桜井駅

桜井線と近鉄大阪線の乗換駅、桜井の改札画像です。 

JR駅名標。桜井翔や桜井あゆとは関係はない。当駅は桜井線の主要駅であり、当駅始発・終着列車も多数存在する。
ラインカラー挿入前のJR駅名標
近鉄電車駅名標。当駅には特急を除く全ての列車が停車する。
駅番号導入前の近鉄駅名標
JR線駅舎。JR駅舎は橋上駅になっており、近鉄の駅は高架駅になっている。
JR改札口。近鉄王国・奈良県においては、JRより近鉄の方が利用者が多い駅がほとんどであるが、当駅においても、JR線の利用者数は近鉄電車の1/4程度にとどまる。
JR線ホームは2面3線となっており、行き違い可能となっている。当駅始発・終着列車は中線である2番乗り場から発着することが多い。
近鉄電車改札口。当駅において、近鉄の利用者数はJR線の約4倍であり、圧倒的に利用者が多いことがわかる。
近鉄電車ホームは相対式2面2線となっている。大阪線で上本町から中川方面へ向かう場合、当駅付近までは奈良盆地を走るが、隣の大和朝倉駅付近からは三重県境へ向け山間部へ入っていく。

—————————————
所在地:奈良県桜井市
乗入路線
桜井線
近鉄大阪線

三輪駅

桜井線の駅、三輪の改札画像です。

駅名標。miwaとは関係がない。
当駅は国内最古の神社とされている大神(おおみわ)神社の最寄駅である。そのため、鳥居型の駅名標も設置されている。
また、屋根付きの駅名標も設置されている。
駅舎。大神神社の最寄駅に相応しい、瓦屋根が特徴の堂々とした木造駅舎となっている。
改札口。当駅は無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。改札口にはかつて使用されていたと思われる改札ラッチ跡が残る。
自動券売機は2台設置されている。
駅舎内部は待合室となっている。
当駅は大神神社の最寄駅ということもあり、初詣シーズンや祭礼時に使用されると思われる臨時改札口がある。
ホームの奈良寄りにも臨時改札口があり、初詣シーズンなどの多客時に開設されるようである。通常は画像のように封鎖されており、使用できない。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能となっている。
当駅の桜井方面ホームにはホーム屋根の壁と一体化した長いベンチが設置されている。
当駅は歴史ある駅舎を有することもあり、国鉄時代からのものと思われるもじ鉄案件が散見される。画像は改札口付近にある方面表示看板。
駅舎のホーム屋根下にはホーロー製と思われる安全第一看板がある。
桜井方面ホームの柵に設けられた「駅や線路を美しく」看板

—————————————
所在地:奈良県桜井市
乗入路線
桜井線

巻向駅

桜井線の駅、巻向の改札画像です。

駅名標
駅舎。ホームの桜井寄りにある小ぢんまりとした駅舎である。
駅全景。ホームと小ぢんまりした駅舎があるのみの構造となっている。
当駅は無人駅となっており、駅舎内にIC専用簡易改札機と自動券売機が設置されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

—————————————
所在地:奈良県桜井市
乗入路線
桜井線

柳本駅

桜井線の駅、柳本の改札画像です。

駅名標
駅舎。1930年築の木造駅舎は近年JR西から天理市に譲渡され、リニューアルされた。冬季には、画像のように駅前にイルミネーションが飾られる。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
かつて駅事務室があったと思われる箇所には、駅舎リニューアルに伴いカフェが整備された。
駅舎内部の待合スペース。明るく洗練された印象を受ける。
ホーム側から見た駅舎の様子。駅舎はリニューアルこそされているものの、長い歴史を持つ駅舎ならではの趣が感じられる。
当駅の駅舎は駅東側にあるが、駅舎反対側の西口側からのアクセス向上を目的に、駅舎リニューアルに伴い西口側にも出入り口が設けられた。
西口改札はIC専用簡易改札機のみが設置されており、ICOCA等の交通系ICでのみ利用できる。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。
当駅には国鉄時代から残ると思われるもじ鉄案件が複数存在する。画像は改札口付近にある「橋をお渡りください」看板。
奈良・京都方面ホームの待合室柱には手書きの方面看板がある。

—————————————
所在地:奈良県天理市
乗入路線
桜井線(万葉まほろば線)

長柄駅

桜井線の駅、長柄の改札画像です。

駅名標。「走るスラム街」ことムーンライトながらとは関係がない。
駅全景。当駅にはぱっと見駅舎があるように見えるが、実際はホームへの階段付近に屋根があるのみとなっている。
当駅は無人駅となっており、ホームへダイレクトに行くことができる。ホーム上の階段付近にはIC専用簡易改札機・自動券売機と集札箱が置かれている。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、行き違いは不可能である。
ホーム上の待合室には地元学生が描いたと思われる、車窓に映る乗客と四季をイメージした華やかなイラストが掲げられている。イラストには、老若男女が楽しそうに列車に乗っている姿が描かれており、当駅と同名の某列車とは真逆の印象を受ける。
ホームの傍らにはトイレと東屋を兼ねた建物が建っており、待合室としても利用できる。

—————————————
所在地:奈良県天理市
乗入路線
桜井線(万葉まほろば線)