黒部宇奈月温泉駅/新黒部駅

宇奈月・黒部峡谷への玄関口、黒部宇奈月温泉/新黒部の改札画像です。

【JR黒部宇奈月温泉駅】

黒部宇奈月温泉駅舎。当駅は富山県東部の黒部市・魚津市周辺への玄関口である。
改札口。当駅には「はくたか号」のみが停車する。

【新黒部駅】

駅名標。当駅は北陸新幹線と地鉄電車の乗換駅である。
駅舎。新幹線黒部宇奈月温泉駅とは連絡通路で結ばれている。
ホーム入り口。当駅には改札口は設置されていない。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜黒部宇奈月温泉駅名物*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
(取材班が独断と偏見で選びました)
 

新黒部名水
当駅の立地する黒部市をはじめとした黒部川流域は、湧水が多くわき出ることで知られており、水質も日本有数の良さを誇る。そんな黒部の名水を当駅前で飲むことができる。
新黒部トロッコ
黒部峡谷のトロッコ列車は観光地として全国的に有名であり、当駅は黒部峡谷への絶好の玄関口である。地鉄の新黒部駅前広場に、トロッコ列車の車両が展示してある。
—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
北陸新幹線
富山地方鉄道本線

新高岡駅

「飛騨・越中・能登の玄関口」新高岡の改札画像です。

※2017年4月再取材

新高岡 駅名表
新幹線駅名標。当駅ははくたか・つるぎの他、臨時便のかがやきが1往復停車する。
新高岡 駅舎
新幹線駅舎
新高岡 改札
新幹線改札
新高岡 新幹線ホーム
新幹線ホーム
新高岡 城端線駅名標
城端線駅名標。新幹線開業に伴い城端線に乗り換えのための新駅として整備された。
新高岡 駅名標
オリジナル駅名標。駅名標には国宝瑞龍寺と日本三大大仏の1つ、高岡大仏が描かれてる。
なお、どちらも隣の高岡駅が最寄駅である。
新高岡 城端線駅舎
城端線駅舎。同じ駅でありながら、新幹線駅舎と城端線駅舎は別となっている。
同様の例として、九州新幹線と鹿児島本線が接続する新八代駅が挙げられる。
新高岡 改札
城端線改札口。城端線の駅は無人駅となっている。城端線では当駅のみにICOCAが導入されている。
高岡・富山・金沢方面のみICOCAが利用でき、砺波・城端方面へは使用できないので注意したい。
新高岡 ホーム
城端線ホーム

—————————————
所在地:富山県高岡市
所属路線
北陸新幹線
城端線

飯山駅

北陸新幹線と飯山線の接続駅、飯山の改札画像です。

【現駅舎】

○新幹線駅名標
飯山 駅名標

○在来線駅名標
飯山 在来線駅舎

○駅舎
飯山 駅舎2

○新幹線改札
飯山 新幹線改札

○在来線改札
自動改札は導入されていない。
飯山 在来線改札

○新幹線ホーム
飯山 ホーム

○駅舎内の様子
木材を多用した駅舎中2階の通路。
窓からは北信州の山々を望むことができる。
飯山 中

○駅舎内のカフェに設置されたからくり時計。
飯山の四季の風景を模したデザインとなっている。
飯山 光

【旧飯山駅】
※2014年10月取材

▼駅名標
飯山駅名長野

▼長野支社オリジナル駅名標
飯山駅名長野支社

飯山駅名

▼旧駅舎
寺の街・飯山の玄関口にふさわしい、寺をモチーフにした趣ある駅舎だった。
飯山旧駅舎

▼旧駅舎の七福神
飯山を訪れる旅人を七福神が出迎えていた。
飯山七福神

▼改札口
飯山旧駅舎内部

▼ホーム
駅舎へは構内踏切を渡って移動していた。
飯山ホーム

飯山ホームから駅舎

飯山構内踏切からホーム

▼飯山駅「一駅一名物」の七福の鐘。
新駅のホームには移設せず、駅近くの「雪と寺の街シンボル広場」に移設される。
飯山ホーム鐘

飯山駅物語

▼新駅舎を旧ホームから望む。
新駅舎の在来線部分は、2014年11月9日より既に使用されている。
飯山旧ホームから新幹線

飯山旧ホームから新ホーム

—————————————
所在地:長野県飯山市
所属路線
北陸新幹線
 飯山線

佐久平駅

北陸新幹線と小海線の駅、佐久平の改札画像です。

○駅名標
北陸新幹線
「佐久平」は当駅が立地する佐久盆地全体を示す広域地名である。
新幹線が停車しない小諸市等の周辺自治体に配慮した駅名である。
佐久平幹駅名

小海線
佐久平小海駅名

○駅舎
周囲の山並みをモチーフとした三角屋根が特徴的な橋上駅舎。
佐久平駅舎

○新幹線改札口
佐久平幹改札

○新幹線ホーム
当駅には通過線がないため、ホームドアが設置されている。
佐久平幹ホーム

佐久平幹ホーム2

○小海線駅入口
小海線はJR東日本で初めてハイブリッド式気動車が導入されたことから、
「わくわくエコランド 小海線」という愛称が付けられている。
佐久平小海

同じ場所をホーム側より撮影した様子。
列車到着時には駅員が立ち改札を行う模様。
佐久平小海改札

○小海線ホーム入口
ガラス扉で通路を区切った待合室が設けられている。
佐久平小海入口

○小海線ホーム
1面1線の棒線駅。小海線は高架で佐久平駅に乗り入れる。
佐久平小海ホーム

小海線ホームからみた新幹線の線路の様子。
当駅は、新幹線が地平で在来線が高架という珍しい構造となっている。
佐久平小海高価

○小海線イメージキャラクター
小海線には専用のイメージキャラクターがいる。
こちらは小海線のハイブリッド気動車をモチーフにした「こうみくん」。
佐久平小海こうみ

こちらは女の子の「ぶりっとちゃん」
名前の由来はもちろん「ハイブリッド」から。
佐久平小海ぶりっと

○佐久平と小諸
新幹線開業前は旧信越線の小諸駅に特急あさまが停車し、
佐久小諸地区の玄関口として機能していたが、小諸市は新幹線のルートから外れたため、
新幹線開業後は当駅が佐久小諸地区の玄関口として機能している。

当駅構内にも小諸市のアニメ聖地ポスターが掲示されているが、
小諸へは新幹線が止まらないので当駅で小海線へ乗り換える必要がある。
佐久平巡礼

○駅前広場
八ヶ岳高原の玄関口の1つとして機能しているためか、白樺の木が植えられている。
佐久平駅前白樺

○駅前にある「幸せの鐘」
鳴らして幸せになれるかどうかは不明。
佐久平幸せの金

—————————————
所在地:長野県佐久市
所属路線
北陸新幹線
■ 
小海線

安中榛名駅

東京から1時間で来れる秘境駅、安中榛名の改札画像です。

○駅名標
当駅には1日12往復の新幹線が停車する。
当駅は北陸新幹線の駅だが、金沢発着の「はくたか」は1日1往復のみの停車で、
それ以外は全て長野発着の「あさま」号である。
安中榛名駅名

○駅舎
安中榛名駅舎

○改札口
改札機は2通路。列車が来ない時間帯でも電源は入れられている。
安中榛名改札

○駅舎内部
停車本数が少ないため、駅舎内は閑散としている。
安中榛名駅舎内部

みどりの窓口・指定席券売機も完備。
安中榛名きっぷ

群馬名物・峠の釜飯の売店や立ち食いそば屋もある。
安中榛名売店

JR東日本が駅周辺で分譲している「びゅうヴェルジェ安中榛名」のポスター。
安中榛名びゅう

○ホーム
安中榛名ホーム2

安中榛名ホーム

群馬県のゆるキャラ、ぐんまちゃんが下車客を出迎えてくれる。
安中榛名群馬ちゃん

○駅周辺
駅前ロータリー。結構な台数の車が停まっている。
安中榛名ロータリー

安中市の案内図。
安中榛名周辺案内

新幹線駅前徒歩3分の一等地。
安中榛名一等地

安中榛名一等地2

駅から徒歩4分の公園。
安中榛名駅前公園

公園からびゅうヴェルジェ安中榛名の住宅街を見下ろす。
安中榛名公園下

びゅうヴェルジェのコミュニティプラザ。
安中榛名謬ベルじぇ

びゅうヴェルジェは現在も分譲中。興味のある方は是非。
安中榛名謬看板

安中榛名駅前の交差点から見た駅の遠景。
安中榛名道路から駅

お手頃価格で一軒家が買え、都心まで直結の”安中榛名”で、
自然に囲まれた優雅な生活を是非!

—————————————
所在地:群馬県安中市
所属路線
北陸新幹線