角の浜駅

八戸線の駅、角の浜の改札画像です。

駅名標
駅全景。当駅はホームがあるのみの無人駅であり、駅舎および改札口は存在しない。
ホーム上に待合室が設けられている。
待合室内部の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅であり、列車の行き違いは不可能である。

————————————————–
所在地:岩手県九戸郡洋野町
乗入路線
八戸線

南越谷駅

武蔵野線の駅、南越谷の改札画像です。

駅名標。JR東日本の一部の駅で見られる、横に細長いタイプの駅名標となっている。当駅は東武スカイツリーライン新越谷駅との乗り換え駅となっている。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。高架駅となっており高架下に駅舎がある。東武鉄道新越谷駅とは隣接しており、屋根付きの通路で乗り換えが可能である。
駅舎。高架駅となっており高架下に駅舎がある。東武鉄道新越谷駅とは隣接しており、屋根付きの通路で乗り換えが可能である。
改札口。当駅の利用者数は武蔵野線内では西船橋駅に次ぐ第2位、埼玉県内では大宮駅、浦和駅、川口駅に次ぐ第4位である。東武線との乗換駅であることもあり利用者数が多いことが伺える。
ホームは相対式2面2線となっている。
ホーム上には東武線へののりかえを示す手書き看板が残っていた。

—————————————————
所在地:埼玉県越谷市
乗入路線
武蔵野線

平内駅

八戸線の駅、平内の改札画像です。

駅名標
駅入口。当駅はホームがあるのみの無人駅であり、改札口は存在しない。
ホーム上に待合室が設けられている。
ホーム向かい側に待合室が設けられている。当駅付近に高校があるため、通学客の利便性を考慮して設けられているものと思われる。
待合室内部は広々としている。
待合室内部の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅であり、列車の行き違いは不可能である。

————————————————–
所在地:岩手県九戸郡洋野町
乗入路線
八戸線

新八柱駅

武蔵野線の駅、新八柱の改札画像です。

駅名標。新京成線八柱駅との乗換駅である。新京成線が「やばしら」駅なのに対し、当駅は「しんやはしら」駅であり、濁らない。
駅舎。当駅は地下駅であり、地上に駅舎が設けられている。
1種駅名標は国鉄時代に設置されたと思われる立体文字である。
改札口
ホームは相対式2面2線である。柱が多数立っており見通しは悪い。

—————————————————
所在地:千葉県松戸市
乗入路線
武蔵野線

種市駅

八戸線の駅、種市の改札画像です。

駅名標
当駅には近年までホーロー縦型駅名標が残っていたが、現在は撤去されてしまったようだ。
駅舎。鉄筋コンクリート製となっている。
取材時は有人駅であり係員による集改札が行われていたが、現在は無人駅となった。
当駅には自動券売機が設置されている。取材時はみどりの窓口も設けられていたが、無人化に伴い営業を終了した。
駅舎内部は待合室となっている。
駅舎ホーム側には集札箱とベンチが設けられている。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり列車の行き違いは不可能である。かつては相対式ホームで交換可能であったと思われ、ホーム跡と線路を剥がした痕跡が残っている。
かつて使用されていたホーム跡には「指差呼称の励行」と書かれていた。
ホーム上には木造と思われる倉庫が残っていた。
当駅が立地する洋野町(旧:種市町)は南部もぐりとウニで有名な街であり、駅前には顔はめパネルも設けられている。

————————————————–
所在地:岩手県九戸郡洋野町
乗入路線
八戸線