コウノトリの郷駅

京都丹後鉄道宮豊線の駅、コウノトリの郷の改札画像です。

駅名標、北近畿タンゴ鉄道時代の駅名は但馬三江駅で、現在は副駅名になっている。
当駅周辺の名所案内看板
当駅周辺の写真入りの名所看板。
駅舎、近年改修工事がされリニューアルされた。
ホーム側から撮影した駅舎。
当駅は無人駅の為、改札口は存在しない。
窓口の様なものがあるが中は駅舎に併設されたそば屋である。
駅舎に併設されたそば屋の外観、閉店したとの情報もあるが真相は謎。取材時は営業していなかった。
駅舎内部は待合室になっている。キャスター付きの椅子も数脚あった。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム上には木造の趣のある待合室がある。
待合室を反対側から撮影。
ホームはかつて島式1面2線の構造であったことが伺える。
当駅~豊岡駅間にある円山橋梁の旧橋に使われていたレールのモニュメントと案内文がホームにある。
駅前にも旧円山橋梁のモニュメントが展示されている。

————————————————–
所在地:兵庫県豊岡市
乗入路線
宮豊線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください