宍道駅

山陰本線と木次線の駅、宍道の改札画像です。

山陰線駅名標。ラインカラー対応となっている。
木次線駅名標。木次線は当駅が起点駅である。
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な駅舎は、当駅が「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の立ち寄り駅になったことに伴い、2017年春にリニューアルされたものである。
改札口。ICOCAが導入されており、IC専用簡易改札機が設置されている。また、「瑞風」のロゴが貼られた扉があるが、これは「瑞風」利用者専用出入口となっている。
駅舎内は待合室となっている。
南口駐車場利用者用入口。現在使用されていないホームに外から階段をつけ、跨線橋の出入口を改造したものである。
南口側にある駐車場利用者向けの改札口がある。当改札は、駅南口の駐車場を月極・時間貸しで利用している乗客のみ利用できる。
跨線橋内部の様子。
跨線橋内部には、宍道町の歓迎の手書き看板が存在する。宍道町は合併により松江市となり、2005年に消滅しているため、少なくともそれ以前に設置されたものと思われる。
跨線橋内にある「出口」の看板は国鉄時代からあるものと推測される。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いおよび折り返しが可能。このうち、電化されているのは1番・2番のりばのみであり、3番のりばは非電化のため、主に木次線の列車が使用する。
木次線は、3番のりばのホームの途中で山陰線より分岐する。
当駅の上屋(ホーム屋根)は古レールを使用したもので、歴史を感じられる造りとなっている。
当駅にはのりかえ案内看板が複数枚設置されている。このうち、広島へは以前木次線経由の急行「ちどり」が運行されていたが、現在は廃止されたため直通で行くことはできない。
こののりかえ案内看板は国鉄時代から使用されているものと思われる。1番のりばに設置されているものは「面」の文字が一部消えており、2番のりば設置のものに比べると状態が悪い。
ホームにはかつて使われていたであろう「運転用品」を入れる木製の箱が現在も残る。
駅舎横の小屋には「安全」とかかれた大きめの看板も貼り付けられていた。
駅舎と反対側にはかつての木次線のホーム跡が残る。ホームの一部は前述の南口駐車場の出入り口として活用されている。
ホームに停車中の木次線キハ120系、木次線は中国山地有数の閑散路線となっている。
ホームには特産の「来待石」を使った石灯ろうが展示されている。

—————————————
所在地:島根県松江市
乗入路線
山陰本線
木次線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください