北山形駅

奥羽本線・左沢線の駅、北山形の改札画像です。

奥羽本線駅名標。当駅は奥羽本線・左沢線の分岐駅であるが、隣の羽前千歳駅から分岐する仙山線も奥羽本線の山形ー羽前千歳間を走行するため、実質3路線が乗り入れる。
仙山線駅名標。仙山線は隣の羽前千歳駅で奥羽本線から分岐し仙台へ向かう。奥羽本線とはレール幅が異なるため、山形ー羽前千歳間は仙山線専用の狭軌の線路が敷かれている。
左沢線駅名標。左沢線は当駅で奥羽本線から分岐し左沢へ向かう。左沢線の列車は全列車が山形駅を発着し、当駅ー山形駅間は仙山線用の狭軌の線路を走行する。なお当駅は左沢線専用の駅として開設され、後に奥羽本線・仙山線が停車するようになったという経緯がある。
東口駅舎。近年改築された地平駅舎となっている。
東口改札。東口側には駅員がいる。窓口営業時間外は無人となる。なお当駅の利用者数は山形駅、米沢駅に次ぐ山形県下第3位。新幹線が停車しない駅としては最多である。
みどりの窓口および自動券売機が設置されている。
東口駅舎内の待合スペース
西口駅舎。東口駅舎同様近年改築が行われた。
西口改札。東口側と異なり常時無人のようである。
西口側にも自動券売機が設置されている。
西口駅舎内の待合スペース
ホームは5面6線。奥羽本線・仙山線・左沢線がそれぞれ2面2線を使用し、全てのホームが跨線橋で結ばれる。画像は最も東口側にある奥羽本線のホーム。他の4線とは異なりレール幅は標準軌となっている。
仙山線用のホーム(3番線、4番線)。レール幅は奥羽本線と異なり狭軌である。
左沢線用のホーム(5番線、6番線)。5番線は当駅で列車交換が行われる場合のみ使用されるようである。
左沢線ホームには奥羽本線・仙山線から見えるように「夢とロマンのフルーツライン左沢線」と書かれた看板が設置されている。
当駅跨線橋から見た当駅の配線の様子。左側から奥羽本線、仙山線、左沢線である。奥羽本線と比べると仙山線・左沢線のレール幅は狭く、両者は一切交わっていないことがわかる。

—————————————
所在地:山形県山形市
乗入路線
奥羽本線(山形線)
( 仙山線)
左沢線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください