岩切駅

東北本線の駅、岩切の改札画像です。

駅名標。日英中朝の4ヶ国語対応の駅名標となっている。当駅には仙石東北ラインの快速列車が停車するため、東北本線と仙石線両方のラインカラーが入っている
4ヶ国語表記対応前の駅名標
東北本線利府支線(通称:利府線)駅名標。利府支線は当駅より東北本線から分岐し利府駅に至る。東北本線開業時、当駅ー品井沼間は利府経由で結ばれていたが、勾配が急であったため、現在の東北本線である塩釜経由の新線が建設された。その後利府以北が廃止され、現在の利府支線となった。
利府支線の駅名標(自立式)
北口駅舎。2018年に新しい橋上駅舎へと改築が行われた。
南口駅舎。橋上新駅舎開業に伴い、これまで出入り口のなかった南口側にも出入り口ができ利便性が向上した。
2016年取材時の旧駅舎。前述の通り旧駅舎は北口側にのみ駅舎があったため、南口からの利用は不便であった。
改札口。Suica対応の自動改札機が設置されている
旧駅舎時代の改札口。旧駅舎は現駅舎より小ぢんまりとしており、駅舎内もあまり広くはなかった。各ホームへは地下通路を通って連絡していた。
駅舎内部
改札口わきには待合室が設けられている
ホームは2面4線で、東北本線と利府支線が1面2線ずつ使用する
当駅の東側を東北新幹線が通っている
当駅に停車する利府行き各駅停車。1番線・2番線は利府線の列車(利府線から東北本線仙台方面への直通列車を含む)専用のホームとなっている。
当駅3・4番線ホーム上には謎の小屋・倉庫のような建物が建っている
当駅に停車する仙石東北ライン石巻行き快速列車。

—————————————
所在地:仙台市宮城野区
乗入路線
東北本線
東北本線利府支線(利府線)

北中込駅

小海線の駅、北中込の改札画像です。

駅名標。長野支社標準デザインの自立式駅名標となっている。
駅入口。当駅はホームと待合室があるのみの無人駅であり、改札口は存在しない。ホームへはダイレクトに行くことができる。
ホーム上には小ぢんまりとした待合室が設けられている。
当駅待合室と発車する小諸行き列車の様子
待合室内部の様子
当駅は駅舎のない無人駅でありながら自動券売機が設置されており、ホーム上には自動券売機専用の小屋が設けられている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可能となっている

—————————————
所在地:長野県佐久市
所属路線
小海線(八ヶ岳高原線)

大河原駅

東北本線の駅、大河原の改札画像です。

駅名標
仙台支社オリジナルの駅名標。当駅が最寄りである桜の名所・一日千本桜の写真が入る。
駅舎。直角三角形の屋根が特徴的な駅舎となっている
改札口。Suica等の交通系IC対応の自動改札機が設置されている

—————————————
所在地:宮城県柴田郡大河原町
乗入路線
東北本線

矢幅駅

東北本線の駅、矢幅の改札画像です。

駅名標。副駅名(岩手医科大学前)がつけられているが、岩手医科大学の矢巾キャンパスまでは徒歩15分程度を要する。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。白地に黒文字のタイプである。
黒地に白文字タイプのホーロー縦型駅名標も設置されている。はとばの字の間が少し空いている。
また、行灯タイプの三角縦型駅名標も設置されている。
西口駅舎。近代的な外観の橋上駅舎となっている。当駅は盛岡市のベッドタウンである矢巾町の中心駅である。町名は「矢巾」なのに対し、駅名は「矢幅」であり、表記が異なる。
東口駅舎。前述の通り当駅は橋上駅であるが、駅のすぐ東側を東北新幹線が通っているため、東口側の出入口は東北新幹線の高架下に設けられている。そのため、東口側から見ると高架駅のように見える。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。夜間は無人となるようである。
駅舎内部。自由通路と待合室が設けられている。
きっぷ売り場の様子。待合室内にみどりの窓口と自動券売機が設けられている。
待合室内部の様子
自由通路の端にも待合スペースがある。
当駅は橋上駅舎であるが、早朝・夜間の無人時間帯に限り駅舎を経由せずともダイレクトに駅の外に出られる夜間出入口が設けられている。
ホームは2面3線となっている。画像右側を通る高架橋は勿論、東北新幹線である。
駅前には鍵盤と楽譜をモチーフとしたモニュメントが設置されている。これは、地元矢巾町が音楽のまちとして町おこしをしていることに由来するものと思われる。
改札内には、岩手方言を標準語に訳すとどういう意味になるか書かれたホワイトボードが置かれている。あなたはいくつわかるだろうか。
当駅ホーム一ノ関寄りの新幹線高架下には、「楽しい旅は新幹線で」と書かれたイラスト看板が設置されている。

—————————————
所在地:岩手県紫波郡矢巾町
乗入路線
東北本線

陸前山王駅

東北本線の駅、陸前山王の改札画像です。

駅名標、仙石東北ラインの列車も通るため仙石線のラインカラーも表示されている。
駅名標
駅舎、仙台市近郊にありながら趣を感じさせる昔ながらの木造駅舎が現役で使用されている。
改札口、自動改札機が設置されているが完全な無人駅である。精算する必要があるときはインターホンで連絡しよう。
券売機・改札機・ベンチのみの小ぢんまりとしたつくりとなっている。
駅舎内には自動券売機が1台設置されている。また自動改札機が駅舎内のスペースの結構な割合を占めている。

—————————————
所在地:宮城県多賀城市
乗入路線
東北本線
仙石東北ライン)