直江津駅

新潟県鉄道発祥の地、直江津の改札画像です。

駅名標、当駅は日本海ひすいラインと妙高はねうまラインの2路線と信越本線、ほくほく線直通列車が乗り入れる。 なお駅名標はえちごトキめき鉄道の様式のみ設置されている。
直江津 駅名表
JR時代の駅名標、谷浜方は北陸本線、春日山方は信越本線であった。
「越乃 Shu*Kura」駅名標
北口駅舎 JRマークが3セク化によってなくなった。なお駅舎は客船「飛鳥」をモデルとしてデザインされており、港のある直江津らしい駅舎となっている。

直江津駅舎
JR時代の北口駅舎
南口駅舎

改札口。当駅は新潟近郊区間の最西端の駅であり、Suica等の交通系ICカードが新潟方面のみ使用が可能である。
改札口周辺。
直江津 改札
JR時代の改札口。
ホーム、3面6線を有する新潟県上越地区最大のターミナルである。 ホーム上屋は木製であり、雪国新潟を演出する大変趣のあるホームとなっている。
1番ホームは、旧北陸本線の折り返しホームであったため、日本海ヒスイライン専用の折り返しホームとなっている。
ホームには旧北陸本線、旧信越本線(山信越)当時の遺構が現在も残る。
ホーム新潟寄りから、ETRの直江津運転センターの車庫や車両が見える。
駅自由通路、上越市管理の「市道直江津駅線」に指定されている。 通称「あすか通り」と名付けられている。
自由通路内には、直江津まちなか水族館がある。 これは「上越市立水族博物館 うみものがたり」の開業にあたり、「水族館のまち 直江津」をPRするためである。
駅南口にはD51の車輪が展示されている。
ここ直江津は佐渡島への玄関口の1つであり、直江津港から佐渡島へと渡ることが出来る。

————————————————–
所在地:新潟県上越市
乗入路線
■ 妙高はねうまライン
■ 日本海ひすいライン
信越本線
(ほくほく線) 

浦本駅

えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの駅、浦本の改札画像です。

駅名標
浦本
JR時代の駅名標
駅舎
浦本
JR時代の駅舎
駅入口の看板。
浦本
駅名看板、JR時代に撮影。
駅舎内部、待合室になっている。
浦本
JR時代の改札口跡。
集札箱のみ設置されている。券売機はない。
ホームは駅舎代よりも高い場所にある為、直江津方面へは階段を上りホームに向かう。
国鉄時代からのフォントの案内版がある。
糸魚川方面へは地下道をくぐって階段を上る。
ホーム、直江津方にすぐトンネルがある。

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
日本海ひすいライン

梶屋敷駅

日本海ひすいラインの駅、梶屋敷の改札画像です。

駅名標
梶屋敷駅名jr
JR時代の駅名標
駅舎
梶屋敷駅舎
JR時代の駅舎、現在と変わりはない。
駅入口の駅名看板、歴史を感じる書式である。
梶屋敷駅名標
駅名看板、JR時代に撮影。
駅舎内部、待合室を兼ねており多くのベンチが設置されている。 また券売機等の設備はない。
別の角度より撮影。
梶屋敷駅舎内部
JR時代の駅舎内部、現在と大差はない。
改札跡らしきものは完全に封鎖されている。
無人駅のため、集札箱のみ設置されている。
ホーム、反対ホームへは跨船橋を渡る。
ホーム、中線の跡が残っている。
ホーム糸魚川寄りは、封鎖されている。 かつては広いホームだったことが伺える。
梶屋敷ホーム2
JR時代のホーム
梶屋敷ホーム
JR時代のホーム
梶屋敷ホームから駅舎
JR時代のホーム。
梶屋敷413
3両編成の電車が乗り入れる光景も過去のもの。

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
■ 日本海ひすいライン

青海駅

えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの駅、青海の改札画像です。

駅名標
駅舎。橋上駅舎となっている
青海駅舎
JR時代の駅舎。現在とほとんど変わらない。
南口側。北口側と違いシンプルな構造である
改札口。日本海ひすいラインでは数少ない有人駅である
JR時代の改札口。JR西日本のローカル線でよく見られた入場印字機があった。
自動券売機が設置されており、窓口での乗車券の購入も可能である
駅舎内の待合スペース
自由通路
青海駅入口
JR時代の自由通路。青海駅の表示は現在は撤去されている
ホームは島式1面2線である
使用されていないホームがあり、かつては2面4線であったことが伺える
かつてのホーム跡入口への階段は封鎖され入れなくなっている
当駅はデンカ青海工場からのセメント輸送列車がかつて発着しており広い構内を持つ
かつて使用されていた線路はポイントが撤去され完全に使用が停止されている。
また、当駅構内からデンカ青海工場までは専用の貨物線が敷かれていたが…
現在は廃止され線路は完全に撤去されている。
当駅より南側を望む。青い煙突があるあたりがデンカの青海工場である。
また中央付近を通る高架は高い方が北陸新幹線、低い方が北陸自動車道である
デンカ青海工場は北陸新幹線や北陸自動車道からよく見え、夜は工場夜景が美しい。
当駅から北口方向を望む。北口側は日本海に距離が近いことがわかる。

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
乗入路線
日本海ひすいライン

親不知駅

えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの駅、親不知の改札画像です。

駅名標。断崖絶壁が続く北陸道の難所・親不知の中間に当駅は位置する。
親不知駅名
JR時代の駅名標
駅舎。由緒正しい木造駅舎である。
親不知駅舎
JR時代の駅舎。現在とあまり変わらない。
親不知駅名標
駅舎入口の駅名表示。手書き感が半端ない。
ホーム入口への扉付近。当駅は無人駅で改札はない。自動券売機も未設置。
かつての窓口跡は封鎖されている
駅舎内の待合スペース
親不知駅舎内部
JR時代の駅舎内部。現在とほとんど変わらない。
親不知黒電話
JR時代は黒電話が駅舎内に置かれていたが、現在は撤去されている。
親不知駅名内部
駅舎とホームの間にある駅名表示。味を感じさせる文字である。
JR時代の名残が残る謎の小屋がある
駅舎からホームへは構内踏切で移動する
ホームは島式1面2線。ホーム幅はかなり狭い。
断崖絶壁に挟まれたわずかな平地に当駅が建てられたことがうかがえる。
親不知ホーム
JR時代のホーム。ワンマン列車は3セクになってから運行開始された。
そのため、ワンマン列車の乗車表示がないことが現在と異なる。
また、かつては国鉄型車両が走っていたためホームのかさ上げも行われていなかった。
親不知北陸道
ホームから望む北陸自動車道と国道8号線。手前の高架が8号線で奥の高架が北陸道である。
国道8号線、北陸自動車道、旧北陸本線である日本海ひすいラインと、
北陸地区の交通の大動脈3本がここ親不知の海と崖に挟まれた狭い平地を通過する。
なお北陸自動車道は陸地にスペースがなかったため海上を高架で通過する。
さらに、2015年に開通した北陸新幹線は山側をトンネルで一気にぶち抜いている。

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
日本海ひすいライン