生瀬駅

JR宝塚線の駅、生瀬の改札画像です。

駅名標。生瀬勝久とは関係がない…わけではなく、生瀬勝久氏は当駅が立地する西宮市の出身である。
駅舎。三角屋根が特徴的な地平駅舎である。当駅を含む宝塚ー三田間は山越え区間となり、宝塚以南と比べると車窓が自然豊かとなる。かつて線路は武庫川沿いを走っていたが1986年に新線に付け替えられ廃線となった。
駅舎にある「生瀬駅」の文字。
改札口。利用者が少ないため改札機は2通路のみの設置である。
駅舎内部、みどりの窓口と券売機が1台設置されている。
駅舎内は待合室も兼ねている。
ホームは相対式2面2線のホームとなっている。
駅舎からホームへは地下通路にてアクセスする。なおエレベーターは跨線橋を用いて移動する。
地下通路内部、広告等もなく取材時は閑散としていた。
大阪方面ホーム隣にはかつての線路跡のようなスペースが残る。

 

—————————————
所在地:兵庫県西宮市
乗入路線
福知山線(JR宝塚線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください