福知山駅

北近畿の交通の要所、福知山の改札画像です。

山陰本線駅名標、北近畿における交通の要所の1つであり、山陰本線・福知山線とも当駅が始発・終着が列車が多い。
福知山線駅名標、福知山線は当駅が終着となり、特急を除いて山陰本線に直通する列車の設定は無い。
ラインカラー導入前の駅名標、JR西日本標準の青ラインの駅名標となっていた。
京都丹後鉄道駅名標、通称「丹鉄」として慕われており、以前は北近畿タンゴ鉄道として運行されていた。宮福線には特急「はしだて」号が山陰本線から乗り入れる。

北口駅舎、当駅はJR線・京都丹後鉄道どちらも高架駅となっている。北口はJR西日本福知山支社や福知山城が最寄りとなる。
南口駅舎、国道9号線方面はこちらが最寄りとなる。
改札口、北近畿エリアのICOCAエリア拡大に合わせて、自動改札機が導入された。
自動改札化前の改札口、有人ラッチよる改札が行われていた。
改札隣にはみどりの窓口と自動券売機が計3台設置されている。
京都丹後鉄道乗り換え改札、中2階部分に当たる場所にある改札で丹鉄の利用時はここの券売機で切符を買うことになる。
京都丹後鉄道乗り換え用のIC専用自動改札機は中2階の通路上に設置されている。

丹鉄側より乗りかえ用の通路を撮影。
ホームは3面5線で、北近畿ビックXネットワークの呼び名の通り南北四方向に向かう特急が停車する。そのため高架駅でありながら非常に広い構内を持つ。
丹鉄入口、宮津・天橋立方面へは直通特急のある丹鉄が便利である。
京都丹後鉄道線改札、奥がJR線乗り換え口となっており、同じ詰所を共有している。
京都丹後鉄道線改札周辺、自動券売機は1台のみの設置で食券タイプの自動券売機になっている。
丹鉄コンコース、手狭ではあるがトイレとエスカレーターが設置されている。
丹鉄ホームは島式1面2線のホームで、番線はJRとは連番では無く丹鉄の1・2番ホームとなっている。
丹鉄ホームは頭端式ホームになっており、JR線に直通する列車はJR線ホームを発着することになっている。

 
 
南口には福知山駅南口公園があり、公園内にはSLと転車台が展示されている。
C11機関車と転車台、C11機関車は国鉄篠山線で実際に使われていたもので篠山市から福知山へと移送され展示されている。転車台はかつてあった福知山機関区にあったものを移設したものであり、転車台の上に静態保存されたSLが展示されている例は福知山以外には存在しないそうである。
C11形式40号機関車・転車台の説明文。

—————————————
所在地:京都府福知山市
乗入路線
 山陰本線
舞鶴線)
福知山線 
宮福線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください