上川口駅

山陰本線の駅、上川口の改札画像です。

駅名標。ラインカラーに対応している。
駅舎。
駅出入口。無人駅のため集札箱のみ設置されている。
駅舎内部。待合室となっており、多くのものが設置・展示されている。
ホーム。2面3線のホームで特急の待避も可能である。
ホーム。跨線橋上より撮影。
ホーム上にも待合室がある。
上川口駅では、名誉駅長を募集しているらしい。 興味ある方はいかがだろうか?

————————————— 
所在地:京都府福知山市 
乗入路線
 山陰本線

中土駅

大糸線の駅、中土の改札画像です。

駅名標。大糸線内のJR西日本の駅としては最南端に位置する。
また当駅と北小谷駅は数少ない長野県内にあるJR西日本の駅である。
駅舎。ログハウス風の駅舎を有する。
駅舎内部。比較的広い空間ではあるが、券売機等はなく多くのベンチが置かれている。
待合室、別方向より撮影。
ホーム。かつては島式ホームだったようだが、現在は片面のみ使用されている。
ホームへは構内踏切を渡って移動する。

—————————————
所在地:長野県北安曇郡小谷村
所属路線
大糸線

北小谷駅

大糸線の駅、北小谷の改札画像です。

駅名標、長野県内における数少ないJR西日本の管理駅である。
駅周辺の名所案内がある。中には徒歩5時間の記載もある。
駅舎、趣のある木造駅舎を有する。
駅舎、ホーム側から撮影。
駅舎内部、無人駅であり改札や自動券売機等の設備はない。
また当駅ー南小谷間は大糸線で最も本数が少なく、時刻表からも本数の少なさが伺える。
駅舎内部、ベンチやゴミ箱、列車の遅延などを伝えるモニターがある。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム、松本方面を望む。線路をまたぐ高架橋は国道148号である。

—————————————
所在地:長野県北安曇郡小谷村
所属路線
大糸線

平岩駅

大糸線の駅、平岩の改札画像です。

駅名標。大糸線は当駅以北が新潟県、隣の北小谷駅以南は長野県となる。
県境の駅であるため、糸魚川ー当駅の区間列車が1日2往復ある。
当駅ー南小谷間は1日7往復と、大糸線全線で最も本数が少ない区間となる。
駅舎
駅舎入口に掲げられた駅名表示
駅舎からホームへの扉付近。無人駅であり改札や自動券売機はない。
かつての窓口跡は封鎖されている。iPadを利用した列車運行案内モニタがある。
駅舎内の待合スペース
駅舎からホームへは屋根のある連絡通路を通る
駅舎からホームへは構内踏切を通る
駅舎から見たホームの様子。駅構内は比較的広い
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可。かつては島式ホームであったことがわかる。
ホームから南小谷方面を望む
線路脇にある謎の小屋
大糸線では遠く美祢線から転属してきたキハ120が塗色を変えずに走る姿が見られる

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
大糸線

小滝駅

大糸線の駅、小滝の改札画像です。

駅名標
駅舎。青いトタン屋根が特徴的な趣ある雰囲気の木造駅舎である
駅前に設置された糸魚川ジオパークの観光案内
駅舎からホームへの扉付近。無人駅であり改札や券売機は存在しない。
駅舎内の待合スペース
駅舎からホームへの通路
ホームへは構内踏切を通る…が、線路は撤去されており今はただの通路である
構内踏切跡から見たホームの様子。単式1面1線の棒線駅で行違い不可。
ホームからは謎の支柱がポツンと1本だけ建っているのを見ることができる。
駅周辺は自然豊かな環境が広がっており、秘境駅の趣がある。
大糸線では遠く岡山から転属してきたキハ120が塗色を変えずにそのまま走っている

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
大糸線