大蛇駅

八戸線の駅、大蛇の改札画像です。

駅名標、「だいじゃ」と読みたくなるが、「おおじゃ」が正しい読みである
駅入口、当駅はホームと待合室があるのみの無人駅であり、駅舎・改札口は存在しない
ホーム中央部分には待合室が設けられている
待合室内部の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅であり列車の行き違いは不可能である

————————————————–
所在地:青森県三戸郡階上町
乗入路線
八戸線

階上駅

八戸線の駅、階上の改札画像です。

駅名標
当駅にはホーロー縦型駅名標が設置されている
駅舎。近年改築された小ぢんまりとした駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない
駅舎ホーム側には集札箱が置かれている
駅舎内部は待合室となっている
カウンター風の待合スペースも設けられており、列車待ちの間に勉強等も捗りそうである
ホームは相対式2面2線であり列車の行き違いが可能である
ホーム同士の行き来は構内踏切にて行う
ホーム上にも待合室が設けられている
ホーム上待合室内部の様子
当駅は海に近い高台にあり、ホームからは美しい太平洋を望むことができる。

————————————————–
所在地:青森県三戸郡階上町
乗入路線
八戸線

乙供駅

青い森鉄道の駅、乙供の改札画像です。

駅名標
当駅設置の名所案内看板。浜台湖水浴場と思われるイラスト入りの手書き看板と思われる。
当駅設置の名所案内看板。日本中央の碑と思われるイラスト入りの手書き看板と思われる。
駅舎。茶色いトタン屋根が特徴的な木造駅舎となっている。
駅舎には手書きっぽい1種駅名標が設置されている。
ホームから見た駅舎の様子
改札口。当駅は有人駅であり係員による集札が行われるが、改札は行われないようである。
ホーム側から見た改札口の様子
きっぷうりばの様子。当駅には出札窓口が設けられている。
駅舎内部は待合室となっている。ストーブを取り囲むようにベンチが配置されており、「寒冷地の駅」を感じさせ大変趣深い。
駅舎のホーム側にはホーローの安全第一看板が残っていた。
ホームは2面3線のように見えるが、中線は既に廃止されており2面2線で運用されている。中線の線路は残っているものの錆び付いており、長らく列車が通っていないことが伺える。
ホーム場には手書きの方面看板が残っていた。
3番線の手書き方面看板。「三八沢戸方面」と読みたくなるが、無論「八戸三沢方面」が正しい。
2番線・3番線には国鉄行灯タイプの番線標が残っていた。2番線は既に廃止されているものの番線標は残っており、錆び付いた線路同様、かつて2番線が使用されていたことを示す生き証人となっている。
3番線の番線標

—————————————
所在地:青森県上北郡東北町
乗入路線
青い森鉄道

野辺地駅

青い森鉄道と大湊線の駅、野辺地の改札画像です。

青い森鉄道駅名標。当駅はJR大湊線との分岐駅である。
JR大湊線駅名標。JR大湊線はJR東日本の路線であるが、新幹線を含むJR東日本の他の路線と一切接続しない孤立路線である。当駅を青い森鉄道が管轄しているため、JR大湊線の駅名標も青い森鉄道仕様となっている。
駅名標
自立式駅名標
駅舎。鉄筋コンクリート造の横に長い駅舎である。
改札口。有人駅であり、係員による集改札が行われる。青い森鉄道では、八戸ー当駅ー青森間に限り青春18きっぷの通過利用が可能であるが、当駅では途中下車も可能である。
ホーム側から見た改札口の様子
改札口付近には国鉄行灯タイプの「駅長事務室」看板が残っていた。
当駅にはきっぷうりばが設けられている。
ホームは3面5線となっている。大湊線は1番線・2番線、青い森鉄道は2〜5番線から発着する。大湊線の列車は、青い森鉄道へ直通する「快速しもきた」号以外は当駅始発・終着となる。
4番線の番線標は国鉄時代より残るものと思われる。
当駅構内に隣接している防雪林は「日本最古の鉄道防雪林」とされており、その旨を記した看板が設置されている。
また、当駅が立地する野辺地町はサッカー日本代表の柴崎岳選手の出身地であり、そのことを示す看板も設置されていた。

—————————————
所在地:青森県上北郡野辺地町
乗入路線
青い森鉄道線
大湊線(はまなすベイライン大湊線)

諏訪ノ平駅

青い森鉄道の駅、北高岩の改札画像です。

駅名標。当駅は東北新幹線八戸開業に伴い、2002年に先行してJR東日本から経営分離された区間にあたる。
当駅にはホーローの縦型駅名標が残っていた。
ホーム上には写真入りの名所案内が設置されている。
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。
駅舎には駅名の立体文字が取り付けられており、歴史ある雰囲気が感じられる。なお、当駅の駅名は諏訪「ノ」平であるが、立体文字は諏訪「の」平となっており、表記が異なる。
駅舎前にはアスレチックが設置されている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部の様子
駅舎内部は広々とした待合室となっている
駅舎内には「国土美化」のホーロー看板が残っていた。
また、駅舎内には地元住民によると思われる作品が展示されていた。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎のホーム側には計量器使用事業場の手書き看板が設置されていた。
ホームは相対式2面2線となっており、カーブしている。かつては中線が設けられていたようであるが、現在は撤去されている。

—————————————
所在地:青森県三戸郡南部町
乗入路線
青い森鉄道線