下立駅

富山地方鉄道本線の駅、下立の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号のステッカーが貼られている。
駅番号導入前の駅名標
駅全景。無人駅となっており、ホームと待合室があるのみである。当駅周辺は黒部市宇奈月町の中心部となっている。
待合室。エメラルドグリーンの外観が特徴的である。
待合室内部
待合室にはホーロー製の縦型駅名標が残っている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
また、ホームの宇奈月温泉方面にも階段があるが…
これは当駅に隣接する広場にある公衆トイレへアクセスしやすくするために設けられたものであると思われる。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

品井沼駅

東北本線の駅、品井沼の改札画像です。

駅名標
駅舎。開業当時からの歴史ある木造駅舎であったが、経年劣化に伴い残念ながら2019年に解体されてしまった。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。
業務委託駅で、日中のみ駅員がおり乗車券の購入が可能。また、窓口横には荷物取り扱い窓口の跡と思われる扉も残っている。
駅舎内の待合スペース
駅舎横に設置されている便所も歴史を感じさせる雰囲気が漂う
ホームは2面2線。かつては2面3線であったが現在中線は使用されておらず草が生えている。またホームはゆるくカーブしていることがわかる
中線には柵がなされている
当駅の跨線橋は歴史を感じさせる雰囲気が漂う
跨線橋入口
跨線橋内部。木の骨組みと内壁が趣深い
跨線橋入口には「3番ホーム」と書かれた手書きの木製看板が取り付けられている
同様に、駅舎にも「1番ホーム」と書かれた手書きの看板が設置されている
3番線仙台方面ホームの待合室。木造の趣ある待合室である
1番線小牛田方面ホームから3番線待合室を望む。
国鉄時代から残ると思われる木製の駅名標が取り付けられておりエモさが漂う
木製駅名標を裏から望む。裏側には隣駅表示として「まつしま」と書かれていたと思われる跡が残る。東北本線が旧線で利府駅を経由していた時代、当駅の隣駅は松島駅(現在の愛宕駅付近に相当)であった。このことから、この駅名標は旧線時代から使用されている可能性が高いと思われる。

—————————————
所在地:宮城県宮城郡松島町
乗入路線
東北本線

西武園駅

西武西武園線の終着駅、西武園の改札画像です。

西武園駅名
駅名標。西武園線は当駅と東村山駅の1駅間だけを結ぶ路線である。駅番号は国分寺線からの続番となっている。
西武園北口駅舎
北口駅舎。西武園ゆうえんち・西武園競輪方面へ通じる。

西武園南口駅舎
南口駅舎。当駅周辺の住宅街のある側へ通じる

西武園改札
改札口
西武園ホーム
当駅が終着のため、行き止まりとなっている。終着駅の趣が漂う。
西武園競輪
西武園競輪は駅北口から徒歩3分。ギャンブル親父に夢を与える。
西武園遊園地
西武園ゆうえんちは駅から少し歩く。子供たちに夢を与える。夏場はプールも営業。

————————————————–
所在地:東京都東村山市
乗入路線
西武園線

東小諸駅

小海線の駅、東小諸の改札画像です。

駅名標。長野支社標準デザインの自立式駅名標となっている。
駅入口。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホーム側から見た駅出入口の様子。駅出入口は小淵沢寄りに1箇所のみ設けられている。
駅出入口付近には「せんろはあぶないちかよるな」と書かれた手書き・ホーローっぽい看板が設置されている。国鉄時代から残るものかどうかは不明。
ホーム上の待合室はログハウス風のデザインとなっている。
待合室内部の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で列車の行き違いは不可能である。当駅も隣の乙女駅同様、すぐ隣をしなの鉄道(旧信越本線)が並走しているが、ホームは小海線にのみ設けられている。

—————————————
所在地:長野県小諸市
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

肥前山口駅

長崎本線と佐世保線の駅、肥前山口の改札画像です。

駅名標。江北町のマスコットキャラである「へそガエルBikkie」のイラスト入りである。当駅は長崎本線と佐世保線の分岐駅であり、佐世保線は当駅が起点となっている。
自立式駅名標。手書きとなっており、吊り下げ式同様に江北町マスコットキャラのイラスト入りである。吊り下げ式と異なり、隣駅表示に路線名が併記されている。
当駅には国鉄デザインの手書き駅名標も設置されている。
また、手書きの名所案内も設置されている。
駅舎。橋上駅舎となっている。
南口側の駅舎は、北口側と比べ簡素な構造となっている
改札口。有人駅となっている。
きっぷ売り場。自動券売機があるほか、みどりの窓口も設置されている。
改札口付近には小ぢんまりとした待合室も設けられている。
駅舎は南北自由通路も併設している。
ホームは3面5線となっている。長崎本線と佐世保線が分岐する拠点駅であることもあり、駅構内は広い。長崎本線・佐世保線それぞれに当駅始発・終着列車が存在する。
ホームは3面5線となっている。長崎本線と佐世保線が分岐する拠点駅であることもあり、駅構内は広い。長崎本線・佐世保線それぞれに当駅始発・終着列車が存在する。
当駅のホーム屋根は歴史が感じられる雰囲気が漂うものである。
ホーム屋根の様子。古レールを利用した趣深い構造である
当駅構内には留置線も設けられている
ホーム屋根柱に設置された看板。手書きっぽい雰囲気が漂う。
ホーム屋根柱に取り付けられた「電車区」と書かれた木箱。古くから残るものと推測される。
先述の通り、当駅構内には国鉄時代から残ると思われる手書きの名所案内・駅名標が存在する。
古くから残ると思われる謎の装置。当駅の長い歴史を伺い知ることができる。
駅構内にある「旅情」と書かれた石碑。九州特有の、彫刻文字が金色になった石碑である。
当駅は、「最長片道切符」のゴール地点として知られ、当駅構内の歓迎看板にもその旨が記されている。
当駅北口駅前には、最長片道切符のゴール地点であることを示す石碑が置かれている。この石碑は、15年ほど前にNHKで放映された最長片道切符の番組にちなみ設置されたものである。
駅前に設置された時計にも、「JR最長片道切符の旅 ゴール」と書かれており、最長片道切符をPRしている。時計には江北町マスコットキャラ「へそガエルBikkie」のイラストも入る。
南口の駅前には、へそガエルBikkieの石碑も設けられている。

—————————————
所在地:佐賀県杵島郡江北町
乗入路線
長崎本線
佐世保線