石狩当別駅

札沼線の駅、石狩当別の改札画像です。

石狩当別駅時代の駅名標。2022年春のダイヤ改正に伴う駅名改称までは旧国名「石狩」がついていた。なお、他の「当別駅」としては、道南いさりび鉄道に渡島当別駅が存在する。
石狩当別駅時代の駅名標。2022年春のダイヤ改正に伴う駅名改称までは旧国名「石狩」がついていた。なお、他の「当別駅」としては、道南いさりび鉄道に渡島当別駅が存在する。
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されていた。
当駅設置の名所案内看板
駅舎。橋上駅舎となっている。
改札口。Kitaca等の交通系IC対応の自動改札機が2通路設置されている。
以前の改札口の様子。改札機更新前は簡易型自動改札機での対応であった。
きっぷうりばの様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機が2台設置されている。
駅舎内部の待合スペースの様子
駅舎に併設して南北自由通路が設けられている。
自由通路内にはステンドグラスが設けられている。
自由通路内には当別町の名所が描かれたステンドグラスが設置されている。
また、自由通路内には伊達氏のモニュメントも設置されている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。当駅で札幌方面へ折り返す始発・終着列車も多数存在する。
当駅に停車する折り返し列車
駅前にはフクロウをかたどった当別町の名所案内看板が設置されている。

————————————–
所在地:北海道石狩郡当別町
乗入路線
札沼線(学園都市線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください