羽黒下駅

小海線の駅、羽黒下の改札画像です。

駅名標。星空と八ヶ岳をモチーフとした小海線オリジナルデザインとなっている。
駅舎。開業当時からの木造駅舎が残るが、近年外装がリニューアルされた。
リニューアルに伴い設置された1種駅名標。近隣の八千穂駅および篠ノ井線内の駅も同様の意匠でリニューアルがなされている。
駅舎入り口付近には従来からの木製1種駅名標も残る。
改札口。当駅は有人駅であるが、係員不在時間帯は無人駅となる。
切符売り場の様子。当駅には自動券売機は設置されていないが、佐久穂町委託の窓口があり、乗車券類の購入が可能である。
窓口付近には国鉄の趣が感じられる「出札窓口」の表示がある
同様に、精算窓口の文字からも国鉄っぽい雰囲気が感じられる。精算の「米」部分の下半分は剥がれて無くなってしまっている。
駅舎内部は待合室となっている
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能となっている
駅舎反対側の小海・小淵沢方面ホームへは構内踏切を渡って移動する。
反対側ホームにも小ぢんまりとした待合室が設けられている。
駅舎反対側ホーム上には当駅の標高を示した石碑が設置されている。
また、同じく駅舎反対側ホーム上には佐久穂町設置と思われるモニュメントがある。

—————————————
所在地:長野県南佐久郡佐久穂町
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

桑折駅

東北本線の駅、桑折の改札画像です。

駅名標。「くわおり」と読みたくなるが、「こおり」と読む難読駅名である。
駅舎。素朴な雰囲気が漂う味のある木造駅舎が現役である。
ホームから見た駅舎の様子
改札口。IC専用簡易改札機および運行状況・時刻表表示モニターが設置されている。
出場側の簡易改札機および集札箱
当駅には自動券売機があるほか、窓口営業時間には窓口での切符購入も可能。またステーションギャラリーピーチプラザも駅舎内に入居している。
ステーションプラザピーチプラザ内部。ピーチプラザとの名の通り桑折町は桃の生産が盛んである。ご存知の通り、桃は福島県を代表する味覚の1つであるが、桃の名産地・福島の中でも桑折の桃は特に質の高いことで知られるようである。
駅舎内部の待合スペース
ホームは2面3線であるが、中線にはフェンスがなされ現在使用されておらず、実質2面2線での運用である。当駅のすぐ横を東北新幹線が通っているが、東北本線とほぼ同じ高さでの通過となっている。
当駅の下り白石・仙台方面ホーム上には鉄道事故・災害ゼロを願う「ゼロ災塔」が置かれている。
福島県内の東北本線の駅でよく見られる跨線橋への駅名表示。当駅の跨線橋にも「JRこおり」の表示がなされている。「こおり」の文字が可愛らしさを感じさせる書体となっている。
当駅の上り福島・郡山方面ホーム跨線橋付近にはレンガ造りの倉庫が残っている。

—————————————
所在地:福島県伊達郡桑折町
乗入路線
東北本線

六原駅

東北本線の駅、六原の改札画像です。

自立式駅名標。他駅とは異なるデザインの駅名標が設置されている。
壁掛け式駅名標。盛岡支社管内でしばしば見かけるタイプのひらがな主体デザインの駅名標となっている。
当駅には白地に黒文字タイプのホーロー式縦型駅名標が設置されている。但し、東北本線の他駅では設置枚数が多く、かつ状態も比較的良好なのに対し、当駅は仙台寄りのホーム端に1枚のみの設置であり、錆が多く状態も悪い。
駅舎。ブラウンを基調とした色合いの鉄筋コンクリート造り平屋建ての駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつての窓口跡は封鎖されており、自動券売機も設置されていない。
駅舎内部は待合スペースとなっており、比較的広々としている。
駅舎からホームへは跨線橋で連絡する。
但し、1番線の盛岡方面ホームへは、現在不使用の貨物線を横断する構内踏切を渡ることで、階段の上り下りをすることなく移動できる。
ホームは2面3線となっている。
当駅の跨線橋はレトロな雰囲気を感じさせる造りとなっている。
跨線橋は増築がなされたものと思われ、ドッキングした部分には微妙に段差があったり壁の構造が違ったりと、細かい違いがみられる。
当駅構内には複数のもじ鉄案件が見られる。跨線橋内には木製・手書きの出口看板が残る。
跨線橋内には木製・手書きの方面看板も残る。上半分が剥がれており「上野方面」のみが読み取れる。かつては「一ノ関」「仙台」などの駅名が上野の上に書かれていたものと思われる。
駅舎のホーム側には国鉄っぽい「出口」看板もみられる。
同じく駅舎ホーム側には「火気厳禁」と「通行禁止」のホーロー看板が残る。

—————————————
所在地:岩手県胆沢郡金ケ崎町
乗入路線
東北本線

青沼駅

小海線の駅、青沼の改札画像です。

駅名標
駅全景。ホームと待合室があるのみの無人駅となっている。
ホーム入口横には木の形をした公衆トイレが設けられている。
ホーム上には小ぢんまりとした待合室が設けられている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可能である。

—————————————
所在地:長野県佐久市
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

藤田駅

東北本線の駅、藤田の改札画像です。

駅名標。福島県中通りにおける福島県最北端の町・国見町の中心駅であり、当駅で福島方面へ折り返す列車が一部存在する。
駅舎。2019年春に建て替えられた新しい駅舎である。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎内の待合スペース
駅舎内には自動券売機があるほか、窓口営業時間には窓口での切符購入も可能である。
ホームは2面3線。中線は上下線の一部列車が使用しているようである
駅舎は改築され新しくなってしまったが、跨線橋は以前のものがそのまま残っている
福島県内の東北本線の駅でよく見られる跨線橋への駅名表示。当駅の跨線橋にも「JRふじた」の表示がなされている。「ふじた」の文字が可愛らしさを感じさせる書体となっている
桑折駅同様、当駅にも鉄道事故・災害ゼロを願う「ゼロ災塔」が置かれている

—————————————
所在地:福島県伊達郡国見町
乗入路線
東北本線