Southern Cross Station

メルボルンの長距離列車ターミナル駅、Southern Crossの改札画像です。

Metro Trains Melbourne(メトロ・トレインズ・メルボルン)駅名標。
METROはメルボルン近郊電車を運行しており、高頻度で列車がやってくる。
なおMETROが以前製作した「Dumb ways to die」という動画はyoutubeを通し世界中で話題となった。
V/Lines駅名標。V/Linesはビクトリア州内を運行する中距離列車を運行している。
V/LinesはMETROと比べると本数が少なく、路線も非電化で気動車での運行である。
駅舎。近代的な外観が特徴的であり、世界で最も美しい駅14選にも選ばれている。
同じメルボルンのターミナルであるFlinders Streetが伝統的な駅舎なのとは対照的である。
夜の駅舎はライトアップされ昼とはまた違った美しさがある。
なお駅名「Southern Cross」は「南十字星」という意味である。
ビクトリア州内の中距離列車V/Linesやタラマリン空港(日本で言う成田・関空)へのskybusはここSouthern Crossがターミナルである。
駅舎内部。店舗としてWoolworth(スーパー)などが入居している。
V/Lines改札口(Collins&Spencer Street側)。地上1Fにある、V/Lines用のホームにダイレクトに入ることのできる改札。
ビクトリア州の鉄道はほとんどの区間がmyki(マイキ)と呼ばれるICカードがないと乗車不可となっている。
V/Lines路線末端部はmykiが使用不可となるため、一番右のレーンは紙の乗車券用のゲートとなっている。
METRO(Collins Street側)改札口。myki対応の自動改札となっている。
METROとV/Linesの15、16番線から発着する列車に乗車する場合は当改札が便利。
METRO(Collins Street側)改札口。上の画像の改札とはL字型に隣接している。
Collins Street側から来ると地上に位置するが、Spencer Street側からは地上3Fとなる。
V/Lines地上改札口。Skybus乗り場の近くにある。1番線へダイレクトに向かえる。
Bourke Street Bridge側の駅舎。東西自由通路があり、自由通路上に改札がある。
これより4枚は全てBourke Street Bridge上にある改札。V/LInesにもMETROにも乗車可能。
myki使用不可区間用の紙の乗車券向けの改札ゲートがある。(一番左)
METRO側の改札は改札機の台数が多い。
METRO側にある改札は改札機の台数が多くなっている。
Bourke Street Bridgeから西側、DockLands(ドックランズ)方面を望む。
Bourke Street Bridgeから東側、Melbourne City(市街地)側を望む。
V/Linesのホームは15、16番線を除き頭端式となっており、ターミナル駅の趣が漂う。
当駅はシドニーやアデレードを結ぶ長距離列車も発着するメルボルンの中・長距離列車のターミナル駅である。
V/Linesのホームは非電化であることがわかる
V/Linesの車両は両数が長いものから短いものまで様々である
METROのホームは2面4線。メルボルン近郊路線のため電化されている
その他当駅周辺にはyarra tram(ヤラトラム)が運行するトラム(路面電車)が通っており、当駅周辺に電停がいくつかある。
メルボルンのトラムは市街地に限り終日無料で乗車できる。市街地区間を乗車する場合はmykiも不要だが無料区間から1駅でも外れる場合は有料で乗車にはmykiが必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください