武蔵小杉駅

JRと東急の2社5路線の接続駅、武蔵小杉駅の改札画像です。

南武線駅名標。当駅は横須賀線・湘南新宿ライン・東横線・目黒線との接続駅である。
南武線における最混雑区間は武蔵中原→当駅間であり、当駅で乗換客が多数乗降する。
駅番号の他に、スリーレターコード”MKG”が設定されている。
横須賀線・湘南新宿ライン駅名標。以前は横須賀線・湘南新宿ラインは当駅付近を
通過するのみで駅はなかったが、2010年春のダイヤ改正時にホームが新設された。
南武線・東横線・目黒線と横須賀線のホームはかなり離れており、乗り換えには時間を要する。
東横線駅名標。当駅は東横線の特急以下の種別が停車する主要駅である。
目黒線駅名標。2008年まで目黒線は当駅を終点としていたが、現在は日吉駅が終点である。
当駅を含む田園調布ー日吉間は東横線と目黒線が並走する区間となっている。
JR南武線駅舎。南武線と横須賀線はホームが離れており別駅舎となっている。
なお改札内で連絡通路を介して繋がっており、改札外乗り換えの必要はない。
JR線北改札(南武線口)。南武線の利用および東急線への乗換が便利。
当駅の利用者数は神奈川県のJR駅としては横浜駅、川崎駅に次ぐ第3位である。
JR横須賀線駅舎。南武線や東急線の駅とはかなり距離がある。
JR新南改札。横須賀線側の改札であり、南武線利用・東急線への乗り換えには適さない。
JR新南改札(臨時入場口)。朝ラッシュ時の混雑対策として新設された改札。
平日朝7:00〜9:00のみ営業、交通系IC専用、入場専用の無人改札である。
営業時間外は、画像のようにバリケードで封鎖され、利用できない。
東急線駅舎。駅ビル「武蔵小杉東急スクエア」が入居する高架駅舎である。
東横線・目黒線JR線方面改札。南武線を始めとしたJR線への乗り換えに便利な改札。
東横線・目黒線南改札。ららテラス武蔵小杉やグランツリー武蔵小杉方面に便利。
東横線・目黒線東急スクエア連絡口。営業時間10:00〜22:00。
名前の通り武蔵小杉東急スクエアに直結する改札である。
当改札からホームへ向かうエレベーターは設置されていないので注意。
東急線ホームからみた当駅周辺の街並み。
当駅周辺は近年再開発が行われ、タワーマンションの建設ラッシュとなっている。
特に、横須賀線・湘南新宿ラインが当駅に停車するようになって以降、利便性が格段に向上し
住みたい街ランキング上位にランクインするようになり住民の増加が著しい。
朝ラッシュ時は混雑の影響で改札への入場制限が起きるなど弊害もある。
当駅周辺にはタワーマンションのみならず商業施設も進出している。
東急線駅近くには三井不動産が運営するららテラス武蔵小杉が出店した。
2014年に開業したグランツリー武蔵小杉。
当駅周辺でのタワーマンションの建設、商業施設の進出が進んだ結果、
当駅の利用者数は年々増加の一途をたどっている。

—————————————
所在地:川崎市中原区
乗入路線
南武線
横須賀線
湘南新宿ライン
東急東横線
東急目黒線

全国の「小杉駅」リンク
->富山県にある北陸本線の小杉駅

西武新宿駅

西武新宿線の始発駅、西武新宿の改札画像です。

○駅名標

西武新宿駅名

○駅舎
JR・小田急・京王線の新宿駅とは300m程離れた歌舞伎町付近に位置する。
駅舎は駅ビルとなっており、西武新宿
PePeとプリンスホテルが入居する。
新宿西武駅舎

○正面口改札
当駅利用者の大半が利用する改札。JR新宿駅への乗り換えも便利。
新宿西武正面口

○北口改札
無人改札。大久保公園、歌舞伎町、ホテル街方面へは当改札が便利。

営業時間が限られており、7:00〜終電車までの営業となる。


西武新宿北口

—————————————
所在地:東京都新宿区
乗入路線
 西武新宿線

中目黒駅

東横線と日比谷線の駅、中目黒の改札画像です。

○駅名標

東横線

日比谷線




○駅舎






○正面改札口
○南改札口
————————————————–
所在地:東京都目黒区
乗入路線
東急東横線

東京メトロ日比谷線