品井沼駅

東北本線の駅、品井沼の改札画像です。

駅名標
駅舎。開業当時からの歴史ある木造駅舎であったが、経年劣化に伴い残念ながら2019年に解体されてしまった。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。
業務委託駅で、日中のみ駅員がおり乗車券の購入が可能。また、窓口横には荷物取り扱い窓口の跡と思われる扉も残っている。
駅舎内の待合スペース
駅舎横に設置されている便所も歴史を感じさせる雰囲気が漂う
ホームは2面2線。かつては2面3線であったが現在中線は使用されておらず草が生えている。またホームはゆるくカーブしていることがわかる
中線には柵がなされている
当駅の跨線橋は歴史を感じさせる雰囲気が漂う
跨線橋入口
跨線橋内部。木の骨組みと内壁が趣深い
跨線橋入口には「3番ホーム」と書かれた手書きの木製看板が取り付けられている
同様に、駅舎にも「1番ホーム」と書かれた手書きの看板が設置されている
3番線仙台方面ホームの待合室。木造の趣ある待合室である
1番線小牛田方面ホームから3番線待合室を望む。
国鉄時代から残ると思われる木製の駅名標が取り付けられておりエモさが漂う
木製駅名標を裏から望む。裏側には隣駅表示として「まつしま」と書かれていたと思われる跡が残る。東北本線が旧線で利府駅を経由していた時代、当駅の隣駅は松島駅(現在の愛宕駅付近に相当)であった。このことから、この駅名標は旧線時代から使用されている可能性が高いと思われる。

—————————————
所在地:宮城県宮城郡松島町
乗入路線
東北本線

東小諸駅

小海線の駅、東小諸の改札画像です。

駅名標。長野支社標準デザインの自立式駅名標となっている。
駅入口。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅となっており、ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホーム側から見た駅出入口の様子。駅出入口は小淵沢寄りに1箇所のみ設けられている。
駅出入口付近には「せんろはあぶないちかよるな」と書かれた手書き・ホーローっぽい看板が設置されている。国鉄時代から残るものかどうかは不明。
ホーム上の待合室はログハウス風のデザインとなっている。
待合室内部の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で列車の行き違いは不可能である。当駅も隣の乙女駅同様、すぐ隣をしなの鉄道(旧信越本線)が並走しているが、ホームは小海線にのみ設けられている。

—————————————
所在地:長野県小諸市
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

南仙台駅

東北本線の駅、南仙台の改札画像です。

駅名標。東北本線のほか常磐線と仙台空港アクセス線の列車も乗り入れるが、駅名標のラインカラーは東北本線のもののみが表示されている。
駅舎。丸いアーチ状の屋根が特徴的な地平駅舎である。
改札口。Suica対応の自動改札機が設置されている。特定都区市内「仙台市内」の駅は当駅までである。隣の名取駅より南では「仙台市内」発着の乗車券での乗下車は不可能で、精算が必要。

—————————————
所在地:仙台市太白区
乗入路線
東北本線
( 常磐線)
( 仙台空港アクセス線)

磐城浅川駅

水郡線の駅、磐城浅川の改札画像です。

駅名標
駅舎。近年改築された駅舎は木材の温かみが感じられるデザインとなっている
改札口。当駅は簡易委託駅となっているが、取材時は無人であったため集改札を行うかどうかは不明である。
当駅には窓口が設けられており、営業時は乗車券の購入が可能である。営業時間外は無人駅となる。
駅舎内部の待合スペース。机のある椅子も設けられており、当駅の主な利用者層であろう高校生が列車待ちの間に勉強できるようになっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつてのホーム跡と思われる構造物も残っており、以前は交換可能な構造であったことがうかがえる。

————————————— 
所在地:福島県石川郡浅川町
乗入路線
水郡線