あいの里公園駅

札沼線の駅、あいの里公園の改札画像です。

駅名標。駅付近にある「あいの里公園」が駅名の由来である。なお、1958年の開業から1995年までは釜谷臼(かまやうす)という駅名であった。当駅は札幌市最北端の駅であり、「札幌市内」の乗車券で乗車できるのも当駅までである。
当駅にはホーロー縦型駅名標が設置されている。
札幌市内の他駅にある縦型駅名標には札幌市内の駅であることを示す[札]マークが入っていることが多いが、当駅の縦型駅名標には入っていない。そのため、後付けで[札]マークが貼られた縦型駅名標も存在する。
駅舎。アーチ状の屋根が特徴的な地平駅舎となっている。
改札口。当駅は無人駅となっており、Kitaca等の交通系IC対応の簡易改札機が設置されている。
改札機更新前の改札口の様子。以前はきっぷ用の簡易改札機、Kitaca用の簡易改札機が別々に設けられていた。
内側から見た改札口の様子。簡易改札機には集札機能がないため、集札箱が置かれている。
改札口付近には待合用ベンチが設置されている。
また、改札口とエレベーターを結ぶ通路沿いにもベンチが設けられている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。

————————————–
所在地:札幌市北区
乗入路線
札沼線(学園都市線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください