西舞鶴駅

舞鶴線と京都丹後鉄道の駅、西舞鶴の改札画像です。

西舞鶴 駅名標1
舞鶴線駅名標
西舞鶴 駅名標2
舞鶴市はかつて城下町・商業の街で栄えた西舞鶴(旧舞鶴市)と、軍港など軍都として栄えた東舞鶴(旧東舞鶴市)の2つの市街地から形成されていた。その後2つの市の合併により、新しい舞鶴市となった為、市の代表駅は東舞鶴駅と西舞鶴駅に二分されている
西舞鶴 単鉄駅名標
宮舞線駅名標、旧北近畿タンゴ鉄道である丹鉄は、移管後に宮津から西舞鶴を結ぶ当線を宮舞線と命名した。
西舞鶴 駅舎2
ガラス張りの橋上駅舎を有する。 駅は西駅交流センターの中に入っており、駅としての機能の他に行政事務所や旅券センターなどが入っている。
西舞鶴 駅舎1
駅舎別角度より
西舞鶴 改札
改札口

西舞鶴 連絡通路
4番乗り場からの丹鉄乗り換え通路。7時40分から17時10分まで利用できる。ドアの先の左側は丹鉄の改札、右側は駅舎からの通路になっている
西舞鶴 改札2
丹鉄改札口。写真左に見えるドアがJRからの連絡通路。

西舞鶴 単鉄時間

西舞鶴 単鉄改札
丹鉄改札口。写真左に見えるドアがJRからの連絡通路。
西舞鶴 ホーム
島式ホームが2、3番乗り場、写真右の片面のホームが4番乗り場。 1番乗り場は旅客ホームとして欠番になっているが留置線として存在している。
西舞鶴 芸
駅舎には城下町としての舞鶴の遺構を残す展示もある。舞鶴城へは当駅徒歩4分ほど。

西舞鶴 芸2

西舞鶴 新幹線
北陸新幹線の舞鶴ルート実現を訴える看板がホームから見ることができる。新幹線ルートは小浜・京都ルートで決定した為、新幹線誘致は失敗に終わってしまった。

—————————————
所在地:京都府舞鶴市
乗入路線
舞鶴線
宮舞線

福知山駅

北近畿の交通の要所、福知山の改札画像です。

駅名標、北近畿における交通の要所の1つであり、山陰本線・福知山線とも当駅が始発・終着が列車が多い。
ラインカラー導入前の駅名標

北口駅舎、JR西日本福知山支社や福知山城は北口が最寄りとなる。
南口駅舎、国道9号線側はこちらが最寄りとなる。
改札口、有人ラッチよる改札が行われている。
京都丹後鉄道乗り換え改札、中2階部分に当たる場所にある改札で丹鉄の利用にはここの券売機で切符を買うことになる。
ホーム、北近畿ビックXネットワークの呼び名の通り南北四方向に向かう特急が停車する。そのため高架駅でありながら非常に広い構内を持つ。
丹鉄入口、宮津・天橋立方面へは直通特急のある丹鉄が便利である。
京都丹後鉄道線改札、奥がJR線乗り換え口となっており、同じ詰所を共有している。
南口には福知山駅南口公園があり、公園内にはSLと転車台が展示されている。
C11機関車と転車台、C11機関車は国鉄篠山線で実際に使われていたもので篠山市から福知山へと移送され展示されている。転車台はかつてあった福知山機関区にあったものを移設したものであり、転車台の上に静態保存されたSLが展示されている例はココ福知山以外には存在しないそうである。
C11形式40号機関車・転車台の説明文。

—————————————
所在地:京都府福知山市
乗入路線
 山陰本線
舞鶴線)
福知山線 
宮福線

福知山市民病院口駅

京都丹後鉄道、福知山市民病院口の改札画像です。

駅名標。ナンバリングが導入されている。 北近畿タンゴ鉄道時代の旧駅名は厚中問屋。
駅舎。ホームと待合室のみのシンプルな作りである。
ホーム。隣の線路はJR山陰本線であり、当駅はJRの線路沿いに駅が設置されている。
待合室内部。券売機等は設置されていない。
当駅の駅前には、宮福線の歴史に関する石碑がある。
歴史を示す石碑。宮福線の歴史を知ることが出来る。

—————————————
所在地:京都府福知山市
乗入路線  
宮福線

京丹後大宮駅

京都丹後鉄道宮豊線の駅、京丹後大宮の改札画像です。

駅名標。かつては「丹後大宮駅」であったが、京都丹後鉄道への移管に伴い、現在の駅名に改名された。
駅舎に描かれた小野小町のイラスト。当駅の立地する京丹後市大宮地区は小野小町ゆかりの里として知られている。
当駅には、京丹後市により駅愛称「小町の里」が命名されており、その説明書きの看板が設置されている。
京丹後市は当駅のみならず市内の全駅に愛称をつけているようであり、各駅の愛称を路線図形式で紹介する看板がホーム上にある。
駅舎。朱色を基調とした寺社風デザインの駅舎となっている。
ホームから見た駅舎の様子。
改札口。有人駅となっており、駅員による集改札が行われる。
駅舎内には有人窓口があり乗車券類の購入が可能である。
駅舎内部は待合スペースとなっている。
駅舎内のガラスには小野小町のイラストが入っている。
駅舎横には夜間の無人時間帯用の出入り口が設けられている。
また、駅裏には勝手口があり、ホームに入ることが出来る。
ホーム側から見た勝手口の様子。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能。当駅には特急「はしだて」や「たんごリレー」も停車する。
駅舎反対側の2番ホームへは構内踏切を渡り移動する。
宮津方面のホームには待合室が3箇所も設けられている。最も豊岡寄りの待合室は、木造の趣ある雰囲気の待合室である。
ホーム中央付近には屋根付きの大きな待合スペースが設けられている。
ホーム中央付近の待合スペースにはこいのぼりをモチーフとした木製のベンチが設置されている。
待合スペース内には駅名が縦に手書きで書かれているが、駅名改称に未対応となっている。
最も宮津寄りにある待合スペースは、小規模な小ぢんまりとしたものとなっている。
この待合所内には木製・手書きと思われる番線標が設置されている。このように、宮津方面ホームの3箇所の待合室にはそれぞれ特徴がある。あなたならどの待合室で列車を待ちたいだろうか。
1番のりばの番線標も、国鉄時代から残ると思われる雰囲気が感じられる。
ホームには京丹後市名産の丹後ちりめんをモチーフとした歓迎看板が設置されている。
駅前の様子。旧大宮町の中心駅である当駅の駅前には大宮町が設置したと思われる歓迎看板が2本建っている。

————————————————–
所在地:京都府京丹後市
乗入路線
宮豊線