都住駅

長野電鉄の駅、都住の改札画像です。

駅名標、文字が薄くなっている箇所がある
当駅にはホーロー縦型駅名標が残っていた
当駅設置の名所案内看板
駅入口、当駅はホームと待合室があるのみの無人駅であり、改札口は存在しない
待合室はホーム上に設けられている
待合室には手書きの駅名標が取り付けられているが、経年劣化により錆ついている
ホーム外側には柵がなされているため、駅の外からホームへは待合室を必ず経由する構造になっている
待合室内には自動券売機が1台設置されている
待合室外には木製の乗車券入れ箱が置かれている
駅舎内部には達筆な告知看板が貼られている
ホームは単式1面1線の棒線駅であり列車の行き違いは不可能である。ホーム長野方には板張りの部分が存在する
駅構内には待合室から離れた場所に便所が設けられている。使用には勇気が要りそうだ

—————————————
所在地:長野県下高井郡小布施町
所属路線
長野電鉄

江川崎駅

予土線の駅、江川崎の改札画像です。

駅名標、当駅は予土線の運行拠点駅の1つであり、半数の列車が当駅で宇和島方面へ折り返す。当駅は高知県の駅であるが、高知県内である窪川方面へ向かう列車より、愛媛県となる宇和島方面へ向かう列車の方が多い
当駅構内には錆び付いた鉄板の手書き縦型駅名標が残っていた
駅舎、一部二階建ての構造をした地平駅舎となっている
当駅では運賃・きっぷは車内での収受となっており集改札業務を行わないため、改札口は存在しない
駅舎ホーム側出入口の様子、有人駅時代に使用されていたと思われる改札ラッチが残っており、その傍らには「らぶらぶベンチ」も設置されている
駅舎内には出札窓口が設けられており、定期券や予土線グッズの販売を行なっている
駅舎内部は待合室となっている
駅舎内部の様子
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎とホームは構内踏切にて結ばれる
構内踏切の様子
ホームは島式1面2線であり、列車の行き違い・折り返しが可能である
ホームには部分的に上屋がかけられている
ホーム上屋の下は待合スペースとなっている

—————————————————
所在地:高知県四万十市
乗入路線
予土線(しまんとグリーンライン)

浦幌駅

根室本線の駅、浦幌の改札画像です。

駅名標、当駅には一部の特急「おおぞら」号が停車する
当駅の隣にはかつて上厚内駅が存在したが、利用者僅少により2017年春に廃止となった
当駅にもホーロー縦型駅名標が残っていた
駅舎、三角屋根が特徴的な駅舎となっている
改札口、当駅は有人駅であり、係員による集改札が行われる
当駅にはみどりの窓口が設置されている
駅舎内部は待合室となっている
出場側から見た改札口の様子
浦幌駅だけに当駅駅舎裏ホーローがある
手書き看板も浦幌町への来訪を歓迎しているようだ
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは相対式2面2線であり列車の行き違いが可能である
当駅構内にはレンガ造りの倉庫が残っていた

—————————————
所在地:北海道十勝郡浦幌町
乗入路線
根室本線

石生駅

福知山線の駅、石生の改札画像です。

駅名標、旧氷上町の玄関駅でありかつては特急「北近畿」が停車していたが、現在は特急は停車せず普通列車のみが停車する。
ホーム上には旧氷上町の歓迎看板が設置されている。
当駅が最寄り休養施設「やすら樹」のイラスト入り案内看板もホーム上に設置されている。
東口駅舎、福知山線では珍しい木造駅舎が現存する駅となっている。
駅入口には「石生駅」と書かれた木製の駅名板が掲げられている。
東口改札、IC専用自動改札機が1台設置されている。
東口の旧改札跡と窓口跡は板によって閉鎖されている。なお東口は西口より先に無人化された歴史がある。
東口駅舎内部、駅舎内はベンチが置かれ待合室になっている。
ホームから見た東口駅舎の様子、木造の歴史ある駅舎であることが伝わってくる。
西口駅舎、西口は1995年に跨線橋から延長する形で造られた。西口は旧氷上町の中心部側の駅舎になり、駅前は東口に比べひらけている。
西口駅舎内部、西口には階段の踊り場部分に有人の窓口と改札口があったが、2021年に無人化され有人窓口は廃止され無人駅となった。
西口旧窓口跡、西口は跨線橋を増築して造った関係上、ほとんどが階段と通路で構成されている。
西口改札、西口の階段付近にIC専用の自動改札機が1台設置されている。
西口から跨線橋方面を撮影、跨線橋行き止まり部分に西口を増設し、跨線橋を改造したことが分かる。
跨線橋内から西口方面を撮影、跨線橋は木造の跨線橋で歴史あるものとなっている。
跨線橋は天井も側面の壁も全て木造になっている。
跨線橋の階段部分には「タクシーのりば」と書かれた手書き看板が取り付けられている。
ホームは2面3線のホームで、行き違い・通過待ち・折り返しが可能となっている。

—————————————
所在地:兵庫県丹波市
乗入路線
福知山線

大阪梅田駅

阪急電鉄と阪神電鉄の駅、大阪梅田の改札画像です。

神戸線駅名標 、当駅は1日約50万人が利用する阪急電鉄の大ターミナル駅である。 当駅には神戸本線、宝塚本線、京都本線の3路線の電車が乗り入れる。
梅田阪急神戸線駅名
駅名変更前の神戸線駅名標
宝塚線駅名標、ラインカラーは橙である。そのため駅番号は橙色で表記される
梅田阪急宝塚線駅名
駅名変更前の宝塚線駅名標
京都線駅名標、ラインカラーは緑である。そのため駅番号は緑色で表記される。神戸・宝塚両線が中津駅に停車するのに対し、京都線は全列車が中津を通過する。そのため、京都線の駅名標には中津駅を通過する旨の記載がある。
梅田阪急京都線駅名
駅名変更前の京都線駅名標
駅舎、高架駅となっている。
3階改札口、頭端式ホームの先端部に改札口が設けられている
3階改札口
3階改札口
3階改札口の券売機は改札中央部に設けられている。
2階中央改札口、当駅の利用者数は西日本の大手私鉄の駅としては最多である
2階中央改札口
2階中央改札口の自動券売機は改札中央に設けられている。
茶屋町口改札
茶屋町口改札
ホームは頭端式10面9線となっており、頭端式ホームとしてはJR線も含めて日本最大規模を誇る。1・2・3号線を京都線、4・5・6号線を宝塚線、7・8・9号線を神戸線が使用する
阪神駅舎、阪神百貨店と一体化した駅舎となっている。
東口改札、頭端式ホームに面した改札になっている。
東口改札、柱を挟んで多くの自動改札機が設置されている。
東口改札
西口改札
百貨店口改札

—————————————
所在地:大阪市北区
乗入路線
阪急神戸線
阪急宝塚線
阪急京都線
阪神本線