秩父別駅

留萌本線の駅、秩父別の改札画像です。

駅名標
駅舎。トタン屋根が特徴的な、築50年程の味のある木造駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部には窓口があったと思われる痕跡が残る。現在、窓口跡は板で塞がれてしまっている。
駅舎内は待合室となっている。また、当駅の駅舎内には鉢植えがいくつか置かれている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
駅舎にはホーロー製の縦型駅名標が取り付けられているが…
柱1本に1枚という勢いで取り付けられており、ホーローだらけとなっている。
当駅のホーム上には花壇があるが、よく見ると植栽の形が「JRチップベツ」となっている。

—————————————
所在地:北海道雨竜郡秩父別町
乗入路線
留萌本線

大隅夏井駅

日南線の駅、大隅夏井の改札画像です。 

駅名標。当駅は隣の志布志駅同様、日南線でただ2つ鹿児島県内にある駅である。隣の福島高松駅は宮崎県となる。
駅舎。コンクリート造りの小ぢんまりとした駅舎である。
駅舎に掲げられた駅名表示は国鉄時代から残ると思われる趣ある書体である。
駅入口。無人駅となっており改札口は存在しない。
ホーム側から見た駅入口の様子。かつて窓口があったと思われる痕跡も残る。
駅舎内には待合室がある。なお、手前の錆びた白い箱は集札箱である。
ホーム側から見た駅舎内部全景
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可。線路には草が生えているが廃線ではなく現役路線である。
駅前には種田山頭火の歌碑が置かれている。

————————————— 
所在地:鹿児島県志布志市
乗入路線
日南線

平野駅

大和路線の駅、平野の改札画像です。

駅名標、当駅には普通列車のみ停車する。平野綾や平野紫耀とは関係がない。また地下鉄谷町線にも「平野駅」が存在するが両駅は離れており乗り換え駅ではない。
北口駅舎、自由通路を兼ねた橋上駅舎を有する。
南口駅舎。南口側は北口側とは異なる形状の駅舎となっている。
改札口、自動改札機は4通路設置されている。
ホームは2面3線+通過線1線となっている。また当駅からは貨物線が分岐している。

—————————————
所在地:大阪市平野区
乗入路線
関西本線(大和路線)

中加積駅

富山地方鉄道本線の駅、中加積の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが、駅番号は以前の駅名標にステッカーで貼られたのみで、駅名標の交換は行われていない。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。以前と同じ駅舎であるが、近年外壁が再塗装され美装化がなされた。
以前の駅舎。かなり歴史を感じさせる外観であったことがわかる。また、駅舎の扉は以前木製であったが現在は新しいものに交換されたこともわかる。
駅舎内部。かつての窓口・改札口跡が残る。現在は無人駅となっておりホームへはダイレクトに行くことができる。
以前の駅舎内部。現在は窓口跡を塞ぐ板は新しいものに張り替えられ、窓枠や内壁も再塗装されていることがわかる。
駅舎内部。座布団が置かれておりきちんと管理されている印象を受ける。
以前は「荷物扱所」の表示が残っていた
ホームは相対式2面2線で行き違い可能
下り魚津・黒部・宇奈月温泉方面へは構内踏切を渡る必要がある

—————————————
所在地:富山県滑川市
所属路線
富山地方鉄道本線

忠類駅

国鉄広尾線の駅、忠類の廃駅画像です。
 
駅名標。当駅は国鉄広尾線の廃線に伴い、1987年に廃止となった。ホーム跡には営業当時から残ると思われる駅名標が残っている。広尾線には廃止後に保存されている駅が複数あるが、営業当時の駅名標がそのまま残るのは当駅のみと思われ、非常に貴重なものである。
駅舎。営業当時に使用されていたと思われる木造駅舎がそのまま残っている。駅舎横の大木と合わさって、趣ある雰囲気を感じさせる。
駅舎。営業当時に使用されていたと思われる木造駅舎がそのまま残っている。駅舎横の大木と合わさって、趣ある雰囲気を感じさせる。
駅舎には、ホーロー駅名標が廃止から30年以上経った現在でも残っている。
駅舎内部の駅舎からホームに出る扉付近の様子。木製の古い窓や扉がそのまま残されている。
かつての窓口・駅員詰所跡の様子。ベンチが2台置かれているほか、国鉄時代のポスターや看板がそのまま残されており、タイムスリップしたような感覚に陥るエモい空間が広がる。
看板類の様子。国鉄時代の運賃表、お知らせ看板等、古い看板が大量に残されており、看板マニアにはたまらない空間となっている。
駅員詰所内には、ホーロー看板2枚と、古い構内図があり、非常に貴重な看板を見ることができる。(ガラス窓越しに撮影)
駅舎内部の様子。カーキャッチャーや標識等が置かれている。また、営業当時に使用されていたと思われるストーブ等もあり、趣が感じられる。
駅舎のホーム側には木製の看板が設置されている。
同様に、ホーム側には忠類駅と書かれた手書きっぽい看板が残されている。
駅舎のホーム側には、営業当時に使用されている古い看板が、見せつけるかのように何枚も置かれている。
荷物扱いの看板、安全第一の看板。このように、当駅には趣ある木造駅舎や古い貴重な看板が残っている。愛国駅や幸福駅も遺構が残されているが、それらと比べて当駅は観光地化されていないばかりか、貴重なものがたくさん残されておりマニア的には見所に溢れている。
ホーム・線路は現在も残されており、貨物用車両が保存されている。当駅は帯広から50km、帯広空港からも25kmほど離れており、お世辞にもアクセスがいいとは言えない。しかし、看板マニア必見の代物が多数あるため、十勝地区に来たならばぜひ訪れたいスポットである。
————————————— 
所在地:北海道中川郡幕別町
乗入路線
 広尾線