和倉温泉駅

JR七尾線終着駅、和倉温泉の改札画像です。

駅名標。当駅はJR七尾線の終着駅であり、のと鉄道七尾線の起点駅でもある。特急サンダーバードが1往復、特急能登かがり火が5往復、当駅を始発・終着とする。当駅より先、のと鉄道の区間は非電化のため普通列車は気動車で運転される。
花嫁のれん駅名標。観光列車「花嫁のれん」は金沢ー当駅間で運行される。
駅舎。当駅は北陸有数の温泉地・和倉温泉の玄関口である。「花嫁のれん」運行開始に伴い、外観が若干リニューアルされている。温泉街と駅は若干離れており、バスや旅館の送迎車で移動する必要がある。
駅舎の第一種駅名標、七尾線のカラーリングと同じ赤を基調とした駅名標となっている。
リニューアル前の駅舎。駅名表示部分が現在と異なる。
改札口、七尾線内はICOCA使用可能となっている。しかしながらICOCAは七尾~和倉温泉間ののと鉄道の普通列車には使用できず、当駅発の特急の乗車時のみ使用が可能となっている。
改札口ホーム側、当駅はJR西日本の直営駅であり改札ラッチもあるが、改札は特急発着時のみ行う。普通列車(全列車がのと鉄道の車両)発着時は、改札は行われない。
ICOCA導入前の改札口。
窓口周辺、かつてのみどりの窓口跡が今も残る。隣の有人窓口はのと鉄道の有人窓口となっている。自動券売機は計3台設置されており、 左からのと鉄道近距離券売機、JRのみどりの券売機、JRの近距離券売機となっている。
窓口跡には「お帰りのきっぷもお買い求めください!」とあるが、窓口が閉鎖されている為、自動券売機のみで買うことが可能である。
以前の窓口周辺、かつてはみどりの窓口が設けられていた。
駅舎内部には待合室が設けられている。
待合室内部にはベンチが設置され、観光案内所も併設されている。
ホームは相対式2面2線で行き違いや折り返しが可能な構造になっている。特急は全列車が1番のりばを発着する。
和倉温泉キャラクター「わくたまくん」が利用者を出迎えてくれる。
駅舎内には観光列車名の由来である「花嫁のれん」が展示されている。

—————————————
所在地:石川県七尾市
乗入路線
七尾線
のと鉄道七尾線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください