大師橋駅

京急大師線の駅、大師橋の改札画像です。

産業道路駅時代の駅名標。当駅は2020年春に駅名改称がされる前は産業道路駅という駅名であった。駅名は駅のすぐそばを通る産業道路(神奈川県道6号線)に由来していた。
駅舎。地下化に伴い、取材時も工事が行われていた。
改札口
駅舎内部。工事中であることもあり、かなり手狭な印象を受ける。
ホームは相対式2面2線。京急大師線は地下化工事が進められているが、当駅は他駅に先駆けて地下化が実施された。
旧駅名の由来となった産業道路。地上駅時代は産業道路と大師線の交差地点であるこの場所には踏切があったが、この踏切が渋滞の原因であったため、渋滞解消のために当駅が他駅に先駆けて地下化されることとなった。
産業道路越しに見た当駅駅舎付近の様子。仮囲いの奥では地上駅時代の設備撤去の工事が行われているものと思われる。
当駅周辺の工事現場の様子。取材時、架線等は撤去されていたが、線路はまだ残っていた。

—————————————
所在地:川崎市川崎区
乗入路線 
京急大師線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください