長門湯本駅

美祢線の駅、長門湯本の改札画像です。

駅名標。当駅は駅名の通り長門湯本温泉の最寄駅である。
駅舎。歴史を感じさせる木造駅舎が残っている。
駅舎の正面には木が植えられているため、駅舎を正面から撮影することは困難である。
駅舎には美祢線沿線でよく見かける緑地の駅名標が取り付けられている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつての窓口跡は封鎖されており、掲示板となっている。自動券売機の設置はみられない。
駅舎内は待合室となっている
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。かつては相対式2面2線で交換可能であったようで、ホームの跡が残っている。
長門湯本の温泉街は当駅を出て左側に進み徒歩10分程度でたどり着く。
当駅ホーム厚狭方から望む長門湯本の温泉街
当駅には鉄筋コンクリート造りと思われる便所が設置されている。
便所入口には「洗面所」と書かれた看板がある。
便所にはホーム側からも入ることができる。
ホーム側には「手洗所」と書かれた看板があり、改札外のものと表記が異なる。
駅前にある「ふじた商店」では乗車券販売の委託を行なっていたようであり、そのことを示す看板が残されている。現在も営業しているかどうかは不明である。

—————————————
所在地:山口県長門市
乗入路線
美祢線

浅利駅

山陰本線の駅、浅利の改札画像です。

駅名標
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎が残る。かつての駅事務室のスペースに山陰合同銀行の支店が入居しているため、当駅前には銀行を利用する利用者の車が駐車する光景がしばしば見られる。
駅舎に掲げられた1種駅名標は国鉄時代からのものと思われる。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
改札口跡には集札箱があるほか、改札ラッチの名残と思われる金属製の棒が残っている。
かつて窓口や駅事務室があったと思われる箇所には、前述の通り銀行が入居しているため、現在は当時どのような構造であったか伺い知ることは難しい。
駅舎内部は待合室となっている
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。
かつては島式1面2線構造を有していたと思われ、ホームの駅舎側には線路を撤去した名残と思われるスペースがみられる。
ホームと駅舎を結ぶ通路はかつて構内踏切であったものと思われる。
また、ホーム出入口付近にはかつて見張台か何かが建っていたと思われる土台のみが現在も残っている。
ホーム上の待合室は木造の趣あるものとなっている。屋根瓦は白い独特なものである。
木造待合室の屋根の鬼瓦にはJRロゴが入っている。このタイプの鬼瓦は、主に山陰地区の木造駅舎や木造待合室の屋根瓦でしばしば見かける特徴的なものである。
当駅の便所も、駅舎・ホーム待合室同様に木造の趣ある造りとなっている。しかし使用には勇気が要りそうだ。
駅舎側面には「駐車禁止」と書かれた木製手書き看板がある。
ホーム上には、○の中に□が書かれた謎の手書き記号が書かれている。
反対側には、○の中に△が書かれた記号が同様に手書きで書かれている。おそらく、タブレット閉塞時代の通票記号の名残と思われるが、真実は定かではない。

—————————————
所在地:島根県江津市
乗入路線
山陰本線

地福駅

山口線の駅、地福の改札画像です。

駅名標
SLやまぐち号停車駅に設置されているレトロデザイン駅名標
駅舎。赤い瓦屋根が特徴的な木造駅舎となっている。
当駅の1種駅名標は山口線でよく見られる青地に白字のものとなっている。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。
駅舎内部は待合スペースとなっている。
駅舎内部の様子
当駅ではかつての駅事務室内も改装され、待合室として利用できるようになっている。
入口側から見た駅事務室跡地転用待合室内部の様子。真ん中にストーブが置かれていることが特徴である。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
駅舎とホームは構内踏切で結ばれる
構内踏切付近には安全第一を啓発する緑十字の石碑がある。
このほか、駅舎から少し離れた箇所には便所と駐輪場がある。
駐輪場には自転車の施錠を啓発する手書き看板がある。
また、阿東町が設置した手書き看板も残っている。阿東町は2010年に山口市に編入合併され消滅している。

—————————————
所在地:山口県山口市
乗入路線
山口線

千旦駅

和歌山線の駅、千旦の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。せんだみつおとは関係ない。
駅入口。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
当駅には自動券売機が設置されている。ICOCA等の交通系ICが利用可能であるが、列車内に設置された車載機での対応であるため、当駅には簡易改札機は設置されていない。
ホーム上の待合所内部の様子。地元学生によるイラストが展示されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
和歌山線

諸寄駅

山陰本線の駅、諸寄の改札画像です。

山陰地区への路線記号導入に伴い、駅名標がラインカラー対応となった。 山陰本線(城崎温泉~米子)は、「鳥取二十世紀梨の色」となっている。
駅舎、開業当初から残ると思われる木造駅舎が現役である。
駅舎にある第一種駅名標、文字は消えている。
当駅は無人駅の為改札口は存在しない。
ホーム側より撮影、集札箱が設置されている。
駅舎内部は待合室になっている。
駅舎内部、内部にはベンチ以外特に何もない。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム上にはトイレがある。
駅前の駐輪場は木製になっている。なおバイクや自転車の駐輪台数は多くない。

—————————————
所在地:兵庫県美方郡新温泉町
乗入路線
■ 山陰本線