北海道医療大学駅

札沼線の終着駅、北海道医療大学の改札画像です。

駅名標。当駅は札沼線の終着駅である。かつては路線名の通り、石狩沼田駅までの路線であったが、1972年に新十津川ー石狩沼田間が廃止となった。その後、当駅ー新十津川間も2020年5月に廃止された。現在は、桑園ー当駅間28.9kmを結ぶ「札沼線」とは名ばかりの路線であり、愛称である「学園都市線」が実態を示した路線名と言えるだろう。
当駅以北廃止前の駅名標。札沼線は現在全線交流電化の路線であるが、以前は当駅以南が電化区間、当駅以北が非電化区間となっていた。札沼線は当駅以北の廃止によって、全線電化を成し遂げた路線ということになる。
当駅以北廃止前も、2番線は当駅折り返し列車のみが使用していたため、新十津川方面の隣駅「石狩金沢」が表示されていない駅名標が設置されていた。
当駅にはホーロー製縦型駅名標が設置されている。駅名が長いため、カツカツになっている。
駅舎。当駅以北区間の廃止に伴い、当駅にターミナル駅としての機能が付与されたことから、待合室を併設した新たな駅舎が整備された。
現駅舎整備前の様子。駅舎は簡易的なもので、当駅ホームと北海道医療大学を結ぶ通路を兼ねていた。
かつて当駅の駅舎は1番線ホームに隣接して建てられていた。当駅以北区間の廃止直前まで、旧駅舎の名残と思われる階段が残っていたが、当駅以北廃止に伴う当駅周辺整備により姿を消した。
東口改札。当駅は無人駅となっており、Kitaca等の交通系IC対応の簡易改札機が設置されている。当駅以北廃止・駅舎整備に伴い、改札の拡幅・改札機の増設が行われた。
以前の東口改札の様子。当時は改札機3通路のみの設置であり、改札口も1箇所のみであった。なお、当駅以北区間の廃止前はKitaca等の交通系ICは当駅から札幌方面のみで利用可能であり、当駅以北の石狩金沢駅から新十津川駅間では利用不可能であった。
駅舎整備に伴いバスターミナルも兼ねた待合室が新たに設けられた。なお、冷房が設置されていないため、夏季は暑いこともある。
西口改札は当駅以北の廃止に伴い新設された改札口である。無人駅であり、Kitaca等の交通系IC専用の簡易改札機が設置されている。
当駅の位置関係の様子。東改札口は北海道医療大学のキャンパスへ、西口改札はバスのりばに近いことがわかる。なお、西口改札は2番線のみに通じているため、1番線を発着する列車を利用する場合は東改札口を利用する方が便利である。
自動券売機は東口改札付近の改札内に設置されている。
当駅以北区間廃止前の時刻表。札幌方面は1時間に1本〜3本程度運行されるが、廃止となった区間は1日8本と大幅に本数が減ることがわかる。なお、ほとんどが石狩月形駅もしくは浦臼駅での折り返し列車であり、終着・新十津川へ向かうのは1日1往復のみとJRグループで運転本数が最少の区間であった。
ホームは2面2線となっている。もともとは単式1面1線の棒線駅であったが、のちに当駅折り返し列車に対応するため2番線を増設したため、変則的な構造となった。
当駅以北区間の廃止前は、石狩月形・新十津川方面へ直通可能なのは1番線のみであったため、当駅以北の石狩月形・浦臼・新十津川方面へ直通する列車は全て1番線から発着していた。
2番線は当駅折り返し列車専用のホームであったため、当駅以北の廃止前も線路は行き止まりとなっていた。
1番線の線路終端部の様子。当駅以北の廃止に伴い、1番線側にも車止めが設置された。
車止めの奥にある線路跡のど真ん中に架線柱が建てられており「列車はもう二度と走ることがない」ということを強く印象付ける光景となっている。
当駅以北区間の廃止後、複数の区間に分けて代替バスに転換され、当駅ー新十津川を直通で結ぶバスは1本たりとも存在しない。これは、月形高校への通学需要を除き、移動需要が滝川・砂川・美唄・岩見沢等の函館本線沿線を志向しており、札沼線沿線同士を結ぶ移動需要がほとんど無かったためである。当駅からは月形町内へのバスが発着している。
当駅は駅名の通り、北海道医療大学の最寄駅である。当駅と北海道医療大学は連絡通路で結ばれており、積雪のある冬でも室内を通って列車に乗ることができる。

————————————–
所在地:北海道石狩郡当別町
乗入路線
札沼線(学園都市線)

石狩当別駅

札沼線の駅、石狩当別の改札画像です。

石狩当別駅時代の駅名標。2022年春のダイヤ改正に伴う駅名改称までは旧国名「石狩」がついていた。なお、他の「当別駅」としては、道南いさりび鉄道に渡島当別駅が存在する。
石狩当別駅時代の駅名標。2022年春のダイヤ改正に伴う駅名改称までは旧国名「石狩」がついていた。なお、他の「当別駅」としては、道南いさりび鉄道に渡島当別駅が存在する。
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されていた。
当駅設置の名所案内看板
駅舎。橋上駅舎となっている。
改札口。Kitaca等の交通系IC対応の自動改札機が2通路設置されている。
以前の改札口の様子。改札機更新前は簡易型自動改札機での対応であった。
きっぷうりばの様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機が2台設置されている。
駅舎内部の待合スペースの様子
駅舎に併設して南北自由通路が設けられている。
自由通路内にはステンドグラスが設けられている。
自由通路内には当別町の名所が描かれたステンドグラスが設置されている。
また、自由通路内には伊達氏のモニュメントも設置されている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。当駅で札幌方面へ折り返す始発・終着列車も多数存在する。
当駅に停車する折り返し列車
駅前にはフクロウをかたどった当別町の名所案内看板が設置されている。

————————————–
所在地:北海道石狩郡当別町
乗入路線
札沼線(学園都市線)

石狩太美駅

札沼線の駅、石狩太美の改札画像です。

以前の駅名標。2022年春のダイヤ改正に伴い駅名が改称される前は、旧国名「石狩」がついていたほか、「ロイズタウン」駅は未開業であり、札幌方面の隣駅は「あいの里公園」駅であった。
当駅にはホーロー縦型駅名標が設置されていた。
駅名部分がなく、サッポロビール広告部分のみが残った縦型駅名標もあった。
駅舎。小豆色の外観と時計台が特徴的な、洋風デザインの駅舎である。
改札口。無人駅となっており、Kitaca等の交通系IC対応の簡易型自動改札機が設置されている。
駅舎内部には待合スペースが設けられている。
駅舎内には当別町が運営する観光情報プラザ”FIKA”が入居する。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
札幌方面ホーム上には勝手口が設けられている。
勝手口の近くにはホーム上にKitaca等の交通系IC対応の簡易改札機が設置されている。
逆サイドから見た勝手口用改札機の様子。切符対応の簡易改札機と似たビジュアルだが、Kitaca等の交通系IC専用となっている。
反対ホームから見た勝手口用改札機の様子
改札口更新前の勝手口改札機の様子。以前はIC専用と一目でわかるビジュアルであったことがわかる。

————————————–
所在地:北海道石狩郡当別町
乗入路線
札沼線(学園都市線)

あいの里公園駅

札沼線の駅、あいの里公園の改札画像です。

駅名標。駅付近にある「あいの里公園」が駅名の由来である。なお、1958年の開業から1995年までは釜谷臼(かまやうす)という駅名であった。当駅は札幌市最北端の駅であり、「札幌市内」の乗車券で乗車できるのも当駅までである。
当駅にはホーロー縦型駅名標が設置されている。
札幌市内の他駅にある縦型駅名標には札幌市内の駅であることを示す[札]マークが入っていることが多いが、当駅の縦型駅名標には入っていない。そのため、後付けで[札]マークが貼られた縦型駅名標も存在する。
駅舎。アーチ状の屋根が特徴的な地平駅舎となっている。
改札口。当駅は無人駅となっており、Kitaca等の交通系IC対応の簡易改札機が設置されている。
改札機更新前の改札口の様子。以前はきっぷ用の簡易改札機、Kitaca用の簡易改札機が別々に設けられていた。
内側から見た改札口の様子。簡易改札機には集札機能がないため、集札箱が置かれている。
改札口付近には待合用ベンチが設置されている。
また、改札口とエレベーターを結ぶ通路沿いにもベンチが設けられている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。

————————————–
所在地:札幌市北区
乗入路線
札沼線(学園都市線)

あいの里教育大駅

札沼線の駅、あいの里教育大の改札画像です。

駅名標。駅名は札幌市北区のニュータウン「あいの里」の中心駅であり、北海道教育大学札幌校の最寄駅であることに由来する。
自立式駅名標
当駅に設置されているホーロー縦型駅名標。駅名が長く、札幌市内を示す[札]マークも入っているため、駅名がカツカツとなっている。
北口駅舎。緑色の屋根が特徴的な地平駅舎となっている。
北口改札。有人駅となっており、Kitaca等の交通系IC対応の自動改札機が2通路設置されている。
当駅にはみどりの窓口、話せる券売機、自動券売機が設置されている。
以前のきっぷうりば周辺の様子。自動券売機が1台、話せる券売機に置き換えられたことがわかる。
駅舎内部は待合室となっている。
南口駅舎。2012年に後付けで整備された出入り口であり、簡易的な造りとなっている。
南口改札は無人改札となっており、Kitaca等の交通系IC対応の簡易改札機が設置されている。
改札機更新前の南口改札の様子。改札機更新前は切符用の簡易改札機、Kitaca等の交通系IC専用の簡易改札機が別々に設置されていた。
南口駅舎内の待合スペースの様子
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。当駅から札幌方面は複線区間、北海道医療大学方面は単線区間となる。

————————————–
所在地:札幌市北区
乗入路線
札沼線(学園都市線)