宝塚駅

宝塚歌劇団のまち、宝塚の改札画像です。

JR線駅名標。福知山線における主要駅であり、愛称である「JR宝塚線」が示す通り沿線の中核となる駅である。営業全列車が停車するほか、当駅始発・終着列車も多数存在する。
JR線駅舎。駅ビル「エキマルシェ宝塚」が入居する橋上駅舎である。阪急電車の駅とは国道176号を挟んで向かい合っており、連絡通路で相互に連絡する。
JR線改札口。当駅は福知山線の駅としては最多の利用者数を誇る。かつては阪急の独壇場であり国鉄・JRは全く歯が立たなかったが、福知山線の輸送改善が行われた現在では阪急よりJRの方が利用者が多くなっている。
ホームは2面4線のホームを有しており、当駅始発・終着の列車はホームにて折り返す。
阪急駅名標。当駅には宝塚本線と今津線が乗り入れる。副駅名は「宝塚大劇場前」。阪急東宝グループが運営し、全国的に高い知名度を誇る歌劇の街「宝塚」のシンボル・宝塚大劇場の最寄駅である。
阪急駅舎。阪急百貨店と一体となった建物となっている。駅舎の外観は宝塚大劇場の外観と近くなっており、歌劇の街として発展してきた宝塚の歴史を感じさせる威風堂々とした駅舎である。

阪急改札口。宝塚大劇場を擁する阪急阪神東宝グループの文化拠点・宝塚は長らく阪急の独壇場であったが、ライバルであるJRが福知山線の輸送改善を進めた結果、現在ではJRの方が利用者が多くなっている。

—————————————
所在地:兵庫県宝塚市
乗入路線
福知山線(JR宝塚線)
阪急宝塚本線
阪急今津線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください