銚子駅

総武本線と銚子電鉄の駅、銚子の改札画像です。

駅名標。当駅は総武線の終着駅であり、銚子電鉄の始発駅でもある。
隣の松岸駅より分岐する成田線の列車も全列車が当駅まで乗り入れる。
駅舎。2018年春に供用開始した新しい駅舎である。
銚子駅舎
以前の駅舎
改札口。自動改札機が設置されている。銚子電鉄利用時もこの改札を通る。
駅舎内部。売店と待合室がある。
駅舎内部は醤油蔵をモチーフとした木材を多用した温かみのある空間となっている
ホームの端には銚子電鉄乗換客用のIC専用簡易改札機が設置されている
銚電側から見た銚子電鉄乗換用改札機
銚子電鉄駅舎。JR線のホーム上に建てられている。
駅舎内は待合室となっており、中間改札等は存在しない。
銚子電鉄ホーム。切り欠きホームとなっている。
ホーム上にある醤油樽とイルカをモチーフとしたオブジェ。
ここ銚子はヤマサ醤油やヒゲタ醤油が本社を置く醤油の街として知られる。
また、太平洋に面した漁港の街としても知られ、ホエールウオッチングも楽しめる。

—————————————
所在地:千葉県銚子市
乗入路線
 総武本線
成田線)
銚子電鉄線

分倍河原駅

京王線と南武線の乗換駅、分倍河原の改札画像です。

京王線駅名標。当駅は南武線との乗換駅であるため全列車が停車する。
南武線駅名標
分倍駅舎
駅舎。当駅は京王とJRの共同使用駅であり、京王が駅を管理している。
分倍河原改札
改札口。京王線と南武線の改札は分離されているが、駅員詰所を共用している。
南武線臨時改札(出口専用)。立川方面ホーム(2番線)上にあり、7:30〜9:00のみ営業。
分倍中央連絡
中央連絡口。京王線と南武線の乗り換え専用の改札である
分倍橋上連絡
橋上連絡口。京王の1番線(京王八王子方面ホーム)から直接乗り換えできる改札。

—————————————
所在地:東京都府中市
乗入路線
南武線
■ 京王線

伊東駅

伊東線と伊豆急行の駅、伊東の改札画像です。

○駅名標
当駅は伊東線の終着駅かつ伊豆急行線の起点駅であり、会社境界駅である。
両者は多くの列車が直通運転を行っている。

○駅舎
当駅は伊東温泉で知られる伊東市の玄関口であり、駅ロータリーでは旅館の送迎バスやタクシー等がひっきりなしに発着する。

○改札口
伊東線・伊豆急行線で扉付き自動改札が設置されている唯一の駅である。
Suica等のICカードは、熱海方面、伊豆高原方面どちらへも使用できる。

 
————————————————–
所在地:静岡県伊東市
乗入路線
伊東線
伊豆急行線

鳥羽駅

近鉄鳥羽線・近鉄志摩線・JR参宮線の駅、鳥羽の改札画像です。 

近鉄電車駅名標。当駅より伊勢中川方は鳥羽線、賢島方は志摩線となるが、運行系統上は一体として運転されている。駅番号が”M78”であるが、M78星雲とは一切関係ない。
JR駅名標。当駅は参宮線の終着駅であり、線路は行き止まりとなっている。
以前のJR線駅名標。以前は当駅ー松下間に臨時駅である池の浦シーサイド駅があったが、利用者僅少により2020年春のダイヤ改正で廃止された。
JR線ホームに設置されている名所案内。ミキモト真珠島や鳥羽水族館は書かれていない。

