谷田川駅

水郡線の駅、谷田川の改札画像です。

駅名標
駅舎。近年改築された簡易駅舎である。磐城守山駅のものとはデザインが異なる。無人駅であり、ホームにダイレクトに行くことができる。
駅舎内部。シースルー構造となっており夜は外から丸見えである
ホームは相対式2面2線で行き違い可能となっている
駅舎反対側の郡山方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある

————————————— 
所在地:福島県郡山市
乗入路線
水郡線

矢板駅

宇都宮線の駅、矢板の改札画像です。

駅名標
国鉄風デザインの自立式駅名標も設置されている。
駅舎。赤い瓦屋根が特徴的な木造駅舎であり、宇都宮線内では年々数を減らしている木造駅舎が現役である。
改札口。自動改札機が3通路設置されている。
乗車券売り場は指定席券売機と自動券売機が設置されている
駅舎内部の待合スペース
ホームは2面3線となっている
駅東口側にはJR貨物の矢板ORSがある。かつては当駅での貨物列車の発着があったが現在はトラック便のみが発着する。

—————————————
所在地:栃木県矢板市
乗入路線
東北本線(宇都宮線)

くりこま高原駅

東北新幹線の駅、くりこま高原の改札画像です。

駅名標。当駅は1990年に地元の要望により開設された請願駅。駅設置に当たってはくりはら田園鉄道との交点に設置する案もあったようだが、地元の若柳町と築館町とがお互い駅設置を譲らなかった結果、両町の中間地点である当地に駅が設置された。
駅舎。星型のような窓の形が特徴的な高架駅舎となっている。当駅は若柳町と築館町の中間地点である当地に設置されたが、若柳町・築館町は合併により栗原市の一部となり2005年に両町とも消滅。新幹線が接続する案もあったくりはら田園鉄道も経営悪化により2007年に廃線となっている。
改札口。自動改札機が2通路設置されている。
改札内から望む改札口。「ようこそくりこま高原駅へ」と書かれた看板には世界谷地や伊豆沼・内沼といった当駅周辺の景勝地の写真が入っている。
みどりの窓口があるほか、指定席券売機・自動券売機が設定されている。
駅舎内には土産物店が営業している
栗原市の観光案内所も駅舎内にある
改札内コンコース。照明が緑色っぽい独特の色となっている
改札内コンコースには伊豆沼・内沼の冬の風景をはじめとした栗原地域の美しい風景が描かれている
ホームは相対式2面2線。当駅は後付けで設置されたためホームはダイレクトに本線に面している。そのためホームドアが設置されている。列車通過時はホームに面した線路を時速300km/h以上の速度で通過するため、恐怖と迫力を感じる。
当駅新幹線ホームから東口側を望む。田園風景が広がるが駅周辺には駐車場が整備されている。当駅は宮城県北部の広範囲から自家用車で利用者を集めており、宮城県北への玄関口の1つとしてしっかり機能しているようである。
東口駅前には田園風景に似つかわしくない謎の高層建築が建つが、これはエポカ21というホテル・レストラン・結婚式場などが一体となった複合施設である。ある程度離れた場所からもその姿を見ることができ、当駅周辺のランドマークとしても機能している。
当駅から西口側を望む。西口側では駅前にイオンが営業している。
当駅西口駅前には水車が立っている。開設当初は日本一の大きさを誇っていたが、現在は記録が更新され日本一ではなくなってしまったようである。

—————————————
所在地:宮城県栗原市
乗入路線
東北新幹線

磐城守山駅

水郡線の駅、磐城守山の改札画像です。

駅名標。当駅は水戸支社管轄のため、駅名標は水戸支社仕様となっている。隣の安積永盛駅からは東北本線となり、仙台支社管轄となる。
駅舎。近年建てられた簡易型の駅舎となっている。無人駅でありホームへはダイレクトに行くことができる。
駅舎内部の様子。駅舎左側・右側にそれぞれ待合スペースが設けられている。
駅舎内部は夜は外から丸見えとなり、夏には虫が入り込むことが予想される構造である。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつてのホーム跡と思われる構造物が残っており、以前は相対式ホームで交換可能であったと思われる。

————————————— 
所在地:福島県郡山市
乗入路線
水郡線

浅内駅

岩泉線の駅、浅内の廃駅画像です。

駅舎。当駅は岩泉線の中間駅であったが、2014年に同線の廃止に伴い廃止となった。当駅は廃止後も木造駅舎が保存されている。
取材時は駅舎内に立ち入ることもできた。かつて改札口があったと思われる箇所は、晩年は無人駅となり改札口は設けられていなかった。
かつて窓口があったと思われる部分。なぜか空き缶の入った袋が複数置かれていた。普段は住民のゴミ置き場として使用されているのかもしれない。
駅舎内には廃止後も危険品ご注意の手書き看板が残されていた。
また、国土美化のホーロー看板も設置されている。
駅舎内部には待合室が当時のまま残されている。待合室内には除雪機が置かれている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホーム・線路跡付近を望む。線路・ホームは残されているが、草に覆われており見え難くなっている。
駅構内の岩泉方向を望む。SL時代に使用されていたと思われる給水塔が残っている。このように、当駅は岩泉線の廃線跡において、木造駅舎・給水塔といった貴重な遺構が残る数少ない駅の1つである。興味がある方はぜひ訪れてみてほしい。

————————————— 
所在地:岩手県下閉伊郡岩泉町
乗入路線
 岩泉線