石原駅

山陰本線の駅、石原の改札画像です。

駅名標、石原と書いて「いさ」と読む初見殺し駅名。
駅舎、エメラルドグリーンの壁が印象的な地上駅舎になっている。
駅舎の第一種駅名標、青色の立体文字になっている。
当駅は無人駅の為改札口は存在しない。自動券売機は跨線橋の入り口部分に設置されている。
駅の出入り口部分に集札箱が置かれている。
駅舎内部は待合室が設けられている。
待合室内部、ベンチが置かれている以外は何もない。無人駅であるが駅周辺に高校がある為、利用客は比較的多い。
ホームは島式1面2線で、駅舎からは跨線橋を渡りアクセスする。
階段・支柱の様子。当駅の跨線橋は特徴的な形状となっていることが伺える。
跨線橋内部の様子、比較的狭い跨線橋になっている。
跨線橋内部には「石原駅を美しく」と書かれた看板が設置されている。
また先ほどの看板の反対側にも当駅を利用する学生に向けた看板が掲げられている。どちらも当駅が最寄りの京都府立工業高校の同窓会が設置している。
当駅の跨線橋は明治時代に鐵道院によって建てられたであろう構造のものになっており、おそらくは他の駅から移設されて現在に至るものと思われる。
階段付近の支柱の様子。コンクリート製の大きな台に特徴的な柱が鎮座している。

 
 

—————————————
所在地:京都府福知山市
乗入路線
 山陰本線
■ 舞鶴線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください