一身田駅

紀勢本線の駅、一身田の改札画像です。

自立式駅名標。「一身田」と書いて「いしんでん」と読む難読駅名とされている。
吊下式駅名標。当駅の近隣には伊勢鉄道東一身田駅、近鉄名古屋線高田本山駅がある。東一身田駅へは徒歩20分程度、高田本山駅へは徒歩30分程度で連絡できる。
駅舎。築100年程度の趣ある風情の木造駅舎となっている。
駅舎に掲げられた1種駅名標は木製・手書きのものとなっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部。かつての窓口跡は封鎖されている。また、自動券売機等は設置されていない。
駅舎内部は広々とした待合スペースとなっている。
駅舎のホーム側には歴史を感じさせる造りのベンチが設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
上下線ホームの行き来は地下通路にて行う。
当駅のホーム上屋は木造の趣ある造りとなっている。
2番線のホーム上屋。1番線同様に木造のレトロ感ある造りである。

—————————————————
所在地:三重県津市
乗入路線
紀勢本線

貞光駅

徳島線の駅、貞光の改札画像です。

駅名標。当駅は特急剣山号も含むすべての列車が停車する。
駅番号導入後に設置された駅名標は従来のものと比べるとフォントが異なっている。
駅舎。古くから使用されている木造駅舎であるが、リニューアルにより洋風のデザインとなっている。
当駅は簡易委託駅であり、窓口営業時間帯には係員が配置されるが、窓口営業時間外は無人駅となる。
当駅は特急停車駅であるが、自動券売機等は設置されていない。駅舎内には時刻表と運賃表が貼られているが…
「切符は汽車の中で購入して下さい」と手書きの貼り紙がなされている。県内全路線全区間が非電化であり、電化区間が一切存在しない徳島県においては列車=ディーゼルカーであり、県民はディーゼルカーを指して「汽車」と呼ぶことが多いようである。
駅舎内部には売店・窓口が設けられている。売店営業時に窓口も営業するようである。
駅舎内部は待合室となっている。
駅舎内には、貞光駅改装を記念し寄贈された旨が書かれた手書き看板が設置されている。おそらくテレビか何かが設置されていたものと思われるが、現在は撤去されており何が寄贈されたのか謎である。
ホームから見た駅舎の様子
駅舎のホーム側には「最短ルート剣山登山口」と書かれた看板がある。剣山への最寄駅は当駅である。
駅舎からホームは構内踏切で結ばれる
駅舎側から見た構内踏切の様子
ホームにはのりば案内がダイレクトに書かれている。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
当駅の上屋は木造となっている。
上屋内部の様子。天井には板が張られており、徳島線他駅の上屋とは構造が異なっている。
上屋には手書きの番線標が取り付けてある。画像は1番のりばの番線標。
上屋に取り付けられた2番のりばの手書き番線標。四国地区では数字を○で囲み①②と表記する例が比較的よく見られる。
当駅に進入する特急剣山号。当駅には特急列車を含むすべての列車が停車する。
先述の通り、当駅は剣山の最寄駅であるため、ホーム上には「国定公園剣山登山口」と書かれた大きな石碑がある。
駅構内には、剣山をモチーフにしたとされる庭園が設けられている。
また、ホーム上には「巨樹王国」と書かれたモニュメントも存在する。巨樹とは地上から高さ1.3m、幹周が3m以上になる樹木のことを指すが、そのような大木が当駅が最寄駅であるつるぎ町一宇地区に数多く存在するため、当駅にモニュメントが設置されているようである。

—————————————————
所在地:徳島県美馬郡つるぎ町
乗入路線
徳島線(よしの川ブルーライン)

東青原駅

山口線の駅、東青原の改札画像です。

駅名標。ラインカラーには対応していない。
駅全景。当駅には駅舎はなく、ホームと待合室があるのみとなっている。
駅入口の様子。当駅は無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
待合室の壁には青地に白字の駅名標が設置されている。
ホーム側から見た駅出入口の様子。階段わきには集札箱が置かれている。
ホーム上には待合室が設置されている。
待合室内部にはベンチが設置されている。

—————————————
所在地:島根県鹿足郡津和野町
乗入路線
山口線

羽黒下駅

小海線の駅、羽黒下の改札画像です。

駅名標。星空と八ヶ岳をモチーフとした小海線オリジナルデザインとなっている。
駅舎。開業当時からの木造駅舎が残るが、近年外装がリニューアルされた。
リニューアルに伴い設置された1種駅名標。近隣の八千穂駅および篠ノ井線内の駅も同様の意匠でリニューアルがなされている。
駅舎入り口付近には従来からの木製1種駅名標も残る。
改札口。当駅は有人駅であるが、係員不在時間帯は無人駅となる。
切符売り場の様子。当駅には自動券売機は設置されていないが、佐久穂町委託の窓口があり、乗車券類の購入が可能である。
窓口付近には国鉄の趣が感じられる「出札窓口」の表示がある
同様に、精算窓口の文字からも国鉄っぽい雰囲気が感じられる。精算の「米」部分の下半分は剥がれて無くなってしまっている。
駅舎内部は待合室となっている
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能となっている
駅舎反対側の小海・小淵沢方面ホームへは構内踏切を渡って移動する。
反対側ホームにも小ぢんまりとした待合室が設けられている。
駅舎反対側ホーム上には当駅の標高を示した石碑が設置されている。
また、同じく駅舎反対側ホーム上には佐久穂町設置と思われるモニュメントがある。

—————————————
所在地:長野県南佐久郡佐久穂町
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

佐世保駅

佐世保線と松浦鉄道の駅、佐世保の改札画像です。

JR線駅名標。佐世保独楽と九十九島をイメージしたイラスト入りである。当駅は佐世保線の終着駅であり、長崎県第二の都市である佐世保市の代表駅である。
松浦鉄道駅名標。JR九州の駅名標と色違いで、海をモチーフとしたイラストが入っている。当駅は松浦鉄道西九州線の終着駅である。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。JR九州・松浦鉄道ともに、同じ駅舎となっている。
当駅はJR線の駅としては日本最西端の駅に当たり、当駅にはその旨を示す碑が建てられている。なお、2本のレールを使用する普通鉄道の駅では、当駅にも乗り入れる松浦鉄道のたびら平戸口駅が最西端であり、モノレールも含めれば、沖縄都市モノレールの那覇空港駅が最西端である。
JR線改札口。当駅には自動改札機が設置されているが、SUGOCA・nimoca等の交通系ICはJR線では使用できない。一方、松浦鉄道では、車内ICリーダー方式でnimoca等の交通系ICが使用できる。
きっぷ売り場。自動券売機があるほか、みどりの窓口が設けられている。
駅舎内部。駅ビル「えきマチ1丁目佐世保」となっており、テナントとしてエレナ(スーパーマーケット)などが入居している。
改札内コンコース
改札内コンコースには、佐世保名物の1つである佐世保バーガーを販売する店舗が入居している。
JR線ホームは3面6線であり、構内はかなり広くなっている。
1番のりばは頭端式ホームとなっている。
1・2番のりばのホーム上には、松浦鉄道のりばへの中間改札が設けられている。
松浦鉄道ホームは頭端式1面2線となっている。
1番・2番のりばいずれも、線路は当駅で行き止まりとなっている。
ホーム上には待合スペースが設けられている。
松浦鉄道ホームからJR線ホーム方向を望む。階段を降りるとダイレクトに外へ出ることができる。改札口は特に設けられていない。そのため、階段わきには自動券売機が置かれており、松浦鉄道の乗車券が購入できる。
松浦鉄道のホームへと直接通じる入口。JR線改札と向かい合うような位置にあり、階段・エスカレーターを上がると松浦鉄道ホームへダイレクトに行くことができる。
松浦鉄道からJR線へ乗り換える際は、松浦鉄道ホームからまっすぐ進んだ先にある中間改札を通る必要がある。
松浦鉄道には、鉄道むすめ「西浦ありさ」がおり、駅構内でポスターなどを見ることができる。
駅西口側を出ると、すぐ近くに港があり、軍港・港湾の街として栄えた佐世保市の歴史を垣間見ることができる。

—————————————
所在地:長崎県佐世保市
乗入路線
佐世保線
大村線)
西九州線