大阪梅田駅

阪急電鉄と阪神電鉄の駅、大阪梅田の改札画像です。

神戸線駅名標 、当駅は1日約50万人が利用する阪急電鉄の大ターミナル駅である。 当駅には神戸本線、宝塚本線、京都本線の3路線の電車が乗り入れる。
梅田阪急神戸線駅名
駅名変更前の神戸線駅名標
宝塚線駅名標、ラインカラーは橙である。そのため駅番号は橙色で表記される
梅田阪急宝塚線駅名
駅名変更前の宝塚線駅名標
京都線駅名標、ラインカラーは緑である。そのため駅番号は緑色で表記される。神戸・宝塚両線が中津駅に停車するのに対し、京都線は全列車が中津を通過する。そのため、京都線の駅名標には中津駅を通過する旨の記載がある。
梅田阪急京都線駅名
駅名変更前の京都線駅名標
駅舎、高架駅となっている。
3階改札口、頭端式ホームの先端部に改札口が設けられている
3階改札口
3階改札口
3階改札口の券売機は改札中央部に設けられている。
2階中央改札口、当駅の利用者数は西日本の大手私鉄の駅としては最多である
2階中央改札口
2階中央改札口の自動券売機は改札中央に設けられている。
茶屋町口改札
茶屋町口改札
ホームは頭端式10面9線となっており、頭端式ホームとしてはJR線も含めて日本最大規模を誇る。1・2・3号線を京都線、4・5・6号線を宝塚線、7・8・9号線を神戸線が使用する
阪神駅舎、阪神百貨店と一体化した駅舎となっている。
東口改札、頭端式ホームに面した改札になっている。
東口改札、柱を挟んで多くの自動改札機が設置されている。
東口改札
西口改札
百貨店口改札

—————————————
所在地:大阪市北区
乗入路線
阪急神戸線
阪急宝塚線
阪急京都線
阪神本線

東梅田駅

地下鉄谷町線の駅、東梅田の改札画像です。

駅名標、谷町線における大阪キタの繁華街・梅田へのアクセス駅であり、地下鉄御堂筋線「梅田駅」・四つ橋線「西梅田駅」とは乗り換えが30分以内ならば乗り継ぎ運賃で乗車可能である。
駅入口
当駅は梅田地下街とつながっており、梅田駅をはじめとした各駅に移動できる。
北東改札、天満橋・天王寺・八尾南方面ホームからの降車専用改札になっている。
北東改札、都島・大日方面ホームからの降車専用改札になっている。
中西改札、都島・大日方面の専用改札になっている。
中西改札、都島・大日方面の専用改札になっている。
中東改札、天満橋・天王寺・八尾南方面の専用改札になっている。平日の一部時間帯は乗車専用になる時間がある。
中東改札、有人通路側を撮影。天満橋・天王寺・八尾南方面の専用改札になっている。
中東改札、無人通路側を撮影。天満橋・天王寺・八尾南方面の専用改札になっている。
中西改札の横にはきっぷうりばがある。当きっぷうりばは中西・中東改札利用者の共用になっており、比較的台数も多くなっている。
南改札、当駅では唯一の上下双方のホームに通じる改札になっている。
ホームは相対式2面2線の地下駅となっており、可動式ホーム柵も設置されている。

—————————————
所在地:大阪市北区
乗入路線
地下鉄谷町線

梅田駅

地下鉄御堂筋線の駅、梅田の改札画像です。

駅名標
駅入口、駅の入り口は御堂筋線だけで18箇所存在する。
北改札、ヨドバシカメラ梅田・うめきた方面は当改札が便利
北改札
中北西改札
中北東改札
中南改札
中南改札
南改札、阪神大阪梅田駅・東梅田駅方面は当改札が便利
南改札
ホームは島式1面2線の地下ホームになっている。

—————————————
所在地:大阪市北区
乗入路線
地下鉄御堂筋線

なかもず駅

地下鉄御堂筋線の駅、なかもずの改札画像です。

駅名標、「なかもず」とひらがな表記の当駅は地下鉄御堂筋線の南側の終着駅で、所在地は堺市になっている。また南海高野線・泉北高速鉄道の中百舌鳥駅に隣接しており乗り換えが可能である。
駅入口、当駅は地下駅となっている。
改札口、当駅は御堂筋線全20駅中9位の乗降客数を誇る。そのため自動改札数も12通路と多く設置されている。
ホームは島式1面2線となっており、終着駅のため折り返しが可能となっている。

—————————————
所在地:堺市北区
乗入路線
地下鉄御堂筋線

汐見橋駅

南海汐見橋線の駅、汐見橋の改札画像です。

駅名標。南海電車の駅としては最も北にある駅である。当駅は南海高野線の正式な起点駅であるが、高野線の当駅ー岸里玉出駅間は「汐見橋線」として支線化されており、大阪市内でありながら2両編成の列車が30分間隔で運行されるローカル線然とした運行形態となっている。
駅舎。鉄筋コンクリート造の駅舎となっている。
近年駅舎の外装がリニューアルされ、外壁にアートが描かれた。
リニューアル前の駅舎の様子。イラスト等のない、シンプルな外観であったことが伺える(2013年頃取材)
改札口。有人駅であり、自動改札機2通路が設置されている。
改札口頭上には「南海沿線観光案内図」として、南海沿線のイラスト入りの古い路線図が掲示されており、当駅の長い歴史が垣間見える。
以前の改札口の様子。当時は旧型自動改札機(ボロバー)であったことがわかる。また、南海沿線観光案内図は現在のものと異なり、部分的に破れていたこともわかる。(2013年頃取材)
きっぷうりばの様子。出札窓口と自動券売機が設けられている。
駅舎内部の様子。かつての駅事務室の跡と思われる痕跡もみられる。
駅舎内には待合室やベンチ等は特段無く、広々とした空間が広がっているのみである。
ホームは島式1面2線となっている。
線路は当駅で行き止まりとなっている。

—————————————
所在地:大阪市浪速区
乗入路線
南海高野線(汐見橋線)