トマム駅

石勝線の駅、トマムの改札画像です。

駅名標。当駅は全国でも珍しいカタカナのみの駅名となっている。駅名は駅周辺の地名「苫鵡(トマム)」に由来する。駅名の通り、当駅は星野リゾート・トマムの最寄駅である。
当駅には一見するとホーロー製駅名標に見える縦型駅名標が設置されているが、他駅のホーロー駅名標のデザインに似せた偽物である。
駅舎。鉄筋コンクリート造りの駅舎となっており、駅前広場より高い位置に駅入り口が設けられている。当駅は道内の駅で最も標高が高いため、冬季の積雪を考慮し、駅入り口が高くなっているものと思われる。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。窓口が設けられているが使用されていない。
駅舎内部は待合室となっている。
また、ホームの新得・帯広寄りにもホーム出入り口が設けられており、こちらからはホームへダイレクトに行くことができる。こちらは、主に星野リゾート・トマムへ向かう利用者向けの出入り口のようである。
ホーム出入り口付近の様子。星野リゾート・トマムへのシャトルバスはこの付近から発着するようである。
ホームは相対式2面2線となっており、列車行き違いが可能である。当駅には特急おおぞら号・とかち号の全列車が停車する。当駅から、隣の占冠駅までは21.8km、新得駅までは33.8km離れている。
石勝線名物であるポイント部分のスノーシェルターであるが、当駅にももちろん設置されている。
当駅は、星野リゾート・トマムの最寄駅であるという特性上、インバウンドの外国人観光客も多く利用する。しかし当駅は無人駅であるため、特急列車の乗車位置を案内するJRの係員は不在である。そのため、スマホでQRコードを読み込んで、乗車列車と号車・座席番号を入力すると乗車位置がわかるシステムが導入されている。
乗車位置は、北海道にゆかりのあるイラストと、色、アルファベットで案内される。色は全て異なり、イラストのイメージに近い色(画像ではキツネのマークはキツネ色)になっている。また、アルファベットとイラストの英語頭文字は同じ(キツネ:FOXのF)になっており、外国人利用者にもわかりやすくなっている。
ホーム上には、このような乗車位置案内看板がいくつも立てられており、列車を待つ際は、案内された看板の近くで待つと自分の座席位置に近いドアから乗車できる仕組みとなっている。
当駅の上下線ホーム間は、跨線橋で連絡している。この跨線橋は、星野リゾート・トマムの前身であるアルファリゾート・トマムの開業時に設置されたものである。
跨線橋は、そのまま星野リゾート・トマムの施設側に連絡通路として伸びているが…
現在は送迎バスでの送迎を行っているため、連絡通路は使用されておらず、通行できなくなっている。

—————————————
所在地:北海道勇払郡占冠村
乗入路線
石勝線

占冠駅

石勝線の駅、占冠の改札画像です。

駅名標。当駅を含む石勝線の新夕張ー新得間は、特急列車のみの運行で、普通列車が運行されない区間である。そのため、新夕張ー新得間各駅の相互発着に限り、特例で特急列車の普通車自由席に運賃のみで乗車することができる。
自立式駅名標。もし、当駅の駅名が「Cカップ」に聞こえたならば、あなたは不純である。取材班は、全員が不純であるため、もちろん「Cカップ」に空耳してしまった。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。鉄筋コンクリート製の横に細長い駅舎となっている。駅舎の左半分は保線基地として使用されている。当駅は占冠村の玄関口であるが、占冠村のみならず、近隣の南富良野町や日高町からも、新千歳空港や札幌へ向かう最寄駅として広く利用者を集めている。
駅舎に掲げられた駅名標からは、そこはかとなく国鉄みが感じられる。
また、駅舎には「占冠駅」の銘板と、「海抜348m」の表示があり、どちらも国鉄時代から残るもじ鉄案件であると思われる。
当駅は無人駅扱いとなっており、集改札は行わないようである。
当駅には占冠村委託の窓口があり、乗車券の購入が可能となっている。
駅舎内の待合スペース
また、待合室からの出入り口のほかに、勝手口が設けられている。取材時は開放状態となっていた。
勝手口のホーム側には集札箱もおかれていた。そのため常時通行可能であるものと思われる。
ホームは2面3線となっており、列車交換が可能となっている。隣の新夕張駅までは34.3km、トマム駅までは21.2km離れている。
当駅のホームにも、出口看板や番線標など、国鉄時代から残ると思われる看板がある。
冬期の積雪時に、雪によりポイントが切り替わらないことによる輸送障害を防ぐための、石勝線名物であるスノーシェルターは当駅にも設置されている。

—————————————
所在地:北海道勇払郡占冠村
乗入路線
石勝線

新夕張駅

石勝線の駅、新夕張の改札画像です。

駅名標。当駅からはかつて夕張駅まで石勝線の夕張支線が伸びていたが、2019年春に廃止となった。現在は石勝線の単独駅となっている。
自立式駅名標。隣駅表示「しむかっぷ」「たきのうえ」がステッカー対応となっているのは、夕張支線の廃止、十三里駅の廃止によるものである。なお、石勝線の当駅ー新得間は普通列車が運転されない区間であるため、特例で特急列車の普通車自由席に運賃のみで乗車できる。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
当駅はかつて紅葉山という駅名であった。そのため、駅前広場には紅葉山駅の駅名標をモチーフにした看板が設置されている。フォントは「ダサい書体」として知られるポップ体が使用されており、国鉄みは1ミリも感じられない。
駅舎。当駅は高架駅のように見えるが、盛り土上にある地上駅である。かつては現在の駅前広場の位置に駅があったようであるが、石勝線開通に伴い移転した。前述の通り、かつては紅葉山という駅名であり、地元の高齢者は今でも当駅を紅葉山駅と呼ぶ人もいるという。
改札口。有人駅となっており、集改札を行う。窓口営業時間外は無人となる。
駅舎内の待合スペース。待合室内には紅葉山駅時代の写真等が展示されている掲示板もある。
改札口からホームへは地下通路を通って連絡する。かつては3・4番線から夕張行きが発着していたが、廃止に伴い3・4番線は使用停止された。現在は1・2番線ホームのみ使用しており、3・4番線ホームへの立ち入りもできなくなっている。
ホームは2面4線となっている。しかし、前述の通り3・4番線ホームの1面2線は夕張支線の廃止に伴い使用停止となったため、現在は島式1面2線ホームでの運用となっている。

—————————————
所在地:北海道夕張市
乗入路線
石勝線

滝ノ上駅

石勝線の駅、滝ノ上の改札画像です。

駅名標。当駅の隣駅「しんゆうばり」がステッカーで貼られているが、これは2016年まで隣に十三里駅があったためである。十三里駅は利用者が極端に少ないため廃止された。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。隣の川端駅の駅舎と酷似したデザインとなっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部は待合室となっている。また、現在では窓口があった形跡は確認できない。
ホームは2面3線となっており、列車交換が可能である。当駅に停車する普通列車の本数は極端に少なく、上下合わせて1日5本である。大多数は当駅を通過する特急列車が運行されている。

—————————————
所在地:北海道夕張市
乗入路線
石勝線

川端駅

石勝線の駅、川端の改札画像です。

駅名標。隣駅表示「おいわけ」がステッカーで貼られているが、これは2016年まで隣に東追分駅があったためである。東追分駅は利用者が極端に少ないため廃止となった。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。三角屋根が特徴的な駅舎は隣の滝ノ上駅の駅舎と酷似したデザインとなっている。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。
駅舎内部は待合室となっている。窓口があった形跡は現在では確認することができない。
ホームは2面3線となっており、列車の交換が可能となっている。
当駅構内のポイント付近にはスノーシェルターが設置されている。これは冬季の積雪時、ポイントに雪が入り込むことでポイント切り替えができなくなることによる輸送障害を防ぐために設置されているもので、石勝線の駅や信号場でよく見られる設備である。
当駅の裏側には廃客車が置かれているが、これはかつて存在したパークゴルフ場の施設であったようである。現在パークゴルフ場は廃業している。

—————————————
所在地:北海道夕張郡由仁町
乗入路線
石勝線