新夕張駅

石勝線の駅、新夕張の改札画像です。

駅名標。当駅からはかつて夕張駅まで石勝線の夕張支線が伸びていたが、2019年春に廃止となった。現在は石勝線の単独駅となっている。
自立式駅名標。隣駅表示「しむかっぷ」「たきのうえ」がステッカー対応となっているのは、夕張支線の廃止、十三里駅の廃止によるものである。なお、石勝線の当駅ー新得間は普通列車が運転されない区間であるため、特例で特急列車の普通車自由席に運賃のみで乗車できる。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
当駅はかつて紅葉山という駅名であった。そのため、駅前広場には紅葉山駅の駅名標をモチーフにした看板が設置されている。フォントは「ダサい書体」として知られるポップ体が使用されており、国鉄みは1ミリも感じられない。
駅舎。当駅は高架駅のように見えるが、盛り土上にある地上駅である。かつては現在の駅前広場の位置に駅があったようであるが、石勝線開通に伴い移転した。前述の通り、かつては紅葉山という駅名であり、地元の高齢者は今でも当駅を紅葉山駅と呼ぶ人もいるという。
改札口。有人駅となっており、集改札を行う。窓口営業時間外は無人となる。
駅舎内の待合スペース。待合室内には紅葉山駅時代の写真等が展示されている掲示板もある。
改札口からホームへは地下通路を通って連絡する。かつては3・4番線から夕張行きが発着していたが、廃止に伴い3・4番線は使用停止された。現在は1・2番線ホームのみ使用しており、3・4番線ホームへの立ち入りもできなくなっている。
ホームは2面4線となっている。しかし、前述の通り3・4番線ホームの1面2線は夕張支線の廃止に伴い使用停止となったため、現在は島式1面2線ホームでの運用となっている。

—————————————
所在地:北海道夕張市
乗入路線
石勝線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください