羽田空港第3ターミナル駅

東京の空の玄関口、羽田空港国際線ターミナルの改札画像です。

駅名標。当駅は羽田空港第3旅客ターミナルの最寄駅である。第3旅客ターミナルからは国際線が発着する。
国際線が発着する第3ターミナル最寄駅ということもあり、英語主体の駅名標も設置されている。駅名表示は英語のほか、中国語・朝鮮語の4ヶ国語対応となっている。
旧駅名標。2020年春のダイヤ改正までは、「羽田空港国際線ターミナル」という駅名であった。
国際線ターミナル駅時代も、英語主体の駅名標が設置されていた。当時は中国語表記はなく、朝鮮語表記のみがなされていた。
1番線改札。当駅はホーム毎に改札が分かれている。1番線は羽田空港国内線ターミナル行きが発着するホームであり、改札口はターミナル地下2階にある。
2番線改札。2番線は品川・成田空港・川崎・横浜方面への列車が発着する。2番線改札はターミナルビルの到着ロビーがある2階に位置する。
ホームは相対式2面2線。ホームドアが完備されている。
ホームは相対式2面2線となっており、ホームドアが完備されている。

—————————————
所在地:東京都大田区
乗入路線
 京急空港線

羽田空港第1・第2ターミナル駅

羽田空港国内線最寄り駅、羽田空港第 1・第2ターミナルの改札画像です。

駅名標。当駅は東京の空の玄関口である羽田空港第1・第2旅客ターミナルの最寄駅である。第1・第2ターミナルからは国内線が発着しており、第1ターミナルは主にJALが、第2ターミナルは主にANAが使用している。 
旧駅名標。2020年春のダイヤ改正まで、駅名は「羽田空港国内線ターミナル」であった。羽田空港には京急線のほか東京モノレールも乗り入れるが、モノレールは浜松町止まりなのに対し、京急は都営浅草線・成田空港・川崎・横浜方面へ直通で行けるため優勢である。
第1旅客ターミナル口改札。JAL・SKY等が使用する第1旅客ターミナルに通じる改札。ホーム後方車両(品川方面)寄りに位置しており、改札内では赤色で案内されている。
第2旅客ターミナル口改札。ANA・ADO・SNA等が使用する第2旅客ターミナルに通じる改札。ホームの先頭車両寄りに位置しており、改札内では青色で案内されている。
ホームは島式1面2線となっている。当駅は京急空港線の終着駅であり、全列車が当駅で折り返す。列車は1番線→2番線→1番線→2番線…と交互に発着する。
羽田空港では、利用する航空会社によってターミナルが異なるため、駅構内へは第1ターミナル方面は赤色、第2ターミナル方面は青色に色分けして案内されている。エアラインのイメージカラーを利用した分かりやすい旅客案内がなされている。

—————————————
所在地:東京都大田区
乗入路線
 京急空港線

京急電鉄の駅 一覧

京急本線
泉岳寺 – 品川 – 北品川 – 新馬場 – 青物横丁鮫洲 – 立会川 – 大森海岸 – 平和島 – 大森町 – 梅屋敷 – 京急蒲田 – 雑色 – 六郷土手 – 京急川崎 – 八丁畷 – 鶴見市場 – 京急鶴見花月総持寺 – 生麦 – 京急新子安 – 子安 – 神奈川新町 – 京急東神奈川 – 神奈川 – 横浜 – 戸部 – 日ノ出町 – 黄金町南太田井土ヶ谷弘明寺上大岡屏風浦杉田京急富岡能見台金沢文庫金沢八景追浜京急田浦安針塚逸見汐入横須賀中央県立大学堀ノ内京急大津馬堀海岸浦賀

空港線
京急蒲田 – 糀谷 – 大鳥居 – 穴守稲荷 – 天空橋 – 羽田空港国際線ターミナル羽田空港国内線ターミナル

大師線
京急川崎 – 六郷橋 – 港町 – 鈴木町 – 川崎大師 – 東門前 – 大師橋 – 小島新田

逗子線
金沢八景六浦神武寺逗子・葉山

久里浜線
堀ノ内新大津北久里浜京急久里浜YRP野比京急長沢津久井浜三浦海岸三崎口