石狩太美駅

札沼線の駅、石狩太美の改札画像です。

以前の駅名標。2022年春のダイヤ改正に伴い駅名が改称される前は、旧国名「石狩」がついていたほか、「ロイズタウン」駅は未開業であり、札幌方面の隣駅は「あいの里公園」駅であった。
当駅にはホーロー縦型駅名標が設置されていた。
駅名部分がなく、サッポロビール広告部分のみが残った縦型駅名標もあった。
駅舎。小豆色の外観と時計台が特徴的な、洋風デザインの駅舎である。
改札口。無人駅となっており、Kitaca等の交通系IC対応の簡易型自動改札機が設置されている。
駅舎内部には待合スペースが設けられている。
駅舎内には当別町が運営する観光情報プラザ”FIKA”が入居する。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
札幌方面ホーム上には勝手口が設けられている。
勝手口の近くにはホーム上にKitaca等の交通系IC対応の簡易改札機が設置されている。
逆サイドから見た勝手口用改札機の様子。切符対応の簡易改札機と似たビジュアルだが、Kitaca等の交通系IC専用となっている。
反対ホームから見た勝手口用改札機の様子
改札口更新前の勝手口改札機の様子。以前はIC専用と一目でわかるビジュアルであったことがわかる。

————————————–
所在地:北海道石狩郡当別町
乗入路線
札沼線(学園都市線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください