竜舞駅

東武小泉線の駅、竜舞の改札画像です。

駅名標。当駅は東小泉と太田を結ぶ小泉線支線の唯一の中間駅である。小泉線支線のほとんどの列車は桐生線に直通し、東小泉ー赤城間で運行される。
駅舎。近年改築されたと思われる比較的新しい簡易駅舎となっている。
駅舎内部。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
超広角カメラ(GoPro)で撮影した駅舎内部の様子
逆サイドから見た駅舎内部の様子
駅舎からホームは跨線橋で結ばれている
駅舎とホームは跨線橋で結ばれている
ホームは島式1面2線で列車の行き違いが可能である
当駅は無人駅となっているため、駅前の工務店が駅管理の業務を受託している。なお、この看板は手書きであるものと思われる。
駅業務委託先である工務店は、駅舎から見て真向かいに位置している。
駅業務受託先の工務店の様子
軒先にはきっぷ販売所の看板がある。なお、以前は切符の購入ができたようであるが、現在切符の購入が可能かどうかは不明である。

————————————————–
所在地:群馬県太田市
乗入路線
東武小泉線(支線)

南太田駅

京急本線の駅、南太田の改札画像です。

駅名標
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。
駅前広場側から見た駅舎の様子
改札口
券売機は2台設置されている
ホームは相対式2面4線となっており、通過線が2線設けられている。
当駅では上下線ともに、優等列車の通過待ちが頻繁に行われるため、画像のように、上下線の普通列車が同時に長時間停車する様子が見られる。
ホームには、電車がこれより先に止まることを示す看板が設置されている。

—————————————
所在地:横浜市南区
乗入路線
京急本線

東姫路駅

JR神戸線の駅、東姫路の改札画像です。

駅名標。2016年開業の比較的新しい駅である。
駅舎。地上駅舎となっている。
改札口。自動改札機の扉部分には姫路市の鳥である「シラサギ」のイラストが入る。

—————————————

所在地:兵庫県姫路市
乗入路線
 山陽本線(JR神戸線)

 

菅谷駅

磐越東線の駅、菅谷の改札画像です。 

駅名標
旧駅舎。1948(昭和23)年の開業当時からの木造駅舎が使用されてきたが、2020年2月に新駅舎が供用開始されたことに伴い、現在は解体されている。磐越東線はおろか、東北地方全体を見ても貴重になりつつある木造駅舎がまた1つ姿を消してしまった。
旧駅舎改札口跡。無人駅となっており、改札口は存在しなかった。
旧駅舎時代は平日のみ窓口が営業しており、乗車券の購入が可能であった。新駅舎開業に伴い完全な無人駅となり、当駅で乗車券は買えなくなってしまった。
旧駅舎の待合スペースは広々としていた。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可である。
旧駅舎時代、当駅には手書き看板が複数あった。画像は駅舎正面に掲げられていたもの。
「菅谷駅乗車券発売所」と書かれた、窓口に掲げられていた手書き看板。
磐越東線友の会による「きっぷは当駅から買ってね」看板。これらの看板は無論、旧駅舎の解体に伴い全てが姿を消している。木造駅舎の解体のみならず、こういった素晴らしい看板群が消滅してしまうのも、時代の流れとはいえ寂しいものである。

—————————————
所在地:福島県田村市
乗入路線
 磐越東線 

衣摺加美北駅

おおさか東線の駅、衣摺加美北の改札画像です。

駅名標。当駅は2018年開業で、おおさか東線の先行開業区間では最も新しい駅である。駅名は、当駅が東大阪市「衣摺」と大阪市平野区「加美北」の境にあるため、両者の地名を取り命名された。
おおさか東線ではガラス部分にも駅名標の記載がある。
駅舎。清潔感のある高架駅となっている。
改札口。自動改札機は3通路設置されている。
ホームは相対式2面2線となっている。

—————————————
所在地:大阪府東大阪市
乗入路線
 おおさか東線