近鉄駅舎。JR線が地上駅なのに対し、近鉄電車は橋上駅舎となっている。大阪・名古屋方面から鳥羽を訪れる際の玄関口であり、鳥羽観光の拠点となっている。
近鉄改札口。ICOCA等の交通系IC対応の自動改札機が導入されている。
自動改札機の横にはかつて使用されていたと思われる改札ラッチや、多客期に使用すると思われる簡易改札機が袋を被った状態で設置されている。
近鉄電車のきっぷ売り場には窓口のほか、自動券売機も設置されている。
近鉄電車駅舎内部。鳥羽市の観光案内所も、利用者の多い近鉄側に設けられている。画像左奥の通路を進むとJR線のりばへたどり着く。
近鉄電車駅舎内部には売店としてファミマが入居しているほか、飲食店も設けられている。
当駅駅舎から伸びる連絡通路内には、歴史を感じさせる行灯タイプの看板がある。「JR線」がステッカーで貼られているが、無論、以前は「国鉄線」と書かれていたものと思われる。

JR線駅舎。橋上駅舎のように見えるが実際は地上駅であり、階段を上ると鳥羽駅名店街や近鉄電車のりばへと通じている。
JR線改札口跡。当駅は参宮線の終着駅かつ観光地の玄関口でありながら無人駅となっており、改札口は存在しない。かつて有人駅だった頃に使用されていた改札ラッチのみが寂しく残されている。

有人駅時代のJR改札口の様子。有人駅時代はJR全線きっぷ売場が営業していたが、無人化に伴い閉鎖された。

かつて窓口があった箇所は封鎖されている。近年指定席券売機が1台設置され、乗車券の購入が可能となった。
JR線の駅舎内には、国鉄風の趣が感じられる看板が設置されている。
JR線の駅舎内には「JR鳥羽駅名店街」として土産物店、飲食店等が入居している。
JR線ホームは頭端式1面3線となっている。
JR線ホームの上屋は独特の構造となっている。
近鉄電車のホームとJR線のホームは隣接している。近鉄が電化されているのに対し、JR線は非電化である。
当駅はかつて近鉄・JRの共同使用駅であり、構内は改札内で繋がっていた。しかしJR線側の無人化に伴い、不正乗車の温床となるためか両社間の駅構内は分離された。画像はかつて近鉄駅舎からJR線ホームへの連絡通路として使用されていた階段であるが、現在は柵がなされ通行できなくなっている。

————————————— 
所在地:三重県鳥羽市
乗入路線
 近鉄鳥羽線
 近鉄志摩線
 参宮線  

りんくうタウン駅

南海空港線とJR関西空港線の駅、りんくうタウンの改札画像です。

南海空港線駅名標。当駅には南海空港線とJR関西空港線の2路線が乗り入れる。当駅ー関西空港間は両者が同じ線路を共用する区間となっている。
JR線駅名標。当駅には南海空港線とJR関西空港線の2路線が乗り入れる。当駅ー関西空港間は両者が同じ線路を共用する区間となっている。
駅舎。高架駅となっており、駅舎内は駅ビル「りんくうPapillio」となっている。
改札口。当駅は南海電車が管轄しているため、改札機は南海仕様となっている。
以前の改札口。南海電車は改札機の置き換えスピードが比較的遅かったため、近年までバー付きの改札機(ボロバー)が現役で稼働する姿を見ることができた。
きっぷ売り場の様子。南海電車とJR線のきっぷ売り場がそれぞれ設けられている。画像は南海電車のきっぷ売り場。
JR線のきっぷ売り場の様子。みどりの窓口も設置されている。
前述の通り、当駅は南海電車とJR西日本の共同使用駅で、改札を通ることなく両社間の乗換が可能である。そのため、駅構内にJR線と南海電車の乗り継ぎ用のIC専用の乗り換え改札が設置されている。
乗換改札はIC専用の簡易型改札機で、両社線間を乗り継ぐ場合は必ずタッチする必要がある。当駅で南海電車とJR線を乗り継ぐ利用としては、南海電車泉佐野方面⇔JR線日根野方面が想定され、ホーム間移動を伴うため、乗換改札機は階段付近に設置されている。
ホームは2面4線となっており、外側2線を南海電車が、内側2線をJRが使用する。
ホームに設置されている発車標は、南海とJRそれぞれの仕様となっている。
当駅は南海管轄のため、駅構内のサインシステムは南海仕様となっている。
駅周辺にはショッピングモールやアウトレットモールがある。

—————————————
所在地:大阪府泉佐野市
乗入路線
南海空港線
関西空港線