東門前駅

京急大師線の駅、東門前の改札画像です。

駅名標
駅舎。近年まで京急線では貴重となった木造駅舎が残っていたが、現在は地下化工事に伴い改築されてしまった。
改札口
ホームは相対式2面2線となっている。現在、京急大師線は地下化工事を行っており、当駅も将来的には地下化される予定である。そのため、地上にホームがある光景はもうすぐ見納めとなる。
ホームの屋根は木造で、歴史を感じさせる雰囲気が漂う。
川崎方面ホームへは、京急線では珍しい構内踏切を渡り移動する。地下化後は、この構内踏切も見納めになってしまう。

—————————————
所在地:川崎市川崎区
乗入路線 
京急大師線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください