志紀駅

大和路線の駅、志紀の改札画像です。

駅名標、当駅には普通列車のみ停車する。
西口駅舎、当駅は地上駅でありホームは高架のように見えるが盛り土のホームである。また改札前は自由通路になっており東西の行き来ができる。
改札口、自動改札機は4通路設置されている。
ホームは相対式2面2線のホームを有している。

—————————————
所在地:大阪府八尾市
乗入路線
関西本線(大和路線)

浜加積駅

富山地方鉄道本線の駅、浜加積の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが、従来の駅名標に駅番号のステッカーを貼り付けたのみである。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。歴史と趣を感じさせる木造駅舎が現在も使用されている。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
駅舎内部。古い看板が未だに残っており非常にエモい空間となっている
駅舎内の待合スペース。木製のベンチが設置されている。

駅舎からホームへの通路はレトロな雰囲気が漂う。
通路脇にはソファが置かれている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。並行してあいの風鉄道が通っているが駅は地鉄電車のみに設けられている。

—————————————
所在地:富山県滑川市
所属路線
富山地方鉄道本線

花巻駅

東北本線と釜石線の駅、花巻の改札画像です。

駅名標。当駅は東北本線と釜石線の接続駅である。釜石線の列車には盛岡へ直通する列車があり、盛岡直通列車は当駅で列車の進行方向を変える。
釜石線オリジナル駅名標。「銀河鉄道の夜」の作者として知られる宮沢賢治はここ花巻の出身で、「銀河鉄道の夜」は釜石線の前身である岩手軽便鉄道をモチーフに作られたものである。そのため、釜石線各駅にはエスペラント語の愛称とそれにちなんだイラスト入りの駅名標が設置されている。
駅舎。近年リニューアルが行われ、「宮沢賢治の世界」をコンセプトとし大正時代のレンガ造りの建物をイメージした外観となった。また、ガラス面には青色のフィルムを貼ることで「銀河鉄道の夜」の世界を表現している。
リニューアル前の当駅の駅舎(2013年ごろ取材)
改札口。自動改札機が設置されているが、Suica等の交通系ICは使用不可である。
駅舎内の待合室。宮沢賢治風のデザインとなっている。
当駅は東京からちょうど500kmの地点に位置するため、東北本線ホーム上には大きなキロポストのモニュメントが展示されている。なお、東京から500kmの距離は東海道本線では石山駅(滋賀県)に相当する。

—————————————
所在地:岩手県花巻市
乗入路線
東北本線
釜石線

吾野駅

西武池袋線と西武秩父線の駅、吾野の改札画像です。

駅名標。当駅は西武池袋線の終着駅であり西武秩父線の起点駅でもある。しかしながら当駅始発・終着となる列車は1往復のみで、それ以外の列車は飯能ー西武秩父間を直通する。そのため列車運行上の西武秩父線の起点駅は飯能駅となっており、当駅は中間駅のような扱いとなっている。
駅舎。当駅は1929年に開業後、1969年に西武秩父まで延伸するまでの40年間は終着駅であった。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎とホームは構内踏切で結ばれる。
ホームは島式1面2線で交換可能。ゆるくカーブしている。
ホーム上にベンチが置かれており、待合スペースとなっている

—————————————
所在地:埼玉県飯能市
乗入路線
西武池袋線
西武秩父線

市布駅

長崎本線の駅、市布の改札画像です。

駅名標。当駅は長崎本線のうち、喜々津ー市布ー浦上間の新線にある駅である。新線を経由する快速シーサイドライナーおよび普通列車は、当駅駅名をとって「市布経由」と案内される。なお、旧線経由の列車は、「長与経由」と案内されている。
駅舎。駅員詰所と地下道入り口があるのみの、小ぢんまりとした駅舎である。
駅舎内部。無人駅となっており、自動券売機、IC専用簡易改札機等が設置されている。
簡易改札機は地下道入り口部分に置かれており、ホームへはこの地下道を経由してアクセスする。
ホームは島式1面2線となっており、行違いが可能である。ホームの幅は比較的狭く、屋根はごく一部しか設けられていないため、雨天時の列車待ちにはあまり向いていない駅である。

—————————————
所在地:長崎県長崎市
乗入路線
長崎本線