れる町並みが広がる。
秋田内陸線の駅舎。JRの駅舎とは別建てだが隣接している
駅舎内部。乗車券窓口とグッズ販売所がある
改札方面を望む
改札前には待合スペースがある。秋田新幹線のホームとは隣接しているが直接乗換できない。
改札口。列車が来ない時間帯は封鎖されホームには立ち入ることができない
ホームは単式1面1線の棒線駅となっている
ホームのすぐ横には車庫がある
車庫の壁には秋田弁を含む様々な言語で書かれた歓迎の表示がなされている 

—————————————
所在地:岩手県仙北市
乗入路線
秋田新幹線
田沢湖線
 秋田内陸縦断鉄道