多治見駅

中央本線・太多線の駅、多治見の改札画像です。

中央線駅名標。太多線との接続駅であり、特急しなの号を含む全列車が停車する主要駅である。名古屋方面からの列車は一部が当駅始発・終着となり、名古屋方面と比べると恵那・中津川方面への本数は減る。
太多線駅名標。太多線は当駅を起点とし美濃太田へ至る非電化の路線である。太多線では全ての列車が当駅始発・終着となり、一部列車は美濃太田から高山線に乗り入れ岐阜駅まで直通する。
駅舎。2009年に完成した真新しい橋上駅者となっている。当駅は岐阜県東濃地区の中心都市である多治見市の中心駅である。
改札口。岐阜県内の駅としては、岐阜駅・大垣駅に次ぐ利用者数を誇る。
ホームは3面5線となっており、うち4線は中央線が、1線は太多線が使用する。両線ともに当駅での折り返し列車が存在する。

—————————————
所在地:岐阜県多治見市
乗入路線
中央本線(中央西線)
太多線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください